パーマ・カラーリング・ヘアーライトナーと髪の関係 

February 26 [Tue], 2013, 15:12
パーマ

パーマは、強力な化学剤によるヘアー(コルテックス部)への化学的処理であって、ヘアーを傷め、弱くすることはあっても、ヘアーの為にはなりないでしょう。ちなみにさしあたって、行なわれているのは、コールドパーマと言う方式です。

たとえぱ、パーマをつけるには、パーマ液を用居ますけれど、これは、コルテックス中のシスチン結合に作用しましょう。シスチン結合を液によって切ったりつないだりして、パーマを造りあげるのです。しかし、そのときにヘアーのたんぱく質が溶けてしまうことがわかっている。

それに、コールドパーマで使われるバーマ液のチオグリコール酸と言う化学物質が頭皮に長く付着したり、頭皮に傷があったりすると、カブレを起こし、ひいてはヘアーを傷めます。
利用する液剤は、こまかく規制されて居ますけれど、けっして無害と言うわけではない。ヘアーは内部のたんぱく質を失うことで、光沢を失いがちになります。もちろんパーマを重ねるたびに、ヘアーの強度は減少していくのです。
ヘアーライトナー

ヘア・ヘアーライトナーはヘアーの本体ともいうべきコルテックス(毛皮質)からトーン素のメラニンをとりだしましょう。メラニンが黒トーンをだするのなので、其れらのぞくだけでヘアーはビビットカラーになります。
ヘアーライトナーでは過酸化水素水をブリーチとして使っているので、その濃度や作業のやり方にミスがあると、ヘアーを傷めたり、ヘアーを切断したりしてしまうことになります。
ヘアダイ

それに、リタッチ剤を用いてヘアーライトナーと同時にリタッチをするのけれど、ヘアダイです。ヘアダイをするときは、いつも必ず、アレルギー反応が起こさないかを、チェックすることが義務づけられている。

これまでなかったのに、あるシーズンから突然花粉症に成るように、アレルギー反応はいつ起きるかわかりないでしょう。ちょうどバケツの中に水を入れていくと、いずれあふれ出るように、化学物質にさらされつづけていると、いつか反応を起こすときがくることがあります。
いままでヘアダイでアレルギー反応がなかった人も、そのつぎはどう成るかわかりないでしょう。必ずパッチテストをして、アレルギー性皮膚炎が起きないことを確かめることです。


いずれにせよ、ヘア・ヘアーライトナーもヘアダイも、ヘアー自体の為には良いことはありないでしょう。ヘアーはケラチンと言う繊維状たんぱく質で構成されている。しかし、パーマ液やヘアダイ等を利用するとその結合を弱めてしまうのです。髪に効くお勧めなもの

あれにより、ヘアーは保湿性がなくなり、パサつきやきしみ、切れ毛、枝毛となってしまいる。とはいえ、パーマやヘアーライトナーは現代女のオシャレの必須アイテムともいえる存在となっている。そこで傷んだヘアーのおケアには弊社の髪パックをおすすめしましょう。

傷んだヘアーを補修する為に、ヘアーと同じケラチンたんぱく質を加水分解した加水分解ケラチンけれど、ヘアーの内部まで浸透。さらにビタミン類とシルクエキスによって、失われたヘアーのうるおいとハリを取り戻しましょう。
繰り返しますけれど、ヘアーの脱トーンやヘアダイに用いられる過酸化水素や染毛剤も、手違いがあるとヘアーを傷めることがあります。どうやってもパーマやヘアダイをしたいと言うのなら、技術にぜったいの信用の置けるところでお願いするべきです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:5z49fgp8
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる