必要なのはバランスのとれた戦力配備

November 16 [Fri], 2012, 13:17
誤解を招いてはいけないので、改めてまとめると、西普連など南西方面対処を強化するのは今、当然であり、まだまだ投資しなければならない。ただし、だからといって北海道には我慢してもらうというわけにはいかない。どんな時代であってもわが国にはバランスのとれた戦力配備が必要なのだ。

 とにかく日本は今、長期戦に備えなければならず、予算を減らしている場合ではない。しかし、世の中には「上陸された時はもうおしまい」という声も少なくなく、短いレンジでしか思考していないように見える。このあたりの意志の弱さがつけ入られる隙になり、ちょっかいを出されているように感じるのは私だけだろうか。

南沙や西沙諸島を力ずくで強奪した中国が、これらの地域を三沙市として発足させ、わずか2平方キロの小さな島に滑走路や港を作り、漁民に大金や食料を支給して住み着かせているという。実効支配を世界に誇示するためだ。
弱小国家のフィリピンやベトナムには手も足も出せない。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:幸運研究者
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/65476574/index1_0.rdf