行動を起こすしかないってわかってる 

September 25 [Tue], 2007, 22:46
わかってるけど進めない。
こうすべきだって頭では分かってるけど、なかなか前に
踏み込めない。進めない。

自分の思うようなことが、すべて行動に現表せない。
相手がこうすれば、いい気分になるだろうな、相手のためになるだろうな

そんなことが頭によぎっても、実行すだけのキャパがない。
漠然としたイメージ、ゴールイメージはできても、そのため具体的にどうすうれば
効果的かを考え、実行することが出来ない時だってある。

今日は堂だっただろうか。

今日は、フォローに行ってきた。

1人でインターンをするtことって、きっと黙々とした事務作業のときは
つまらない、と思うかも知れない。
そういう時に、話し相手がいると業務にもハリが出て、楽しく他隼作業でも
進むかもしれない。
私がきょうすべきだったのは、そういうことだった。

でも、実際、手伝いや、インターンが上手く言っていることを確認できた
こそすれ、気の利いた言葉で会話を盛り上げることは出来なかった><

役不足。。
こういうキャパばっかりは、人柄が出るよなー。というか普段の生活で差が
出てしまう。

最近思うのは、知識や才能の重要さよりも
普段どう生活しているかで、だいぶ人のキャパの差って出るなということ。

何気ない、些細かもしれない行動の段取りにせよ、
何かプロジェクトを立ち上げるときにせよ、普段どれだけ時間を有効に使っているか、
具体的には、
目の前にある現実をしっかりと把握し、それに対して自分の持っている
引き出せるアイディアを頭振り絞って考えられること。
目の前のものに興味を持つこと。
目の前の現実に、当事者意識でもって臨むこと。
どうしたら、効果的か、いい結果になるかをしっかり考えること。

目の前に関わるであろう全てのものへの影響をきちんと考えられること。

これを手際よくできたら、一人前なんだと思う。
段取り良く、繋がりをスムーズに、論理に矛盾が無い様に取り組めれば、
自分なっとくさせることができるんだと、思う。

これが、ほしかった。

半年前、絶対身に付けてやる!!と思ったことだった。
こういう段取りのある人間になりたくて、わざわざNPOのスタッフになろうなんて
思った。
誰かの役に立つようなアプローチは、何もPOでなくともデキル。
他にも方法は色々ある。

でもあえて選んだのは、組織を非営利で学生が運営すること
は責任こそはあるが、自分を試す最後のチャンスなのかなと
いう思いが直感的に湧いた。

営利目的の企業だって、勿論、社会貢献はしている。
ニーズのあるものを創るということは現に「役に立っている」といえるのだと思う。

でも、学生のNPOだからこそ、失敗しながらも成長できる最高の場所
だと思った。



でも、できなかった。

自分の満足いく達成度を出すことができなかった。
目的意識を段階ごとに持ち、責任もって行動することができなかった。

自分を試すことなんて、到底できなかった。
これは、私の怠慢と、全ては受身の姿勢と不必要な気の使いすぎに
よるものだ。

自分を変えることは勿論出来た。「私」は瞬間瞬間に更新されている。
そんなの当たり前。

このブログにログインする前の私とこの日記書き終わった後の私も、
別人。

だって、その間何かしらインプットはあるし、ひらめきもある。


でも、なりたい自分にはなれなかった。
辛い時、ホンキでぶつかれて、切磋琢磨試合いい意味で(依存する、というのでは
なくて困った時に)頼れるなんて仲間いなかった。

正直、一人で頑張るのはきつかった。
プレスリリース投げにいくのも、あれこれ段取りを決めるのも。
MTGの合間も。

うんざりだった。
業務はやりがいがあったけど、チームがきらいだった。
MTGもきらいだった。

拠点のメンバーなんて、大嫌いだった。
MTになんて入る意味がないと思うときすらある。



すごテキパキと仕事をこなし、段取りの「いいメンバーを
すごいと思いつつも
議論がCSにそぐわなかったり
馬鹿みたいなだんそりにうんざりすることもあった。

ひとりになったときに、何度も何度も泣きわちらした。













































































ものおもう 

January 23 [Tue], 2007, 2:38
守りたい人がいるとします。
力になりたい!!と思う人がいるとします。
その人の助けになるようなことがしたい、応援したい。
そんな風に思える人がいたとします。


その場合に自分にできること。

その一つとして、その人のやりたいこと・やるべきことを、出来るような環境づくり
をすることが、挙げられると思います。

その人の気持ちを聞いて、置かれている状況をきちんと知って
その人を受け止める。
そしてその人が行動しやすいように見守るということ。

私ができたことはそれだけでした。


でも、気づいたことがあります。
果たしてそれだけのことで、本当にその人の役に立てたのだろうかと。

私の場合に限った話ですが、私が思ったこと、それはNOでした。

もっと出来たことがあった。

その人がやるべきことでも本人が苦戦していることや出来ないことを
手伝う、代わりにやるということもすべきだったんじゃあないかと。

出すぎたことをしてはダメだとか、本人がすべきことを私がやるのは
失礼だとか

思うのは、単に私自己満であって、
私の想像の領域で、本当に相手のことを考えた行動
とは言えなかったんじゃないか。
考えてるつもりになってただけだったんじゃないか。

もっと、ちゃんと、その人のことを考えたかった。

だって、自分にできたことはもっとあった筈だったから。

それに気づかされたのは、本当に守りたい人をきちんと
守っている人の行動を見た時だった。


反省は次に活かさないと反省じゃなくなっちゃう!!
こんなにへこんで、反省したんだから
絶対今後に活かしてやる!!!

もっと笑顔が見たい。
自分ももっと笑顔でいたい。

理想ばっかじゃ生きれないけど
しっかりとした目的や目標をもつことは
それだけで生活にハリが出る。

そしてその目標のために活動していくことそれ自体にも意味があるし、
活動していく中で新たな意味が加わってくるのも面白い。

守りたいもの・守りたい人は大なり小なり自分の周囲にいてくれる
ことがすごく嬉しい★
















あけおめ☆ 

January 02 [Tue], 2007, 0:44
Happy New Year!!!!!
今年もどうぞよろしゅうお願いしまーす☆

昨年は空回りの年だったなー。
とんがってばっかりだったし、ハリネズミとか言われるしww

今年はなんか、自由に動き回れそうな気がする!!
(あくまでも気がするだけ。)
てか、今になって何故か人生を楽しめる気がしてきたんですよ笑
今までいっぱいいっぱいで、十分に「今」を楽しむことが出来ないときが
多かった。

今年は針は捨てるけど、牙を取り戻そーかなって思います☆
好き勝なようにやらせてもらうぜ!!
スピーチも、NPOの活動も、そしてプライベートも。
ただ、あたしに足りなかった「思いやりの気持ち」を
常に持つように心がけます。
周りをもと良く見て、行動できるようになりたいわー。

自分も周りもhappyになれるように。

ESSのほうはもう、主役の座が入れ替わって
ちょーっと寂しいし切ないけどけど楽しい思い出が
出来たんで
思い残すことはないさ(・∀・)
てか、スピーチの場合まだ引退じゃないし笑
ばりばり居座るもんねーーっ
フレスピは実行委員長だし、マネージとりまとめる側
なるしねー。
でも後輩たちを働き蜂にしてあたしは指示出すだけ
かなww

スピはOP大会ふつーに出たいし、てか出るし、指導もするし。
指導たのしーんだもん
介入するんで覚悟しとけYO☆

NPOの方も慣れてきた?かな。
今では、タスクの多さにびびるはPC使いこなせないわ
メンバーこわい(笑)わ
でめっちゃテンぱってた時期が懐かしいとさえ思えるようになった。
今は冷静に作業できるようになったかも。
前に比べれば、の話だけど。

ポジティブに物事を考えられる・受け止められるようになったということと
些細なことでも、それを十分に楽しもう!!と思えるようなモチベが
あたしに備わってきたこと
が大きいですな。これも以前の自分に比べればの話だけどw

うん、あとは授業出ればなんか大丈夫な気がしてきた!!(何がだよ)
単位とれるかしら〜

授業は全然いけなかったよー><

でもね、残りの4セメ皆勤めざすもんね!
屑なじぶんとはもう決別いたしました。
(1ヶ月しかないけど。。手遅れかもだけど)

この3ヶ月払った犠牲の代償は大きすぎる。。

とりあえずたまった課題を片すよ。

3日に北海道在住の幼馴染に会ってくるけど
それ以外、残りの冬休みは寂しいことに
親戚まわりとかNPOのミーティングくらいしか予定無いんで
ほぼレポートに費やせる♪

レポートがんがろーッ
おーーーーーーーっっ








しみじみ 

December 24 [Sun], 2006, 13:50
ちょー長いですよ、この日記。
なんでクリスマスイブにこんな長い日記
書くほど、あたしは暇人なんや!!

そう、今日以外予定埋まってるのに
何故か今日だけスケジュール帳空欄なんですよね〜

UFO行く予定だったけど、やめました。
1/9まで

レポート5個くらい溜まってんので、
課題やることにします、今日は。
それから家族とお祝いですww

なんでかな〜??????


◆閑話休題(ぱくりんご)◆

東北オープンが、17日に終ったんですね〜。
これで、2年も引退か〜

みんなで作り上げた2006年のESS。

来年も各セクションでの活動は勿論あるから、
実質の引退ではないけど
あたしもスピーチ大会出たりマネージしたり忙しいんだろうけどな

でも、
もう、このメンバーみんなで大会やイベントをマネージすることは
ないだって思うと、切ないな〜
みんなでメインでESS全体を引張っていくことがないんだって思うと。

思い出だすのが新歓時期。
あれが始まりだったんだよね〜

現3年生ってすごいなって実際新歓イベントをこなしていく
うちに実感した。
全体の新歓しつつフレスピパンツのハントも地味に大変だった。

きっと1年生にとってやかましいオバサンだったことだだろう笑
ESS全体の魅力を伝えることとセクションイベント成功のための営業ww

時には、2年てそこまで気を遣うと逆にうざいんじゃないかとか、
自分の行動の鈍さに自己嫌悪と反省を繰り返したこともあった。

2年は飲み会でも全然食べれないし飲めないし
最後に潰れた1年生を介抱したり担いだり。。
アッパーからの非難を浴びたり。。。

新歓の飲みはBBQ以外全部でて、
春休み稼いだバイト代、全部使い果たしたって苦い
こともあったり。
当時ニートだったので痛かったなあ。。
あ、今もニートですけどww
求職中です。早くフリーターになりたいよう

(いや、話戻るけど、サマキャンとベーシックディべ3次会は
潰れてしまいました。。特にサマキャンはごめんなさい><。。)

2年ってどっかMなところがないと出来んような気がした。
表立った活動だけじゃなく、すごく地味な作業も多かった。

でも1年生がいっぱい集まってくれて嬉しかった。
私が惹きつけたわけではないけど、
東のカリスマ性とか広人のケアとかみんな凄く頑張って
そのオーラが新歓のキーになった。

ほんとお疲れさま!!!!!!!!!
みんなまじで大大大大大好きです☆
ESS愛してます、この場を借りて、告らせて頂きますわ♪

うちらは仲良く群れたりすることは無かったけど
小党林立だったからこそ結果的に上手くいったってのも、
今思うとあるような気がしないでもない(多分)

ESSの保守的なところとか、独裁体制なとことか
嫌で悩んだりしたけど、結果オーライですわww
これをキープするのも大変なことだと思うし。

いっぱい笑ったし泣いたし、騒いだり暴れたり(!?)
したのも、いい思い出です。

ESSに入ってなかったらきっと、
「ハリネズミ」な尖った私はいなかったでしょう。
きっと、ふつーの女子大生みたいに毎日化粧したり
勉強もしつつデートにバイトに忙しいよ〜とかいう
ふつ〜に楽しい大学生活を送ったりしてたんじゃないかと思う。

英語でスピーチすることもなかっただろうし、
一発芸やったり酒乱になったりせずに済んだ事でしょう。

OPが世代交代の区切りのイベントって言えるわけだけど

オープン
当日は、もう、これでもかっ!!!てくらい号泣!!!!!!!!!!!!!
あたし、クールにカッコよくMC勤め上げることが出来ません
でした〜
Let it beはやばいですわ〜涙そそいます

ディス中の自分の発言や行動は全く覚えてないんだけどね笑
てか、わたしの今までのディス経験の中で、
一番喋れなかった!!
3回ぐらいしか、発言出来ませんでした。
私のはったりが通用する場ではなかった。。
ディスセクメンバーってすごいね。

ほぼ徹夜で居眠りこきそうなのを必死で押さえてたよ〜><
でも寝ませんでしたよ
当日前夜はネムカの残り作ったり、何故か、
ま○彦の家でプライズの米つめたりしてたなあ。

こんな涙涙のOP。打ち上げ2次会では
1年生が花束と色紙をくれました。

その気持ち、すごくうれしかった〜
4セメはスピーチ指導や平常時のセクション活動の
企画・マネージばっかりやってたから
スピセク員とばっかり絡んでましたね〜

だって指導楽しいんだもん♪
ほぼマンツーマンでしたが。

そういうわけか他セク員の方からは酒豪なコメントばっかり
頂きましたけど〜
ひどくない!??

あたしなんてまだかわいい序の口レベルですよ。
もっと酷いのいっぱいいりのよ〜><


そんなこんなで、来年もESSに居座るので
覚悟しといて下さい。

そして、特にアッパーの皆さん、これからも遊んでください☆
わがままを言えば、飲みもいいんですが、バイキング希望です。


ではでは、2006年お疲れ様でした〜
床は忘年会あと2つを残すのみですが、
金がぶっとび、ひいひい言ってます。

よいお年を〜^^

忙殺 

September 07 [Thu], 2006, 14:01
今日はインターンが一時間ばかしで終了し、ややショボーン(>з<)

まあやるべき課題山積みな自分ラッキーだったかな!?

てかそんなこと言いつつゲンジツ逃避中な自分やばし!!

スピーチ、バイト、インターン、レポ、に加え広告とり。。日中なかなか

予定が空かないよ〜

てかスピ頑張らないととにかくやばい!!

なんとかOB会までには、入賞しました報告がしたい。。

なんか現状だとかな〜り夢物語な気が。。





















とにかくやばいぞ現状!!

この自分の現状についてsuggestion

するスピーチをあらたに書いて見るという手も。。











ねえよっっ(*Д*)


なんだかんだで

人生って



なかなか自分のとおりに

上手くいかない



のは分かってるけどさ。

来期こそは必ずや真っ当に生きてみせます。

勉強も部活もNPOもバイトもパーフェクトにスマートに

こなして見せます。ここで文字化しておくことで

強制力が生まれ、緊張状態にすこしはなるはず、たぶん。








号泣する準備 

August 31 [Thu], 2006, 23:28
は、
「号泣する準備はできていた」の著者、江國香織によれば、

できているものらしー。悲しいことや喪失など(勿論そればっかじゃあないけど)を

体験したあとに泣くのなら

そこには「所在」が前提としてある。

だからわたしたちには

「〜準備はできている」

のだと作者は言っています。

かくなるあたしもこれには同感。

生活していく上で勿論何かのできごと

が生じるうえでそれは無ではなくて有である。

有だからこそ、それは有になった瞬間から

無に転落する可能性を孕んでいる「ものである。


つまり、存在するものであれば消失する可能性がある

のだから

たとえば 恋人を獲得する際には、もちろんその人を失う可能性

というのが(恋人を得た人に)生まれるのである。

死別、生別問わず。

だから、もう既に号泣する準備は出来ているんだ。

別れの後の結果としての涙の、予期せぬものではなく

(さすがに時期までは予期できない場合もあるけど)

準備できているものだな、とこの本を読んで思った。

考えたこともないトピックだったし

、考える必要のないことかもしれないけど

考えるトピックに

必要性の有無って自分の場合ないし、

これはこれでよいとしよう。

放置しすぎ 

August 31 [Thu], 2006, 9:51
ブログ作っときながら、めんどくって感じで

ず〜っと、放置してましたw(実際全然面倒じゃなかった。。)

最近くそ忙しいよちょっと

そういう時に限って、無駄にmixiログイン回数急上昇!!

でも何だかんだいって暇人な自分よか忙しく動き回ってる自分の方好きだったりする。

その方が性に合ってるんだよね。

初ブログってことでもっとマシなこと書きたかったけど、

ぐだぐだで閉めさせて頂く。
2007年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:55healthysmile
読者になる
Yapme!一覧
読者になる