天職 

October 30 [Tue], 2007, 2:56
昨日初めて現場に出させてもらいました。

バージンロードを歩く直前。

父は泣きそうになってる。
娘はブーケを持つ手が震えてる。

それは本当に2人だけの時間。
父と娘2人で過ごす最後の時間。

プランナーもスタッフもみんな泣いてる。


結婚式にはいろんな想いがある。

・無言で2人でいる両家の父親の想い。
・両親に手紙を読む新婦の想い。
・新婦へサプライズの演出をする新郎の想い。
・何ヶ月も前から2人を見てきた担当者の想い。
・幸せそうな娘の晴れ姿を見守る母親の想い。

その全てに涙があって、私はただそれを眺めてた。
それだけで極度の感動・緊張・責任感・疲労・・
いろんな気持ちが襲ってきて、人生初の貧血を味わいました。

私は本当にすごい職業を選んでしまったんだなって実感。

人が人生で一番輝く瞬間。一番眩しい笑顔を放つ瞬間。

そんな瞬間のために働ける仕事。
そんな感動を一緒に得られる仕事。

全てに感謝した1日だった。

クロージングトーク 

October 05 [Fri], 2007, 3:55
来週のトータルロールプレイングで新規接客の授業も終わりです。
いよいよ審査会なんだけど、頭の中は整理できてなくてグチャグチャ
今日はクロージングの授業でした。

   「私にお任せください。」

この言葉にはどれほどの想いがこめられているんだろう。
今日はとても考えさせられました。

一緒に悩みたい、喜びたい、考えたい、驚きたい、幸せをつくりたい。
出会ってわずか2時間程度のお客様だけど、大切な大切なお客様。
だからこそ、そんな感情を抱きたい。抱いてもらいたい。

新規接客なんて、マニュアルどおりではただの営業業務にすぎない。
でも「この人のためにしてあげたい。」と思えればそれは営業なんかじゃない。
大切なのはだってこと、ずっと忘れずに働けたらなと思いました

ブライダルフェア 

September 25 [Tue], 2007, 7:00
今日は待ちに待ったブライダルフェア第二弾
前日から気合十分でドキドキして眠れなかったぐらい(笑)
早起きして台場駅へ途中、同期生の駒場さんに会って一安心

@ホテル日航東京
模擬挙式・6億円のチャペル・バージンロードの裏に秘められた物語。
ブライダル業界の第一線で活躍する日航クオリティに圧倒されるばかり。

A浦安ブライトンホテル
副支配人のブライダルやホテルそのものへのこだわり・哲学感。
お客様のことを24時間考えている「にんげんホテル」という信念。

フェアは感動するなと、今回も改めて実感。また涙を流してしまいました
今日、一番心に響いたのは「一番の商品=自分自身」ってこと。
自分は「なんでブライダルをやるのか?」と問い直した時、
やっぱり私の心は「誰かの幸せをつくりたい」って思いで構成されてるから。

今日の気持ちはずっと忘れない 

アイスブレイク 

September 21 [Fri], 2007, 13:21
昨日は初めての新規接客ロールプレイング
緊張と恥ずかしさと・・もぅいっぱいいっぱいでした。
人を褒めるのって得意だと思ってたけど、やっぱり難しい
ちょっとした表現や敬語の使い方にもお客様は不信感を抱くそうです。

 本日はご来館ありがとうございます。
 本日担当させていただく〜と申します。
 この度はご婚約おめでとうございます。
 お二人の式をよりよいものにするため少々お話しを聞かせていただけますか?

ここまでは大丈夫なんだけど、そこから先が難しい
・ 外見から仮説をたててその人を判断する?
・ お客様のウォンツを引き出す?

まだまだ先は長そうです
でもきっと余裕でこなせるようになるはず。
自分の潜在能力を信じてひたすら努力しよう



20歳の決意 

June 17 [Sun], 2007, 20:13
今日から将来のために毎日1分でもいいから何か行動します

・誰かの相談に乗ってあげる→カウンセリング能力
・先輩、後輩、同期いろんな人と話す→コミュニケーション能力
・今月の予定を把握し、手帳に書き込む→スケジュール管理力
・サークルの納会のお店や花火大会の場所を考える→企画力
・ブライダル雑誌を見る→知識・センス

日常生活も意識を高めるだけでいろんな事を学べる。
いろんな経験をして、いろんな人に出会って、いろんな話をして・・
たくさんの人と一緒に誰かの幸せを作っていけるような
ウェディングプランナーに絶対なってみせる
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:6261
読者になる
立派なプランナーになる。

自分を褒めてあげれるように、常に向上心を持ち、努力を惜しまない。

妥協しない、後悔しない。

誰かの幸せのために。
人が人生で一番輝く、その瞬間のために。
2007年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる