お料理教室。 

August 02 [Sat], 2008, 22:41


開催しまんた\(^o^)/


パウンドケーキ、型ぬきクッキー、アップルパイを作りました。
あ、あとついでに杏仁豆腐もw

無論、ワタクシが先生ですがなにか?(^p^)


楽しかったなー!
また第2回を近々開催する予定なので、こぞって参加してくださいww(地元組)



んで夜は八戸の三社大祭に行ってきました!
佐藤藍子が来てて、丁度よく通りに出たら目の前にいたw
みんな天皇陛下の如く手振ったり拍手したりしてたよwww

帰ってきてもつ焼きとビールでウマーです(*´∀`*)






センチメンタルジャーニー。 

July 26 [Sat], 2008, 1:24


なんか、自分にまさかこんなに順応能力があったなんて知らなかったw
こんなんでもちゃんと成長してんだなー。
やっぱ東京に行ったのは良い修行になったわw

頑張るのと努力するのは嫌いじゃないからね。
自分を騙しながらってのも得意じゃないし。

可愛すぎる。 

July 21 [Mon], 2008, 23:11

あー何度見てもかあいい(*´Д`*)
テルやっぱ目茶色いね。かわいー。

キモい?サーセンwwwwwwwwwww^^ 

July 21 [Mon], 2008, 2:27



あまりにも会報のテルが素敵すぎて原稿用紙の裏に拡大コピーしたwwwwwwwwww
マジで自分きめぇwwwww早く死ねばいいのにwwwwwwwwwwwwwwwwww^^^^^^


あとハガキサイズ1枚と、写真用のラミネート用紙に1枚、サイズ失敗作が複数で部屋がアイドル照彦だらけに\(^o^)/
ちなみに待ち受けももちろん貰ってきたアイドル照彦君です(^q^)

いや、でもマジでテルさん修正入ってるとはいえ、37歳のクセに本物のアイドル様に負けないくらいイケメンだ!
てか奴らも修正入ってるからな!www
さすが過去に日本中にGLAY旋風巻き起こしただけあるわwwww


あー澄んだ瞳が素敵だ…
表情も凄く優しいしね。
早くリーダーの嫁になればいいのに←


ちくしょう 

July 20 [Sun], 2008, 16:51


時かけのせいだー!
去年の今頃も確かテレビ放送してて、その時もアイツの事思い出して長いこと凹んでたなー…。

時かけは完全に地雷でトラウマです\(^o^)/
でも分かってても見てしまう不思議^^







あなたと過ごした日々をこの胸に焼き付けよう
思い出さなくても大丈夫なように

いつか他の誰かを好きになったとしても
あなたはずっと特別で 大切で
またこの季節がめぐってく


(無題) 

July 20 [Sun], 2008, 8:50




諦められたと思ったんだけどなー…。
よっぽど好きだったんだって、今更になって気付いた。

何であの時、なかった事にしようとしたんだろ?
忘れたからって、なかった事にはならないんだ。
その気持ちだけは大切にしてあげなきゃいけなかったはずなのに。


もうちょうど2年経つね。
まだ、覚えてるかな?


疲れ果てた僕は今、死にゆく日を思いなお。 

July 19 [Sat], 2008, 12:33



自分の言葉を表現するのは好き。

相談するのは苦手だけど。


恐いんだよね、きっと。



言葉は、私なりに頑張って生きてきた証だから。


表現者になりたいのは、きっと自分のエゴなんだろう。

そうやって、私の存在を認めて貰いたいんだろう。



誰に?



自分に。





自分が認めたいだけなんだ。


生きていていい理由が欲しい。


生きている証明が欲しい。



バカだなって思うよ。


理由が欲しいなんて。



それでも不安なんだ。


きっと死ぬ瞬間に分かるんだろう。


その瞬間に、後悔したくないから。



だから、その日のために。



スペサン。 

July 15 [Tue], 2008, 0:27



夕映えに咲いた
ぎこちない愛を
もっと 素直に言えたのなら

ひとつぶの涙
優しさのよりで
きっと 受け止められたのだろう

君といた日々は
宝物 そのもの





EXPOの時期近くなると、聴きたくなる。

大切な思い出だから。
本当に君といた日々は宝物だったから。


アンダンテ。 

July 12 [Sat], 2008, 2:00





何だ、悪い夢だったのか。
あんたが死ぬ訳ないもん、な。



だってほら。
今日だって、きっといつもみたいに『おはよ』って優しい笑顔が、瞼の前にあるんだ。
『お前はいっつも寝ぼすけだなぁー』って、寝癖だらけの頭を力強く撫でるんだ。

青みたいな、翠みたいな、不思議な色の優しい瞳。
いつも笑ってたけど、知ってたよ。
本当は泣きたい日もあったんだって。
弱音吐きたい日もあったんだって。
そんな日は決まって背中合わせに寝るんだ。
それでも次の日は、何もなかったみたいにいつもの『おはよ』。


今日もほら、おはよって、聞こえる。
きっといつもみたいに優しい笑顔が、瞼の前にあるんだ。






* * *


瞼を上げると、世界が滲んでいた。
頬を手の甲で擦り視界を滲ませていた正体を拭う。

―また、あの夢か…

もう何度見たろうか。
自らを嘲笑うように口の端を微かに上げ短く息を吐いた。

過去にすがった処であの人が還ってくる訳がなく、胸の締め付ける様な痛みは増す一方だ。


何も、何も出来なかった。
殺される様を目の前にしても、動く事すら出来なかった。
自分があの人の犠牲の上に生きる価値がある存在だとは、とても思えない。

それでも死ねない理由があった。
最期の約束。
たったひとつの、約束。


『俺の分もお前が生きる』


そう言って、笑ったんだ。
いつもみたいに、何もないみたいに。

そんなの出来っこないと思っていたのに、俺は今日も生きていて。
命の保証なんて何処にもないはずなのに、きっと明日も生きてるんだって思ってしまう。
前にもあんたの前でそう呟いたら、
『それが“普通”なんだよ』
って言ってくれた。

でもあんたが死んでしまった事は俺にとって“普通”じゃなくて。
あんたみたいに、何でもない顔なんて出来なくて。


―あんたみたいに、俺は強くないから…


この何処にもぶつけようのない感情をどうする事も出来なくて途方に暮れてしまう。
だから余計に、哀しくなってしまうのだ。






軽く身支度を整えて、バイクを飛ばし通い慣れた道を走る。
この時間だけは少し気持ちが楽になるのを知っていた。
空を仰ぐと、あの日とは違う青い空が広がっていてあの瞳を思い出す。
青みたいな、翠みたいな、不思議な色。

渇いた土だけの何もない場所。
丘の一番上には錆びて使い物にならなくなった大きな剣が深々と地に刺さっていた。
峰がやけにボロボロになった剣。

昔、聞いた事があった。
何故峰打ちしかしないのか。
『使うと欠ける、汚れる、擦り減る』んだって。
それを聞いたとき笑ってしまった。
あまりにもその台詞が似合わなかったから。
それに大事にしてるのかどうかも分からないくらいに峰はボロボロだったから。

なんだか愛しくって。
自慢気に話す、あんたが子供みたいで。
思い出して、一瞬自分の表情が緩んだのが分かった。


「なぁ…俺、あんたみたいになれないよ…」

あんたが死んだ瞬間に、俺の“普通”は普通じゃなくなったんだ。
生きてる事が罪な事の様に思ってしまう。
きっと明日も生きてるんだって思ってしまう事が、とても悪い事だと思えてしまう。

「どうすれば、いいのかな…」

きっと、いや、答えは分かっているんだけど
どうしても納得は出来なかった。


剣の隣に腰を下ろす。
目下に広がるはミッドガル。
あんたが最後に見た景色とは変わってしまったけれど。
廃墟と化した巨大都市は、過去の栄光など感じさせないくらいに。
いつか、あの場所にも花が咲く日がくるのだろうか。
あの教会の様に、優しい花が咲く日が。
星が、あの地を許してくれる日がくるのだろうか。


「……許す?…」


何故かその言葉が引っ掛かり、声に出した。


許して欲しいのか?
あの時、何も出来なかった自分を。
その上あんたの事を記憶の奥底に追いやって忘れてしまった自分を。
そんなわけ、、

そんなわけ、ない。

心臓がギュッと締め付けられる様な痛み。
あの時この場所で感じた、同じ痛み。
許されるわけない。
例えあんたが許してくれても、俺は自分自身を許せない。




あと、少しだったのにな…ミッドガルまで。
あと少し軍が来るのが遅かったら、逃げきれたかもしれない…
あと少し俺の意識が戻るのが早かったら、一緒に逃げられたかもしれない…

あと少し、俺が強かったなら…
あと少し、……


何度目の後悔なのか。
今までだって、そうだった。
あの時ザックスが俺を置いていったのなら。
あの時俺がここから逃げようなんて言わなければ。
あの時セフィロスがニブルの任務を委されなかったら。
あの時俺がザックスと出逢ってなければ。
あの時ザックスと友達になっていなければ。

あんたは死ななくて、済んだのかな…。

あんたの未来、俺が潰しちゃったのかな…。


そう思ってしまう自分が嫌で嫌で仕方なかった。
大嫌いだ、俺なんて。
だってあんなにも楽しくて幸せだった日々は、ザックスがいたからで。
ザックスがいなかったらそんなの有り得なくて。

大切だったんだ…。
だって初めて、あんなに他人と分かり合えたのだから。
こんなにも宝物だったんだと、今更気付いてしまったのだから。


こんな俺をかばって命を落としたのに、俺はあんたとの約束を重荷にすら感じてしまう。




* * * * * * *


だいぶ前に書いたザックラ。
多分半年以上前www
途中だけど久しぶりに読んだらなかなか良かったのでうpしてみましたw

そのうち創作サイト作って完成品あげよう。

ちょwwwwww 

July 04 [Fri], 2008, 11:17

鈴木さんwwwwwww

P R
2008年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像タイラノ清盛
» お料理教室。 (2008年10月17日)
アイコン画像ダッチ伊藤
» お料理教室。 (2008年10月13日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» お料理教室。 (2008年10月12日)
アイコン画像猫男爵
» お料理教室。 (2008年10月07日)
アイコン画像きりひと
» お料理教室。 (2008年10月03日)
アイコン画像ゆりり
» お料理教室。 (2008年09月28日)
アイコン画像ハム太郎
» お料理教室。 (2008年09月26日)
アイコン画像ikumi
» お料理教室。 (2008年09月23日)
アイコン画像火星の後継者
» お料理教室。 (2008年09月15日)
アイコン画像コレコレ!
» うらやま。 (2008年05月19日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:サキ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1月27日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:短大生・専門学校生
  • アイコン画像 趣味:
    ・ペット-事情によりペット飼えませんが、ヌコ大好物です(*'A`)
    ヌコといつか絶対に一緒に住むって決めてますww
    ・音楽-筋金入りのGLAYヲタもといテルヲタです。

読者になる
Yapme!一覧
読者になる