髪への悪影響が多い、寒い冬

February 06 [Wed], 2013, 11:40
・北風が運んでくる汚れ
冬に辛い北風は、ゴミやホコリ等いろいろな不純物を運ん出来ます。これらがヘアーに吹き付けられ、ヘアーとヘアーの間に迄入り込みます。北風の強さはかなりなものです。そうして付着した汚れけど、毛穴を痛める理由になりますチャンスがあるのはご存知ですか。


・寒くてもかく汗
冬は当然、汗も少なめ。梅雨時や夏のようなベトベトは、それほど気に成りませんね。だからと言って、これでも頭皮は、決め手に汗をかいている。夏ほどではありませんけど、ヘアーに傷んでいる髪を与えるには充分なボリュームの脂分が発生していきます。あれが毛穴につまると、ヘアーの健康を妨害しているというようなことにもなりかねないです。
こうしたの脂分は、前述の北風の汚れ等の働きも受け、雑菌の繁殖を促進しているというようなことも……。雑菌は、毛根に悪働きを与えるので、ヘアーの健康にも望ましくありないです。


・「外は寒く中は暖かい」と言う環境
それに、外は寒く、部屋は暖かいと言う冬の環境もくせモノです。「部屋で汗をかき脂分がでる→外にでるとあれが毛穴で硬く固まる→また部屋に入り……」の繰り返しで、毛穴はすごい傷んでいる髪を抱えるというようなことになるでしょう。脂分が固まって毛穴が詰まると毛根は窒息現状になり、力を失ってしまいる。


・髪の毛がヘトヘトになりますぱさつき
寒い冬は、湿度が少無いのもポイントです。ぱさつきしていると、ヘアーは非常に傷みやすくなるでしょう。柔軟性がなくなり、キューティクル成分が開き、パサツキ、切れ毛、枝毛の理由に。髪の毛自体がヘアダメージやすくなっている。


適ボリュームのアルコールはヘアーにも悪くは無いのでしょうが……
・年末年始の食人生
どうやっても冬は、食人生が不規則になりがちでしょうね。飲み会、宴会での暴飲暴食は、ヘアーの大敵です。
飲み会で飲み過ぎたアルコールは肝臓を弱らせ、髪の毛の基となります栄養素・タンパク質を創る機能を低下させます。またパーティの脂っこい食べ物も、過多の脂分を発生させ、毛穴を詰まらせ、抜け毛を引き起こすチャンスを高めます。飲み物、食べ物が一番おいしい冬ですから、食べ過ぎ飲み過ぎは、髪の毛の成長を体の中から阻害しているチャンスがあるのです。

ヘナカラーを美容室で!

・年度がわりの追い込み・準備
また“年度がわりを迎える”と言うというようなことも、多少はコミュニケーションしてくるです。年度末の業務の追い込み、新年度の準備等で大忙し。引っ越しや新人生をスタートする方も、気を抜け無いタイミングです。さらに夜は飲み会と、寝不足な方が決め手に多ことでしょう。
寝不足もイライラも、髪の毛には良くありないです。これらにより毛ヘアーへ栄養が送られにくくなり、髪の毛の健康が保たれなくなりますのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:6mse32j4
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/6mse32j4/index1_0.rdf