2006年11月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:69-porkin
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
つながって / 2006年11月28日(火)
電波でしかつながれない

それしかお互いを確認する方法がない

それがどうしても切なくて

こわくてしかたない

消えそうな繋がりしかもってないんだね

きっと 確かなものなんて 思えることはないんだろうな
 
   
Posted at 23:23/ この記事のURL
コメント(0)
あぁあぁ / 2006年10月15日(日)
恋しかけてるんかなぁ


うぅ


どうしよう



目で追う回数が増えた


ちょっとした挨拶が嬉しかった


ちょっとした憎まれ口が嬉しかった


帰り際明らかに寂しそうに見送る時間が大好きだ。



ちくしょう。


なんで同じ名前なんだ。
なんで同じような人なんだ。


RAD聞いてる。

やっぱり愛しがすごく好き。

これ。すごいな。
 
   
Posted at 11:33 / たわごと / この記事のURL
コメント(0)
いいかんじ / 2006年05月28日(日)
らくがき

っていうなまえにしてもいいかなぁ

ギャラリーらくがき
雑貨屋らくがき
rakugaki
あーでも英語にしたときの文字面があんますきくないやも。。

ameirodropがやっぱ結構しっくりくるな
どうしような長いなぁ


 
   
Posted at 09:09 / たわごと / この記事のURL
コメント(0)
考え / 2006年02月17日(金)
雑貨屋さんの名前
みじかいほうがいいかな

飴色ドロップ
あめいろ
めいろ
meiro
からっぽ風船

なんかながくなるなぁ
いめーじとしては

きらきらして
ごちゃっとして
ちいさいのがいっぱいあって
わくわくする
ずっと居たいと思う
この器でお茶したいとか思えちゃう

「子供」っていうイメージをだいじにする。
でも子供むけじゃない
大人が子供の頃を思い出したりできたらいい
色がいっぱいでなんか懐かしくて

それにぴったりなんは
「飴色ドロップ」
わたしのすきなものはそんな感じのものなんだ
いろがたくさんあって
あまくて
木のお店でおばあちゃんが売ってるドロップ
駄菓子屋さんの飴売り場のイメージ
あれがすごいかわいい。
たまに欠けていて、でもそれすらいとおしい。

お店自体のコンセプトは
お店自体はからっぽなのに
そこにくるひがいるから成り立つ
おみせがそのふんわり浮かぶ感じ

からっぽ風船。



どっちかだと思う。

あとアーティストとして
もちっとやらかい名前がいい

りえちょこ
ちゃり

うーんなんだろう
うちにたりないかわいいぶぶんを
ちょこがおぎなってくれるかな
ちょこと接しているときのしあわせな感じ
かわいいものをだきしめて
ちょこと一緒になってお店をするなんてすてきだ。
 
   
Posted at 08:14/ この記事のURL
コメント(0)
響き / 2006年02月15日(水)
トランジスタ

発光ダイオード

の言葉の響きがすき
 
   
Posted at 09:52/ この記事のURL
コメント(0)
あかい / 2006年02月07日(火)


あかい
あかい
かばんをかったんです
 
   
Posted at 00:12/ この記事のURL
コメント(0)
よてい  / 2006年02月04日(土)
今日
昼まで片付け
昼から帰京
引越し準備+申し込み
と管理人さんに電話
で京都駅ぶらついて帰宅。

5日
せいかの卒展
その後きしだん

6日
特に予定ないので制作

7日
特に予定ないので制作

8日
グラフのよしともさんの展覧会
その後バンプ
 
   
Posted at 09:02 / たわごと / この記事のURL
コメント(0)
あいこーん / 2005年11月20日(日)


アイコンつくってみた
もっと増やしたいなー
 
   
Posted at 21:40/ この記事のURL
コメント(0)
ねむくて / 2005年11月20日(日)






ねむいねむい
とけるほどねむい
まぶたがおもくて
めがあからない
あたまがくらくら

それでも起きていたら何かいい事ありますか
 
   
Posted at 21:03 / たわごと / この記事のURL
コメント(0)
病床ジャッカル / 2005年11月16日(水)
風邪をひいた
心が弱った

思い浮かぶは過去ばかり

あんなちょっとの間の思い出なのに
なんでこうも鮮明に覚えてしまってるんだろう
ちょっとは忘れればいいのにな

だいすきだったのかな。もしかして。

名前もしらない男だった
なにひとつ知らない人だった
知る必要さえ感じなかった
共有したのは数時間だけ

あの頃の私はあまりに考えなしだった

おもしろかった
まるで順番がさかさま
時間のまきもどしみたいだった
それを楽しいと思うのはどうやら間違いらしいけどそんな事どうだっていい。
そもそもそんな順番誰がきめたんだ

本能ばかりがモノを言う世界

名前も過去も何もいらない
そこにあることが大事なんだと思っていた
自分自身にすべて含まれているんだからそんな文字的な情報は必要ないとさえ思う

しかし、それは、「人間的にはいけないこと」だったらしいね
誰が決めたか知らないけど
めんどくさい世界だな

 
   
Posted at 23:32 / たわごと / この記事のURL
コメント(0)
P R
  | 前へ  
 
GMO MadiaHoldings, Inc.