結婚指輪は、こだわって選びたい 

May 04 [Tue], 2010, 16:05

結婚指輪は、こだわって選びたい

結婚指輪(マリッジリング)の選び方で大切なのは、デザイン、素材、そして永く愛用するために必要な着け心地。これら3つが、満足のいく結婚指輪(マリッジリング)を購入するためのポイントです。

結婚指輪(マリッジリング)の素材選びで人気なのは、何十年経っても白い輝きを失わない特性のプラチナ。

結婚指輪(マリッジリング)は、結婚式の半年〜2カ月前後かけて探しているケースが大半です。

右手の薬指には、創造性や霊感を高める力があるとされ、婚約指輪(エンゲージリング)を結婚式の当日に右手の薬指につけるといいという説もあります。

婚約中の女性だけが身につけられるという「特権」を持つ婚約指輪(エンゲージリング)。

結婚指輪(マリッジリング)の準備は、結婚式直前で慌てないように、結婚式の3カ月前には決定を。

結婚指輪(マリッジリング)は結婚した男女が日々、日常的に身に着ける指輪で、挙式の結婚誓約後に交換します。

婚約指輪(エンゲージリング)は、「必ずあなたと結婚する」という誓約の証として贈られたもだだそうです。

プラチナの結婚指輪(マリッジリング)は、白い輝きと、汗や酸に強い耐久性が特徴。何十年経っても白い輝きを失わないことから、結婚指輪(マリッジリング)の定番として人気です。

古来から指輪は太陽や月を象った、完全無欠のシンボルと言われてきました。

婚約指輪(エンゲージリング)は、プロポーズや結納の際に贈られるケースが多いです。

婚約指輪(エンゲージリング)を贈る習慣が生まれたのは、紀元前1世紀頃の古代ローマだそう。

愛の力が宿るこの指に結婚指輪(マリッジリング)を着ける事で、心に愛が伝わり、永遠の愛が守られる!ということ。

結婚指輪(マリッジリング)は、着け心地にもこだわりたいもの。結婚指輪(マリッジリング)は、毎日身に着けるものなので、デザインだけでなく、実用性も重要。

結婚指輪(マリッジリング)の製作に時間がかかるオーダーメイドの結婚指輪(マリッジリング)も考えて早めに動く、という、こだわりカップルも増えています。

結婚指輪(マリッジリング)は、既製品でも内側の刻印や、サイズ調整だけで約3週間位かかります。結婚指輪(マリッジリング)をオーダーメイドする場合は、2カ月前位にはデザインを決めておくのが無難と言えます。

既製品の結婚指輪(マリッジリング)でも、最近はデザイン性、ファッション性の高いものが多く、セミオーダーやフルオーダーなら、素材の組み合わせも自由自在。お店の人と相談しながら、2人に合った結婚指輪(マリッジリング)を購入して。

欧米の結婚指輪(マリッジリング)の主流はゴールド。特にホワイトゴールドは日本人の肌に合うと言われています。価格もプラチナに比べて安価です。

結婚指輪(マリッジリング)のフィット感は、デザインや人によっても好みの感覚は異なるので、結婚指輪(マリッジリング)は試着して確かめて下さい。

ゴールドには、他の金属を混ぜていろんなカラーが表現できます。その代表はホワイトゴールド。温かみのある白さ、柔軟性に富んだ加工のしやすさが特徴で、さまざまなデザインの結婚指輪(マリッジリング)が可能です。ほかにも、ピンクゴールドやグリーンゴールドなどがあります。

左手の薬指に結婚指輪(マリッジリング)をするのは、古代エジプト、心臓と「愛の静脈」で繋がっているという言い伝えに、「誓い」の意味がプラスされたもの。

世界に一つだけの婚約指輪(エンゲージリング)や、一生身に着ける結婚指輪(マリッジリング)は、こだわって選びたいもの。

継ぎ目のない指輪は、エターナル=永遠を象徴しています。

デザインをオーダーする場合、デザインの幅は無限大です。結婚指輪(マリッジリング)のサイズや、結婚指輪(マリッジリング)の太さや丸み、模様や彫りのモチーフ、石をつける位置など、オーダーメイド結婚指輪(マリッジリング)なら、世界で2人だけのデザインにすることも可能です。

肌なじみがよい点で、支持されているのがゴールドの結婚指輪(マリッジリング)。欧米ではプラチナよりもゴールドのほうが、結婚指輪(マリッジリング)としてメジャーな素材です。

結婚指輪(マリッジリング)の交換の儀式を境として、夫婦として社会的に認められます。

婚約指輪(エンゲージリング)は「変わらない愛」を、結婚指輪(マリッジリング)が「途切れない絆」を象徴しています。

紀元前1世紀頃の古代ローマでは結婚よりも婚約という約束が重視されました。

結婚指輪(マリッジリング)は、婚約指輪(エンゲージリング)に比べて加工が簡単、時間がかからない、と思っている人もいるかも知れませんが、それは間違いです。手が大きい男性には、指のサイズに合う結婚指輪(マリッジリング)が少ないケースもあり、特注となる場合もあります。

結婚指輪(マリッジリング)の素材には、プラチナ&ゴールド、マット&光沢など、異なる素材の組み合わせを楽しめるコンビの結婚指輪(マリッジリング)もあります。普段、ファッションリングとして身につけるアクセサリーにゴールド系が多い場合、コンビの結婚指輪(マリッジリング)を選ぶと、コーディネイトしやすくなります。


[結婚指輪]  [ペアリング]  [彫金教室]  [指輪サイズ直し]


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:5num5
読者になる
2010年05月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる