戦闘史 三方ヶ原の戦い 第五回

September 09 [Tue], 2014, 19:50
 徳川・織田連合軍が森林や山などを利用した退却戦、迎撃戦、ゲリラ戦、夜襲などについて、以前の記事から何度も触れていますが、その根拠の一部から話を展開したいと思います。
 それは結論から言うと、こうです。 
 「武田騎馬隊が当時最強と言われていた、としても、それは所詮、見通しの良い地形、原野などが前提であって、馬が通りにくいタイプの森林、山などになったら、騎馬軍団などあまり戦力にはならない」・・・これに尽きます。
 それに輪をかけて武田側がその地域の地形や地質、林などの樹木の生え方、などに疎かったなら、騎馬隊など大した戦力にはならないのではないでしょうか。
 退却する側の軍、或いは地理に詳しいは側の軍は林の中には様々なワナや兵器を仕掛けられます。
 それは丁度、ベトナム戦争時のジャングルでベトコンが仕掛けた落とし穴、隠し槍、隠し矢、etc (挙げたらキリがないでしょう。)で米軍部隊を苦しめたのに同じだと考えられます。
 中世の当時では戦闘員だけでなく馬も嫌がる可能性はあったと思われ、これでは効果としは馬防柵と同じで、武田軍は進軍どころではなくなるケースは多かったと思われます。
 騎馬隊がいなくても武田軍は甲州などの山がベースだったので、慣れた土地での山岳歩兵戦はある程度強かったと思われますが、密林に近いややなだらかな地形の場所での戦闘、特に不慣れなそう言った地域での戦闘能力はあまりなかったと考えています。
 そして「家康の徳川軍は野戦が強かった」という定説は私も同感です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kaisekimania
  • アイコン画像 性別:男性
読者になる
このブログでコメントは受け付けしますが、原則公開はしません。
悪意のないコメントであっても私なりの観点で承認、公開できない場合にコメント投稿された方と感情的な問題となることも有り得るからです。
コメントは稀にブログ内でご紹介するかどうかもわからない、と言う位になると思います。
アフィリエイトの採用商材については、ご要望があればコメントして下さい。できるだけ設定します。
情報解析に要する資金と時間には報酬金額がより多くあった方が良いのと、より充実した分析内容を公開でますので。
尚、ヤプミーの機能は現在の所、使う予定はありません。
2014年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/5w194af3ce5djg/index1_0.rdf