個体戸税収徴収管理定期定額

June 21 [Fri], 2013, 10:47
個体戸税収徴収管理定期定額

第一条規範と強化個体工商戸税収定期定額徴収(以下、定期定額徴収)管理、公平税負担、自営業者の合法的な権益を保護し、促進個体経済の健全な発展によって、《中華人民共和国税収徴収管理法」及びその実施細則、本弁法を制定する。

第二条本法にいう個体工商戸税収徴収定期定員は、税務機関は、法律、行政法規及び本弁法の規定により、個体工商戸は一定の経営場所、きっと経営時期、きっと経営範囲内の納税額を含む(経経営大隊数量)や所得額(以下定額)を査定し、これを課税根拠として、その課税額の1種の課税方式。

第三条本弁法を適用する所轄税務機関の認定県以上の税務機関(含県級、以下同じ)の承認の生産、経営規模が小さいし、『個体工商戸に達しない管理暫定弁法」の規定により設置見積もりのは帳簿を建てて帳簿の標準の個人工商業者(以下、定期定額戸)の税収徴収管理。

第四条税務機関が責任を負う組織定額の査定。

国家税務局、地方税務局の徴収管理範囲が国務院の規定に従い、それぞれその管轄する税目の定額査定。

国家税務局と地方税務局を強化すべき調和、協力、共同制定連絡制度、保証情報ルート開通。

第五条主管税務機関は、定期的に定額戸に分類し、年度内に一定の数量を業界、地域を代表する定期定額戸、その経営、所得状況を典型的な調査を調査、分析、記入する関係表。

典型的な調査戸数は占め業界、区域総戸数の5%以上。具体的な比率は、省レベルの税務機関が定め。

第六条定額執行期の具体的な期間については、省税務機関が確定し、最長1年を超えてはならない。

定額執行期は、税務機関が査定後執行の第一納税期から最後の納税期。

第七条税務機関は、定期的によって定額戸の経営規模、経営区域、経営内容、業界の特徴、管理レベルなどの要素の査定定額を採用することができて、次の1つまたは2つ以上の方法を査定する:

(1)に消耗した原材料、燃料、動力などの推計あるいは推計査定、

(二)に合理的な費用コストと利益の方法を査定する、

(3)棚卸在庫状況に応じて推計または査定する、

(4)にインボイスと関連証拠査定、

(5)の銀行口座の資金によって往来する経営状況を査定する、

(6)参照同類業界または類似の業界の中で同規模、香港会社設立同地域の納税者の生産・経営状況を査定する、

(7)他の合理的な方法によって査定。

税務機関は、運用して現代情報技術手段査定定額を強め、査定の規範性や合理性。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:68844
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/68844/index1_0.rdf