ベビーカステラ 

2010年03月24日(水) 17時46分
中が“トロトロ”のベビーカステラが主流の町

中身とろ〜りの福玉焼。明石では有名ですが、生焼けと勘違いする人も多いので注意書きは欠かせないそうです。
屋台の人気商品にベビーカステラがある。

このベビーカステラのことを、「ベビーカステラは外がフワフワで中がトロトロ。シュークリームみたいなものだ」と激しく主張する声を聞いた。
主張するのは揃って兵庫県の明石や網干辺りの人が中心。これはどういうことなのか。

外フワ中トロのベビーカステラ、これはJR明石駅前に店舗を構える夢工房さんの“福玉焼”、これのことだった。
この福玉焼、見た目はごく普通のベビーカステラと同じ。

しかし驚くべきはその柔かさだ。触るとフワッ。中を割ってみると真ん中がトロトロのクリーム状で、口に入れるとフワフワトロトロの新食感。
中にクリームでも仕込んでいるのかと思いきや、実はこのトロトロ部分も生地なのだそう。

店長さんが言うには「生で食べても大丈夫な生地を使い、強火で表面だけを焼いています。中だけ半熟になるよう焼くのがコツです」。あっさりと言うが、これ相当に難しい。

型は通常のベビーカステラの物に似ているが、異なるのは型に生地を落とす時間だ。
数十個もある穴全てに生地を落とす、これにかける時間は平均10秒程度。それ以上かかると最初に入れた生地が膨らんで、中トロにならないのだと言う。
木の枝を使って生地を穴へと素早く落とし、そして勘だけで焼き上げる。まさに職人技のお菓子なのだった。

この福玉焼が生まれたのは戦後まもなく。まだ砂糖や小麦粉なども高価だった時代、現代表者の祖父がリアカーを引いて売りに出たのが始まりだと言う。
闇市などで砂糖や小麦粉を売ったほうが儲かる時代に、あえて新しい名物を生み出した先人は偉大だ。

「明石にある恵比寿神社のお祭りに屋台を出すことが多く、その福に授かれるよう福玉焼と言う名前にしました」
と言う代表者。
お祭り以外でも食べたいと言うファンの声により数年前、明石駅前にも実店舗を構えた。が、本職はもちろん今でも屋台の販売。
販売地域は昔から兵庫県の明石、三木などを中心にしており、お祭りなどに屋台を出すそうだ。

ちなみにこの中トロタイプ、明石では福玉焼き、海向かいの淡路島に渡れば“ピンス焼き”、長田では“玉子焼き”と、ごく狭い範囲で名前が異なる。さらに中がトロトロではないものの、姫路ではベビーカステラのことを“松露焼き”と呼ぶなど、兵庫県内で非常に細かな分類を見せる。
そんなことからも「ベビーカステラの生まれは関西、兵庫なのでは」と言われているそう。

サッと食べられる気軽さが受けたのか、はたまた粉もの文化のせいか。丸い形に引かれるのか。ベビーカステラは関西で好まれる傾向にある。
その中でも福玉焼を中心とする中トロのタイプは関西でも独特。
「近場の大阪でも、中が焼けてない、生焼けやで。など言われることがあります」と、この正体を知らない人からは注意を受けることもしばしば。
そういったこともあり、今の販売範囲は兵庫、それも明石を中心にしたごく狭いエリアのみに限られているそう。
思えば明石名物である明石焼きも外はフワフワ中身はトロトロ。こう言った味が好まれる地域なのかもしれない。

ちなみにこの福玉焼き、できたてはトロトロ、冷めればネットリカスタード調。さらに余ったものを油でサッと揚げれば、また違った食感になって面白いと言う。

これからの時期には、明石の桜、花見祭りなどに参加予定。お花見しながら外フワ中トロ、なんていかがでしょう。

ばなな 

2008年07月31日(木) 18時19分
ばななだよ〜ん

ひこまた 

2008年02月20日(水) 4時50分
ひこまた

「お花がわらった♪」 

2008年02月11日(月) 5時48分
「お花がわらった♪」

久々の日記 

2008年02月11日(月) 5時35分
やっぱりmixiを辞めてこっちに日記を書こうかなぁ・・・。。

ようこそ!!♪ 

2006年12月04日(月) 12時54分
新しい仲間が増えました!!♪(^○^)/

新しい記念樹ですb

うさ子(娘)の樹です。

父母二人で植えましたよ(*^^*)
遠く離れたあの子の事を想いながら♪

大きな穴を掘って、
悪い土や石ころも捨てて
ちゃんと新しい土を入れたよ。

大きくなるといいなぁ。
葉っぱが出てくるのが楽しみだなぁ。

通販でやっと見つけて買ったけど、
もしも枯れてしまっても
何度も植えるぞう!!
今度は絶対に諦めない!(^O^)v

教えてもらったバナナケーキ♪ 

2006年02月22日(水) 0時41分
 MEMO φ(..)メモメモ

バター100g
砂糖90g(お好み)
卵2個
小麦粉120g
ベーキングパウダー小1/3

ボールひとつでできます。

1)バターをやわらかくし、泡だて器で白くなるまで混ぜる。
2)そこに砂糖を3回にわけて入れる。
3)2個の卵を別の容器にあわ立てる。
まず大さじ1のとき卵を2)に入れて十分混ざったら
少しづつ混ぜていく。
4)粉類をビニール袋に入れて、シェイク☆シェイク☆
空気が十分入ったらボールに混ぜ合わせる。
粉っ気がなくなったらケーキの型にいれる。
5)180℃で40分

※粉類は、子供が作るときはビニールの方法を使いますが、
普段は、てんぷらを取るときのあみじゃくし(?ざるなど)みたいなので
直接ふるいながらボールに入れたりします。

みなさま こんにちは♪ 

2006年01月29日(日) 9時58分
はじめまして フローラです♪

最近ネット落ちしていた私。
ここで又ちょっとおしゃべりなんぞしてみよっかな。
なんてね。

よろしければ仲良くして下さいね。

ん?絵文字にぞうさんはないのね・・。
絵文字結構好きですが、
あまりど派手になっちゃうといけないので
1個だけ貼ろっと。。

あらま! 

2006年01月24日(火) 0時46分
新年が明けてもうこんなに経っちゃった!
あっという間のドタバタな日々。
そう、あの日からももう11年。この時期はちょっと辛い。。

そしてそして3年前(正確には2年と9ヶ月程)少しだけ巣立った雛がもうじき一時帰宅♪
雛鳥もちょっとだけ成長の証か、更に飛び立とうとしている。
パタパタパタタ。やや東へ向かう。目指すは海沿いの街。
あなたが生まれ育った、幼い頃の記憶に似た街かしら?

もう一羽の雛鳥も大空へ旅立つ。森と湖の国。
私達の始まりの憧れの地へ。いつかもう一度訪れたいと夢見た国。
1年はあっという間だから、沢山の思い出を抱えて帰って来たらいっぱい話して聞かせてね。
それまでは寂しいけれど、楽しみに待っています。

私達の宝が又新たな旅立ちを迎える。
黙って見送る。ただ黙って見送る。
もう胸がいっぱいで何も語ることはできない。

続・受験生の母 

2005年12月01日(木) 16時03分
受験生の母終了!♪ やたぁ!☆
先月の26日に無事息子の大学合格通知が届きホッ=33
合わせてその2、3日前には娘の希望していた留学も決まり
ついについにこれで開放されましたぁ(~o~)v
後は先立つものの心配だけでっすタララララ。。。
しかし今年は受験でお正月も‥って思ってたけど、
早くに決まって嬉しいだ〜〜〜〜♪
2010年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:フローラ
読者になる
Yapme!一覧
読者になる