SSLサーバ証明書で不正アクセスを防ぐ試み 

2017年07月27日(木) 13時51分
情報漏洩防止策の一環として、SSLサーバ証明書が使われるようになりました。
その文書には鍵長と呼ばれるbit単位で表すものがあって、その数値が高い程データへの不正アクセスを防止する効果が高いです。

DigiCertが発行しているSSLサーバ証明書の中には、かなりのbit数が備わった鍵長があります。
当初の鍵長は40bitだったので、時代の変化と共に安全性が大きく変化していったわけです。

現在使用されているSSLサーバ証明書には128bitの鍵長があり、10年間は安全に使えるものだと言われています。
逆に言えば、10年以降は128bit以上の鍵長でないと対応不可となるため、2048bitの鍵長を有したSSLサーバ証明書をDigiCertが誕生させたのでしょう。

前もって鍵長のバージョンアップをして、更なる不正アクセスを回避しようとする試みは適切です。
SSLサーバ証明書を安心して使いたい方の期待に応えるには、驚異的なbit数を誇る文書も欠かせなくなるのは時間の問題かもしれません。

サーバ証明書はDigiCertがお勧めなのはご存知ですか? 

2017年07月26日(水) 13時29分
あらゆる情報が世の中で行き交うようになりましたが、その情報を我が物にしようとする存在が跡を絶ちません。
そのためサーバ証明書で情報流出を防ぐ取り組みが盛んになり、株式会社アールエムエスもDigiCert SSLサーバ証明書の正規代理店として情報流出の問題解決に関わっています。

2,000ライセンス以上の証明書を発行した実績があって、その文書を取得したい方の大きな力になっているわけです。
国内最安値でDigiCertサーバ証明書を取得できるようになっていて、コスパに優れた文書を入手したい方のニーズに応えています。

ドメイン登録制度が異なることで英語による手続が必要になっても、株式会社アールエムエスが代行とサポートをしてくれるとのこと。
DigiCertサーバ証明書は経費削減に使えるので、運用で多額の出費を被りがちな方にも好評かもしれません。
その文書をお客様の手を患わせることなく取得できるようにするのが、株式会社アールエムエスの役割です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:i6y
読者になる
2017年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる