バージニア工科大銃乱射事件について語ってみる。3

April 22 [Sun], 2007, 16:22
バージニア工科大銃乱射事件からはや1週間が過ぎだんだんと過去の事件になりつつある。

あの事件は身勝手な被害妄想のキチガイが起こした思い出すのもいまいましい事件ではあるが忘れてはいけないひとつのエピソードがある。

校舎で銃声が聞こえたときにユダヤ人の老講師がドアを押さえて生徒を逃がし、その後犯人に射殺されたとゆう話である。

しかもその講師はかつてドイツのアウシュビッツに囚われていたとゆう。

学生の身代わりで犠牲に=ホロコースト生存者の講師−米乱射事件
(時事通信社 - 04月18日 13:00)
 【ニューヨーク17日時事】米バージニア工科大学で起きた銃乱射事件で、教え子を守るために自ら犠牲になったイスラエル人講師が、ナチス・ドイツによるホロコースト(ユダヤ人大虐殺)の生存者であることが分かった。AFP通信などが17日に伝えた。



 この講師はリビウ・リブレスク氏(76)。リブレスク氏の授業に出席していた学生によると、同氏は銃声を聞くとドアを押さえ犯人の侵入を阻止し、学生らに窓から逃げるよう指示。学生が逃げた後、同氏は犯人に射殺されたという。



ドイツで九死に一生を得た老講師はアメリカで生徒をかばって死んだ。

痛ましい事件のように書かれているがこの老講師はむしろ本望だったのではないか?

ドイツのアウシュビッツで「いわれのない死刑」を待っていた若かりし頃。

その彼が同じように「いわれのない死刑」を目前にした教え子を助けて死ぬ。

これが天が彼に与えた「やるべき事」、言い方を変えれば「彼がこの世に残すべき爪あと」だったのではないか。とそう思う。

別に死ぬべきだったとかそうゆう事ではなく死ぬ事によって伝える何か。

彼が身体を張って死ぬ事で成した事はこのクソいまいましい事件の中でたったひとつの救いになってる気がする。



使うべきときに使った生命は永遠に残る。



畳の上で死ぬだけが幸せではない。

死ぬ事によって何かを伝える。

こうゆう死に方をしたいなぁ。

バージニア工科大銃乱射事件について語ってみる。2

April 19 [Thu], 2007, 22:20
バージニア工科大で32人を「虐殺」した容疑者は犯行前にTV局にこういう動画を送りつけていた。

◇チョ容疑者から米NBCテレビに送り付けられた動画の主な発言は以下の通り。

 お前たちには、今日(の惨劇)を避ける1000億回のチャンスと方法があったんだ。だがお前たちは私の血を流すことを決めた。お前たちは私を追い詰め、たった一つの選択肢を私に与えた。決めたのはお前たちだ。いまお前たちの手は二度と流し落とせない血に塗られるんだ。

 私はやらなくたってよかったんだ。去ってもよかった。逃げられたかもしれない。だが私はもう逃げない。私のためでなければ、私の子どもたち、兄弟姉妹のだめだ。彼らのためにやったんだ。

 お前たちは私を苦しめるために愛したんだ。お前たちは私の頭の腫瘍を愛し、私の心にある恐れを愛し、私の魂を引き裂き、哀れな1人の少年の人生を消し去った。ありがとう、お前たちのおかげで私は、弱く無防備な人々を奮起させるため、キリストのように死ぬ。

 顔につばを吐きかけられ、のどまでゴミを押し込まれる気持ちがわかるか。自分自身の墓を掘る気持ちを知っているか。舌が耳から耳まで切り裂かれるのがどんな気持ちか、わかるか。生きたまま火をつけられるのがどんな気持ちか、わかるか。屈辱を与えられ、十字架に突き刺され、お前たちの楽しみのために、血を流しながら死ぬまで放置される気持ちが、わかるか。

 お前たちは人生で少しの痛みも感じることはない。お前たちは私たちの人生に、みじめな気持ちを味わわせることを望んでいる。なぜなら、お前たちにはそうする力があるからだ。お前たちは望む物をすべて持っている。お前の高級車も、金のネックレスも、投資ファンドもたくさんだ。ウオツカもコニャックも、お前たちのぜいたくざんまいも、たくさんだ。お前たちはすべてを持っている。時が満ちた時、私はやった。やらざるをえなかった。



すでにこの世にいないこの最低にクソな犯罪者にもし問えるならこう問おう。

世の中で苦しんでるのはお前だけか?

たとえ苦しんでいたとしてもお前に32人の前途ある人間、もしくはお前などが思いもよらない経験をしてきた人間の命を奪う権利があるのか?

声明の中で「家族が勇気をくれた」的な事が書いてあるがお前の祖国に残された家族は「歴史的な犯罪者の家族」として生きることを望んでいたのか?



お前が最後のよりどころとしていた家族は彼らが死ぬまで「歴史的な犯罪者の家族」とゆうレッテルを貼られ、生きる。お前のせいで一生恥ずかしい思いをしながら生きる。

それは自分が辱められることよりも数倍イヤなことだ。

100歩譲ってもし学内で肩身の狭い思いを抱かされていたのならなぜ戦わない。

お前には握るべき手があり、外国にいけるだけの頭もある。何より親からもらった身体がある。

男に生まれたならなぜ戦わない?

お前はアメリカに行って銃とゆうアメリカの弱者の武器に頼り「無抵抗の若者の」命を奪った。

9回生まれ変わってもこの罪は消えないだろう。

地獄で詫びろ。永遠に。

バージニア工科大銃乱射事件について語ってみる。

April 19 [Thu], 2007, 1:33
バージニア工科大学銃乱射事件。

この事件で32人もの若者の命が一人のキチガイ学生によって奪われた。

人が人を殺すということ(しかも同じ釜のメシを食っていた人間を32人も)は一体どういう感情で行われたものなのかはわからない。

ただ思うのはこれはあっていいことではない。

もし生きながらえていたとしても、死刑になるにしてもガスや絞首刑などで一瞬で死なすのではなく32人分の痛みや絶望感を味わうぐらいの死に方こそがふさわしい。

こうゆう事件がある度に思うのは死刑制度の廃止を唱える人たちはこうゆうことがあっても死刑は廃止すべきだとゆうのか。

一度死刑制度を反対する人が書いた小説を読んだが死刑囚が死刑前にまるで別人のように改心した的な事が書いてあってそれを理由に「こうゆう人がいるのに死刑にしてしまうのか?」とゆう問いかけがあった。

じゃああれかい。

殺された人たちの家族の気持ちは?

あんなことしてもこんなことしても死ぬことはないんじゃ。と考える人間への「抑止力」の効果は?



まぁ、話はそれたが俺が言いたいのはこうゆうやつは極刑ですらなまぬるい。指を一本一本切り落として「生きててごめんなさい」ぐらい言わさにゃいけんのじゃないってこと。

てか1人殺しても死刑にしろよ。

もしそれなりの理由があったとしても(32人も殺すやつにそんなんがあるとは思えんが)極刑だと言われても従容と死におもむくぐらい堂々としてろってこと。

それが人を殺すってことじゃないかと思う。



俺が推理小説がキライなのもトリックとかで罪を逃れようとするところ。

ほんで事が露見したら理由をえらそうに語るってか。

ざけんな!それだけの理由があるんなら堂々と殺して罪に服せよ!!

それぐらいの責任取れっつーの。



とえらそうに語ってみる。

でもヤなじけんだね、ほんと。

こんな救いようのない事件だがただひとつ救いのある話(こういっては失礼だが)があった。

ちょっと時間がないので次の機会に。

意図を考えること。

April 06 [Fri], 2007, 19:46
俺はスポーツはアメフトやサッカー、読書は時代小説や涙ものそしてマンガ、あとゲームもやれば議論も好きという多岐にわたる趣味をもっている。

その中で一番とも言える趣味は「人が行った行為の意図を読み、それを思案する」である。

人が行う行為には必ずしも意図があり、その意図によって人は動いているという考えによるものだ。簡単にゆうと
「なんでこいつは今こうしたんじゃろ?」
とゆう事。

ただしまったく知らん人は読むべき行動も意図も見当がつかないので知り合い以上限定だが。

これはこれでけっこう楽しい。
何より考える習慣がつくので個人的には気に入っている。

もともとは戦争好きな俺が指揮官になったつもりで敵の意図を読むところから始まったこの趣味はアメフトをやり出して具体的に作戦を読むようになり最近は次の手を読むべく注意するようになった。



欠点は深読みしすぎるところ。

それと意図が読めないほどトリッキーな奴は苦手だ。

この趣味とゆうかクセは続けて行こう。考えすぎて動きが鈍くならない事を前提に。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Hata-D
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1979年6月25日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:京都府
  • アイコン画像 職業:その他
  • アイコン画像 趣味:
    ・スポーツ-アメリカンフットボールのディフェンスをこよなく愛す
    ・映画-アル・パチーノをこよなく愛す
    ・音楽-風味堂をこよなく愛す
読者になる
他には…
・メールで絵文字は使わねー
・身内にウソはつかねー
・考えさせられる映画、漫画を好む。
などそんなこだわりB型27歳のヤプログでございます。
2007年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像HD
» 初ヤプログ! (2006年12月04日)
アイコン画像のぞみ
» 初ヤプログ! (2006年12月03日)
Yapme!一覧
読者になる