ある内科医院で 

2016年07月10日(日) 23時21分
どうしても、必要に迫られて尋ねた内科医院での話
HPを見た時からいやな予感はあったのだけれど、見事に的中してしまいました。
内科となっているけれど専門は呼吸器、喘息、そして高齢者の認知症診察。
きれいな待合室で、天井に大きな冷房空調機、そして奥にはシャーププラズマクラスターイオン搭載の空気清浄機が置かれているのだけれど、自動ドアを開けてすぐに目に飛び込んできたのが丸い球形の中にラベンダー色の水が入ったアロマの機械、そして反対側にはろうそく型のアロマ機と2台がフル回転していました。
認知症にはアロマが効果的と2,3日前のネットニュースにも乗っていたけれど、でも本業の喘息呼吸器の患者はどうなの?と不信感爆発。
いくら高性能のシャープのプラズマクラスターイオンだってアロマ機がガンガン回っている待合室では意味がありません。
そのうえ、院長おすすめの書籍の中には1冊も化学物質過敏症、シックハウス症候群の本もなく、それでいてガンとか、ヨガの呼吸法とか健康本がずらっと壁の壁面を飾っていました。
アレルギーを標榜したいのか、高齢者介護を標榜したいのか、真逆の看板掲げても中途半端で治るものも治らない。患者が診察に行くたびにアレルギー物質を吸い込んでいたら、治療にいったのに、アレルギー吸い込んで悪化してしまいかねません
帰り路から、その後数時間は化学物質過敏症が悪化して、いろいろな混乱と、頭の痛さと、意識がもうろうとして、帰りのバスに乗り間違えるしで散々な一日でした
場所の問題でないと思うけれど、待合室はガラガラで、私が先生と話して帰るまで患者が一人も入ってきませんでした。近隣の医院でこんなにすいているのは珍しいです。高齢化が進んでいるとはいえ、かなり密集した住宅地なのですから、必ず待っている人または、診察終えた人が数人いるはずなのにです。
それから数日はぼーっとして身体が動かなかったです。

ネットで 

2016年07月09日(土) 13時30分
ネット上で話題になっていたある話です
老舗の3代続いたお蕎麦屋さんが閉店したというのです。その閉店理由が店主のそばアレルギーがひどくなって命の危険があるということです。
そばのアレルギーでアナフィラキシーショックはよく聞きけれど、そばを作る職人さんがそばアレルギーでと同情の声が多く、それでネットに話題になっているということのようです。
それを見て思ったこと
この店主さんのそばアレルギーは、最初はそばから発症したのではなく、何かのアレルギーからアレルギーマーチでそばも触れなくなったということではないのかなと思ったことです。
最初から先天的アレルギーならば、そばのアレルギーは激烈で、子供が自宅や店舗の空中のそばの臭いだけでショックを起こすこともあると聞き及びます。
ですから、小麦やそばの製造された工場では、同じラインで除去食は作れない、そこまでアレルギーが激烈なはずなのに、大人になってそば打ちを長い間繰り返している人だからです

それとともにもう1つ気になったことは、手荒れがひどくなりそばを打つのに痛みをこらえていたというエピソードです。
昔の店舗と違い、今は食中毒などのことで食品衛生法という厳しい法律上、店内には、消毒の除菌剤もあるし、食器を洗う洗剤も強い化学物質臭ですし水道水にもかぶれる原因物質があります。
それら化学物質臭が空中に揮発した店内で、たとえ空調管理が行き届いていたとしても、ダメージは大きいと思われます。
さらに店内の電磁波の問題、空調機器、冷蔵庫、レジ、また不特定多数の来店者の持ち込む携帯機器から発する電磁波。
そしてなによりそばには残留農薬がのこっていたであろうことです。

そのような昭和以前の1代目、2代目の経験したことのない店内環境で、3代目として老舗を守っていくには相当、大変なことと思われます。
一度アレルギーを起こすと、その精神的ストレスも加わり、だけれど手荒れでは、そこにステロイド外用剤を塗りつつなんて無理な話です。
なにより手消毒を励行するのが、食品を扱う人の務めだからです。
さらに経皮毒も加わり、アレルギーが手だけでなく、皮膚呼吸そのものからも取り込まれたとしたら、そのアレルギーはかなりつらいものだったのかと同情を禁じえません。

自己免疫疾患が本来の先天性とは別のものにかわりつつある世の中で、患者はますます生きにくくなるのでしょうか

除菌とは 

2016年07月04日(月) 23時06分
猛暑日が続きげんなりしているところに、追い打ちをかけるように実母の認知症が悪化です。
私自身の病院通いが続いて、ちょっとでも家を空けていると勝手に買い物に出てしまいます。
でも買ってくるのは同じ物ばかりです。しかも困ったことに乳製品。

500mlの牛乳がもう4日購入です、
卵が10個を2日も立て続け、ヨーグルトが大小10個、乳頭不耐性の私には飲んで対処なんて無理です。でも一番困るのは、お金がないと妄執で少しでも安い物をと、スーパーで買ってくるのはマーガリン、牛乳、乳化剤などたっぷりの大手メーカーの安い食パンを毎日1斤、
いくら冷凍保存してとアドバイスを受けたって冷凍庫がパンクしているのですから何日かに一回はゴミ出しです。

家の食物で頭が痛いのに、外出するとこの暑さでウエットシートで汗を拭く人が急増ですから、その匂いでぐったりしてしまいます。
でもって、認知症が進んでいるから病院の付き添いもあります。
ただでさえ病院のいろいろな臭気で大変なのに認知症介護は基本家族がしなければならないから、数日間は爆睡しなければ回復できません

で、ブログが空いた言い訳長々と前置きしてしまいました
先日、母と病院に行った帰り道、母の夕食と私の夕食をかねて駅前のお弁当屋さんに立ち寄ったときの光景です、
近所の保育園帰りの若いママさんが可愛い双子の女の子を連れて立ち寄って店員さんたちとおしゃべりしていました、
いつもの常連さんらしく、20代の若いママさんは、ジーパンにスニーカーで、子供たちにシートに入ったグミなのか飴玉なのかを与えて、店員さんと長話
でもちょっと目を離したすきにそのシートから飴玉みたいなものを出しそこなった双子の一人がお弁当屋さんの床にそれを落としてしまったのです。そして素早く、拾って食べてしまいました。
私が「落ちたものを拾って食べてしまったけれど」といっても、
その若いママさんはおおらかに「あら、食べちゃったの。」と笑っていて、
周囲の大人も平然と「まあ、食べちゃったの!」と笑っているだけで誰も汚いから口から出してとかうがいしてとか大騒ぎしませんでした。
みんながそのふたごちゃんをおおらかに笑ってみているだけ。

片や、数日前の光景はスーパーのフードコートで若いいかにもどこかの企業で子育て勤務と思われる保育園帰りの子供を連れたママさんの光景です。
まずフードコートの机を除菌シートで丹念に拭き、自分と子供の手を手ピカジェルで除菌し、さらに買ってきたドーナッツとジュースを飲んだ後、子供の口を除菌シートでぬぐいとその揮発剤の臭いは強烈です。
そしてそのママさんは、自分はスマホで子供が飽きてぐずっても知らんぷりです。

私にお弁当屋さんのママさんと大手企業と思しきママさんの行動をどちらも避難できる資格はないかもしれないけれど、この先の化学物質や大気汚染などの世の中で、ちょっと落ちていても拾って食べてしまう子供をおおらかに笑って見ているママさんに育てられた双子ちゃんのほうがずっとたくましく生きられるのではないかと思ってしまいました。
除菌シートは、感染症対策に何の効果もないのだから、

暑さと建築ラッシュと 

2016年06月26日(日) 23時32分
なぜだか、というかお金を持っている人が多いのか、このところ何か所も近くで建築ラッシュです。なんと2軒先の建築主さんは外資系企業の外国人まで。
建て替えないでくださいとは言えないし、かといって建て替えが終盤に差し掛かると、シロアリ駆除の殺虫剤の臭いとか、家の中の内装のシンナー臭とか、風向きによってはもろかぶるのです。
家の中では弟の室内消臭剤や香料たっぷりのお風呂用品とかとの闘いで、外は建て替えラッシュの新築の臭気との戦いで、と悲惨な状況です、
そこに、先日はお向かいのご主人が日曜大工よろしく、私の家の前で、家屋の壁にする板に防腐剤を塗りだしてそれを玄関先に干してそれの臭いで大変なことになりました。
本人は建築業だから、お手の物で防護眼鏡で防腐剤を塗っているのだけれど、それが目の前のベランダに洗濯物を干している私がもろに吸い込むことには、一向に配慮してくれません。
化学物質過敏症と前から言ってあるにも関わらずです。

仕方なく、「化学物質過敏症でその匂いに過敏反応するので玄関先で塗るのをやめてもらえませんか?」と頼みに行ったけれど逆切れで取り合ってくれません
それとともに、認知症の母親の自宅看護でケアマネ、訪問看護士さん、との打ち合わせと続いてさすがに臭気が限界だったのか、またまた、記憶が混乱したみたいです。
今日、一日重いなと思いながらしょって歩いていたリュックの底から、母の保存食に買ってきたはずの缶詰がでてきました。それを一日いれたまま、歩いていたみたいです。
かえって来て自分の自室にある食器棚から飲み残しを入れたままのカップが出てきました。
自分の行動がとんでもないのに、認知症の介護負担が加わって

と、泣き言ばかりのブログだけれどある人に言われた言葉
「神様はちゃんと見ているから」

だって、おむかいさんが防腐剤を塗って乾かしていた日
二度目に、干しっぱなしだったからもう一度言いに行ったら
「僕は昼飯を食べてからどかそうと思っていた。毎日やっているわけでない、仕事の休みの日にやっている。それにこの塗料はシックハウスの安全性を配りょしている」と逆切れし、玄関先から数センチ奥にずらしただけだけれど、その2時間後、猛烈な雷雨で乾かしていた板がずぶぬれです
おかげで臭いも消えました

神様はまだ私を見捨ててはいないみたいです

再びアレルギーについて 

2016年06月22日(水) 23時29分
ある学会の話再びです
そこでどうしても聞きたかった話が、生体ガスの研究発表です。
生体ガスとは、人間が体の中から発するガスの話。呼気とかおならとかとともに、皮膚からも人間はガスを発生させているらしいのです。その代表的なのはたばこ喫煙者が喫煙した後体内のたばこが皮膚から空中に放散されるらしいのです。
今まで呼気や衣服にしみついた喫煙者のたばこの臭みがきつい人に辟易していたのです、でも体内からガス化して放散されるその匂いが、きつく感じられる人と、そうでない人の違いであれば、電車内で隣に座った人がすべてくさいと感じられないわけが自分なりにやっと理解できた気がします。

で、それとともに経皮吸収の話。
空中の有害化学物質を皮膚呼吸で体内に取り込んでいる可能性という研究発表です。
経皮毒が体内に吸収されるであろう有害物質が体内に蓄積されるということが免疫に影響するということです。そして吸収された有害化学物質が体内の経路で内臓や脳の免疫系をつかさどる領域にダメージを与えるらしいのです

ここで素人の患者的疑問、
体内に皮膚呼吸で有害化学物質が取り込まれる、またはそれらによってアトピーや喘息が悪化するということであるなら、その皮膚に合成ステロイドを長期にわたって塗り続けることは果たしていいのだろうかという素朴な疑問です。ステロイド外用剤はあくまで人間が作り出した化学物質、そして室内や空中の化学物質を皮膚が吸収するにあたり、同じようにステロイドも吸収されるわけです。外から吸収されて治るのだったら、有害化学物質はステロイドによって排除されて体内には入り込まないはずであるのに、修復されず悪化してしまうことはアトピー患者の多くが経験していることです。それ以上に有害化学物質が皮膚の経路から吸収されるにあたり、ステロイドと化学反応を起こしてステロイドが変質してしまうことはないのでしょうか?

そして、この学会聴講で一番感じた事
いまだにステロイド第一選択としてしかアトピーが直せない世界で今度は遺伝子治療の研究というけれど、果たして遺伝子まで変えられてしまうアレルギーの治療ってたとえ治りたいと切望していても、そこまで治療に踏み込めるのか患者としては大いに悩むところです。

肥満とアレルギー 

2016年06月20日(月) 22時16分
先日、ある学会に一般参加を申しこんで聞いてきた話です
その先生は、京都大学医学部 高野裕久先生
環境と免疫、アレルギーの研究と臨床をしているという紹介でした。
その先生が最後に話したエピソードが印象的だったのです。
「この患者は肥満を少し解消すれば、化学物質過敏症が治るかもしれないのにと心の中で思いながら診察することがある」という発言です。

私は同じ言葉を全く違う先生から数年前のアトピーの講演会で聞いたのです。
「アトピーは内臓脂肪が悪化原因だから内臓脂肪を改善すればアトピーがよくなる」
これは、昨年イクノーベル賞を受賞した京都大学出身の木俣肇先生の講演会で聞きました。

同じ大学だからというわけもなく、化学物質過敏症と小児アトピーとの違いという専門も違う先生が全く同じ発言をするその偶然にちょっと驚きを覚えました。
そうであるなら、今のアトピーが化学物質過敏症の一種ということもあり得るのでしょうか?化学物質が充満している世の中だから、そして化学物質過敏症は一種のアレルギーだからということなのでしょうか?

そして今のアトピーは先天性のアトピーと機序が異なるということなのでしょうか?
でも、アトピーはとりあえずステロイド外用剤とヒスタミン剤というスタンダード治療がある(あくまで皮膚科学会の標準治療という名目で私は肯定しているわけではありません)
でも化学物質過敏症には決定的治療法が皆無です。
化学物質過敏症患者自体がうつ病とか、精神的ストレスで思い込みとかすら口にする先生方が多いのが現実です

高野先生は、最後に
「今年から国の研究費がついて、化学物質過敏症の研究をすることになりました」

国も化学物質過敏症という患者がいるということをまるっきり無視もできないということかもしれません

蜂がベランダで死んだ 

2016年06月19日(日) 23時58分
糖尿病で自宅介護状態になった弟の暴走が止まりません。
自分がまき散らす部屋の消臭剤、お風呂の香料たっぷりのシャンプー、トイレの除菌芳香剤、さらに出かけるときは男性香水つけて。
やめてといっても「どこににおいがする。僕が使って何が悪い」と逆切れです

アルコールだけでも、大変なのに、香りがすべて木造家屋の2階の私の部屋に充満して、めまいと記憶の飛ぶことがしょっちゅう、空気清浄機も全然効き目がありません
でも、化学物質過敏症を家族どころか行政さえも信じてもらえず、体調不良で、ブログを書くことができなくて間が空いてしまいました。

記憶が混乱すると自分が何をしているのかわからなくなるみたいで、1度はお箸やスプーンを入れる引き出しから仏壇用に買ってきた花が出てきたり、トースターの中から鳥のから揚げがしなびた状態で出てきたり、
レストランで自分はピザを頼みたいのに、出てきたのはスパゲティーだったり。
ブログに書きたくてもめまいと、かゆみで目がつぶれて見えずらくて、頭がぼーっとして文章になりませんでした
と言い訳をしつつ、この間にためたいくつかを書き留めておこうと更新しました。
数日前、2階のベランダで洗濯物を干そうと出たら、大きな蜂が飛んできました。
怖くってベランダからすぐに部屋に入りじっと見ていたら、その大きな蜂がなんとベランダの隅でジージーと羽音を立てながら腹を上に向けて飛べないままなのです。
怖くってそのままにして置いたら、その蜂は2,3日後に干からびた状態で腹を上にしてご臨終でした。
蜂の活動時期はまだまだだと思われるし、この時期に死ぬのは不思議だし、なぜ1匹だけ2階のベランダに来たのかさらに不思議だし

数年前から言われている蜂の巣の崩壊の一部を連想させる出来事でした。
でもここは住宅街だしネオニコチロイド系の農薬はあるはずないと思われるし

私が香料、殺虫剤など嫌がっているので、庭は近所から逃げてきたクモや、アリや、蝶、ミミズ、果てはヤモリにゴキブリの天国です、
だからその蜂は、まるでどこかから逃げてきてベランダで力尽きてしまったようで、でも怖くて干からびるまで片づけることもできませんでした

あるところで聞いた話です。
相模原市の水系のネオニコチロイド農薬の汚染調査をある大学が始めたそうです。
有害化学物質、特にネオニコチロイド系が蜂の巣の崩壊につながっていると世界的なニュースになりつつあって、やっとその分野を研究するグループが現れたのか、それともほかにもやっているグループがいるけれど、たまたまうわさが入ってこなかっただけなのか?

それでも、日本の化学物質の世界において若手がいないのかと感じられていたのに、若手の研究グループの活躍のうわさを聞くと、日本でも、世代交代で確実に変わってくるのかなと、ちょっとうれしいうわさでした。

体調が悪化していて 

2016年05月15日(日) 1時31分
五月が一番酷い時期で体調劇悪化していてまたまたブログ更新もままならず。
まず、花粉症、そして黄砂飛散、そのうえ家の弟の香料使用によるアレルギー悪化、そして認知症の母の為に家事仕事が増えて炊事用手袋をしていたら、そのゴムにかぶれてしまって、
しかも持病がまたまた増えて今度は心臓肥大が加わってしまい、そのことで病院通い。
病院に行くと2,3日ぐったりしてしまい寝込むことが多くなり。
と、いいつつブログ更新が空いたことへの言い訳を並べていました。
熊本地震が連日報道されていて、けれども福島原発と放射能汚染問題はどこにいったやら。
あまりにもニュースが多すぎて、放射能汚染問題までだれも関心を示さないのか?
いま芸能人のガンのニュースが巷をにぎわしているのに、それが福島原発の放射能汚染問題と結び付けて解説してくれる人は皆無です。
ガンが国民病というくらい多いといっても、福島原発の放射能漏れが人体影響に何等かのかかわりがないとは少しも言い切れないのに、福島問題は影を潜めて。世の中は熊本地震のことばかりです。
熊本地震被災者の方々に対して大変なご苦労はお察ししますが、その陰で放射能汚染問題をないがしろにしていいということにはならないはずですでも、福島の問題も熊本の問題もなにか他人事みたいにTVで流されているだけで自分たちが実際どのくらい人体に影響がでているかととらえている人がどのくらいいるのでしょうか
といっても、いろいろなことの聞きかじりだけの素人にはこんなところに愚痴をつらつらと書く以外になすすべもありません。
政府はもっとそういった研究にも予算を使うべきなのに、なにかが違う世の中で、結局泣きを見るのは免疫力のもともと弱い弱者でしかないのが現状です

ニュースの陰で 

2016年05月04日(水) 16時41分
連日、TVは熊本地震のことでどこも花盛り。そのためボランティアに熊本に行く人も大勢でかえって人の手は有り余っているみたいです。
ですから、体調が悪くブログ更新もままならない私にできることとといったら義援金の募金箱に入れるくらいでなにもできることはないです。
ニュースを眺めつつ、○○の冊子の記事に医師の投稿で書かれていて気になったこと。
TPP交渉が行われているのは、ニュースで知っていたけれど、TPP交渉というものが実際にはどのようなものが盛り込まれているのかなんてTVのワイドニュースなど取り上げもしないです。
でもそこに書かれていたのは、TPP交渉の中に薬剤の単価のことです。
日本の薬剤はそれほど高いことはなく、健康保険で何割負担ということだけれど、米国は健康保険は任意加入で低所得者で健康保険に入れない人はバカ高い医療費を払えないと治療もうけられないなんてざらなのは有名な話です
治療費が払えないと救急車にものれないし病院にもかかれないとよく聞く話です
ですが薬品会社が薬の値段をどんなに高くしても許されるということまでは知らなかったのです
これがTPP交渉で日本政府と合意がされてしまうと薬価の高い薬を患者は買わざる負えない事態になるかもしれないという懸念が乗っていたのです。

いま日本の治療薬にも外資系企業も見受けられるけれど、そのような高い薬が治療に認められるようになると、果たして今の医療制度はどうなるのかというのがその記事の懸念です。
いま、がんの治療ですら、払える人は最新の高額の治療で、払えない人は薬もままならずということはいくらでもあるのに、普通にアレルギーの薬や、ちょっとした薬が高額になってしまったら、たとえ健康保険でも、患者が負担できなくって、薬を払える治る患者と薬を払えず医者にも行けないという医療格差が出てしまうのでしょうか?
熊本地震の騒ぎにまぎれて、政府はこっそりと締結してしまったら、一般国民はそれすらも知る機会がないのです。
言論統制というのは古いことばだけれど、これは一種の言論統制と同じこと。
地震のニュースも大事だけれど、もっとジャーナリズムは声を大にして国民に伝えるべきなのに、平和ボケの日本は今日も熊本地震ばかりです。

花粉症のピーク時期 

2016年04月25日(月) 0時44分
花粉飛散に引き続き関東にも黄砂襲来のニュースが流れました。紫外線も強くなったためか顔がものすごくかゆくって抗ヒスタミン剤も効き目がありません。
連日、帽子をかぶりマスクをつけて外出していても、マスクがむれて猛烈にかゆくなる時があります。
花粉症や免疫力を上げるのには、乳酸菌飲料がいいといわれているけれど牛乳アレルギーがあって乳酸菌接種もままならず。
乳酸菌の代わりに発酵食品が免疫力をあげるというけれど、化学物質過敏症の引き金になったのがアルコールで、発酵食品もままなりません、
なぜなら、アルコールはある種、食品の発酵といってもいいものだから。だから、天然発酵の酵母菌を使っているとうたい文句のパンを食べても急激に眠くなる、味噌汁を飲んでも眠くなる、さらにヒスタミン剤で眠くなる、
それなのに、認知症が進んでしまった母親の為の家事をしなければならず、スーパーに買い物に行くと、鮮魚食品などの売り場に漂う微量のアルコール、防虫剤、果ては、床の洗浄剤でぐったりして。
さらに、調理のガスの臭いでぐったりして、ダニの繁殖時期なのに自分の部屋の掃除もままならず
我慢して飲むヨーグルトをカップ一杯だけ朝おきたときに飲んでみているけれど、アレルギーが劇的に収まる気配はなくて。
と、ネガティブ発言ばかり
一ついいことは、やっと障害厚生年金の継続審査が終了して障害厚生年金3級に決定した模様です
化学物質過敏症+遺伝性アトピー+口腔浮腫とアレルギーマーチということが加味されてだけれど、そこはお役所もなかなか厳しいところで障害年金2級にはしてもらえなかったです
でも、こんな財政難と、震災の復興支援などで、年金がもらえて生活できるだけでもありがたいと感謝しなければならないのかもしれません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:7305kamome
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:2月7日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像にっこたむ
» ブログ (2016年03月05日)
アイコン画像7305kamome
» 病院って? (2014年10月12日)
アイコン画像にっこたむ
» 病院って? (2014年10月05日)
アイコン画像U-runner
» 今更言い訳です。 (2014年09月07日)
アイコン画像にっこたむ
» 今更言い訳です。 (2014年09月05日)
アイコン画像
» アレルギー (2013年08月23日)
アイコン画像7305kamome
» 久しぶりの映画 (2013年06月25日)
アイコン画像にっこたむ
» 久しぶりの映画 (2013年06月25日)
アイコン画像にっこたむ
» 塩素 (2013年06月20日)
アイコン画像7305kamome
» 風邪が長引いて (2013年03月11日)
Yapme!一覧
読者になる