自動車メーカーの淘汰

March 28 [Sat], 2015, 13:00

自動車メーカーの淘汰が始まるのは1905年ごろからで、
水冷4気筒エンジンが一般化して、いい加減なクルマでは通用しなくなった。

アメリカでの技術的な進化は、
性能向上より使い勝手を良くする機構の革新のほうが多いのが特徴である。

良いクルマをつくれば売れるはずだ、
という技術に重点を置いたメーカーがヨーロッパで多かったのに対して、
アメリカでは顧客が購入する魅力的なクルマをつくることと、
いかに効率よく生産するかのほうが重要だった。
自動車づくりが、最初から事業として捉えられたのがアメリカのスタイルであった。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:5b3y7
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/5b3y7/index1_0.rdf