読書感想文「天国までの百マイル」。

August 27 [Mon], 2007, 22:21
「天国までの百マイル」(浅田次郎著)を読んだ。

幸せな生活を送っている四兄弟のうちで唯一ダメな中年男が重病に瀕していた母の命を救うために100マイルも車を走らせて手術を受けさせるとゆうのが大まかな話だったがそれに付随するストーリーが味わい深かった。



・100マイル走るために必要な車を与えてくれた旧友。
・100マイルを走る時に困窮した主人公に金を放った馴染みの金貸しのヤクザ。
・母を生かすために完璧な投薬治療をしてくれた内科医。
・ダメな主人公をただひたすらに愛する情婦マリ。

それら全て人達の善意が主人公に100マイルを走りきらせてくれた。



中でも特にひたすらに主人公を愛するマリは都合のいい女になっても自分が悪者になっても主人公に尽くす。

彼女にとっては愛する事って幸せだから愛する人がどうしたら幸せになるのかそればかり考える。


月並みな言葉はチープになるからイヤだがやはり「愛するっていうのは、その人の幸福を願うこと」ってことなんだろな。

例え自分が犠牲になっても、自分が悪者になっても、自分の手に入らなくても。

人を愛するってのはこうゆう事かもしれんなぁ。

人を愛する事を思い出させてくれたこの本に「ありがとう」と思いたい。
最後に一番共感した文を書きつらねよう。少しでもこの気分を長く覚えていられるように。



「幸せをくれた人たちには、ちゃんとありがとうを言わなきゃいけないでしょ。
だからね、好きになった男の人には、できるだけのことはしますよ。だァれもあたしのことを好きになってはくれないけど、あたしが好きになったんだから、やっぱりありがとうです。
だって、愛されることは幸せじゃないけど、愛することって、幸せだもんね。毎日うきうきするもんね。」
  • URL:http://yaplog.jp/55hiro/archive/29
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Hata-D
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1979年6月25日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:京都府
  • アイコン画像 職業:その他
  • アイコン画像 趣味:
    ・スポーツ-アメリカンフットボールのディフェンスをこよなく愛す
    ・映画-アル・パチーノをこよなく愛す
    ・音楽-風味堂をこよなく愛す
読者になる
他には…
・メールで絵文字は使わねー
・身内にウソはつかねー
・考えさせられる映画、漫画を好む。
などそんなこだわりB型27歳のヤプログでございます。
2007年08月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像HD
» 初ヤプログ! (2006年12月04日)
アイコン画像のぞみ
» 初ヤプログ! (2006年12月03日)
Yapme!一覧
読者になる