帰り道★ジャパラヒネット 

2006年08月22日(火) 18時21分
いつもの帰り道の
空の色が青すぎて

このままどこか遠く
君と飛んで行くような

それから二人で見た
打ち上げた未来の日々が

ゆらりゆらり揺れる
未完成の模型

時計回り歩く日々で
良いのだと思えれば

それと同時に込み上げてきた
胸の高鳴り遥か

いつも君の声は
艶やかに駆け巡る

ひとひたりした後には
止まらないだろう

広げたこの両手に
かかえきれぬ程

足音にそよぐ風
永久がひとつ揺れた


離れても離されても
泣き止まぬ子供の様に

それでもいつの日にか
笑顔に変わるように

夜はやがて色を変えて
白い透明の中

吸い込まれては
浮かび上がって
はかなく流れ出した

いつも君の声は
艶やかに駆け巡る

ひとひたりした後には
止まらないだろう

広げたこの両手に
かかえきれぬ程

足音にそよぐ風
永久がひとつ揺れた


いつの日もそうだった
気がつけば思っていた

そうだろいつかの
終わりの日でも
誰かを想ってるだろ

いつも君の声は
艶やかに駆け巡る

ひとひたりした後には
なぜか嬉しくなったり

愛を知り歩く日々は
優しさの風と

共に歩んだ道は
あわい薄紅の色

共に歩んだ道に
風が二つ揺れてた

流星★FLOW 

2006年08月21日(月) 1時48分
夢へと向かう
永い月日を
がむしゃらに
走りながら

立ちふさぐ
大きな壁の前で
僕は迷い続けてた

諦めかけてた空に
月が泣いてる

二人の想い裂く様に
緩んだ気持ちが
奮い立つ

どんなに遠く
離れていても

僕達は繋がってる
夜空を見上げて
見ればほら

同じ星輝いてる

僕らはいつでも
一緒だから
どんな夜も越えられる

信じる気持ちを
とめないで
きっと夢は叶うから

..広がる夜空に天の川
僕たちの流れ星

???★HY 

2006年08月18日(金) 22時49分
自分の胸の中で
いつも喧嘩ばかりで

何故こんなにも苦しめるの
私を

歩けば転んでしまいそうで
悩めば答え
見つからないって

どうしてなのかな
涙流れて

みんなは凄いな って
思っていて

自分だけ辛いだなんて
うらやましがっていてさ

僕の事なんて
誰にも分かるはずがないよ

胸にしまい込んでいった
あの苦しみを

君?人には
見せたくはないから

君の心へ
僕をつれてってよ

君が見てる物を全て
僕も見たいから

僕にとって君が
君にとって僕が

?番近くにいれたら良いな

さくら★nobodyknows+ 

2006年08月18日(金) 4時48分

君は優しすぎるから
人と自分を区切るから
苦しみしょい込んで

きっと自分を追い込んで
いたんだろうね

もう苦しまなくても良いよ
君の行きたい所へ
お行きよ

ありがとう短い間
ごめんなさいと君が泣いた

舞い散る花びらと
共に消えてった
あの日の君はもう

重ねた気持ちズレたのを
気付かずにいたのは
僕の方

舞い散る花びらと共に
消えてったあの日の君はもう

大好きさ と伝えた時の様
同じ気持ちでいるよ

別れはいつでも切ないね

ついこないだまで
手繋いで 流した穏やかな時
失うリスクは大きい

忘れないでほしい
寂しさ埋める相手ほしい
とかじゃなく

ほんとに君が好きだった
ってこと
今でも好きだってこと

卒業哀歌★3B LAB. ☆ 

2006年08月18日(金) 4時22分
咲き乱れる花の中を
歩き出す

晴れた日よ ありがとう
感謝する

愛の賛歌に花束を
歩み寄れば 最後の日
十人十色流れて
帰れないはかなくて
自信と自由 嬉しくて

威風堂々胸をはって
生きていきなさい

震える声を出して
先生が言う

さみしい みんなと
離れるよ

晴れた日よ ありがとう
感謝する

校庭の中 松ノ木が
揺れている

卒業の写真には
松ノ木と写ってる

忘れて帰った アルバムに
たくさんの寄せ書き
嬉しくて

いつもの近道 歩いた道も
遠くなるけど

あふれる涙を置き去りに

威風堂々胸をはって
生きていきなさい

震える声を出して
先生が言う

さみしい みんなと
離れるよ

晴れた日よ ありがとう
感謝する



最後の最後で
心が一つになる
また会える そう信じて
張り裂ける 胸の中...

サンキュー★H.M.K.U 

2006年08月14日(月) 17時39分
人は誰も独りじゃ
生きて行けやしない

互いが互いを
いつもケアし合い

理解できない時は
話し合い

腹かかえるくらい
笑い合いたい

なのにこう時に
けなし合い傷付け合うの?
って気がしない?

バカバカしい程
君が好きだ

テレくさいけど
ちょっと本気だ

???★モンゴル800 

2006年08月14日(月) 16時24分
二人で笑い
歩んで来た道

これからもずっと
よろしくね

たくさん心配
かけてるけれど

変わらぬこの想い
受け止めて

強く抱いて

月明かりの下
優しく眠る

思い出は夏の
星空となる

もう帰らない
帰れない

貴女の傍以外で
私はね
輝かないの

そう
輝かない
二人包み時よ止まれ
永遠に

僕は右手
貴女は左手
ずっと手を繋ぐ

風の強い寒い日には
僕貴女の前に立ち

僕の全てをかけてでも
守ってみせる
永遠に

???★BULLDOGS 

2006年08月14日(月) 13時12分
あぁ不安とか
期待とか言うもんは

一瞬で消えて
一瞬で膨らんで

あぁうるせーよ
風が窓を叩いてる

今にも割れそうさ
まるで誰かの心の様

ピンクに染まった妄想は
今夜も俺を上手くは
寝かせてはくれなくて

布団に包まって朝を待つ

この俺はもう本当に
駄目かもしれない

等身大のラブソング〓Aquatimez 

2006年08月14日(月) 11時44分
お前が何かに
傷ついた時に

お前が自分を
責めてしまう時に

俺はギュッと強く
抱きしめるだろう

そして耳元で
こう言うだろう

人間ってそんな
立派な者かい

人生ってそんな
カッコイイ物かい

誇れる物だけ
じゃないさ
人間だろう

全部抱きしめて
ほら顔上げなよ
2006年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:6040212
読者になる
Yapme!一覧
読者になる