ごめん。そしてありがとう。[>第1章 

2007年07月15日(日) 19時08分
第1章:出会い

わたし駿也、2人の出会い・・・それは小学校3年生のときだった

わたしがこの町に引っ越してきて、たまたま同じクラスにいたのが駿也だった
2人の出会いはたったそれだけの話

わたしは正直、の事をただのクラスメイトとしか思っていなかった
いや・・・時には嫌いな奴とも思った

この学校は2年に1度しかクラス替えがなかった
わたしは2年間ただのクラスメイトと思いながら過ごしていた


そして5年生になり、クラス替え

たまたま駿也とまた同じクラスになった

転校してきて2年もたったが、3・4年生のときと違うクラスの友達がいなく、
当時恥ずかしがり屋だったわたしはなかなかクラスに馴染めなかった

そんなとき、声をかけてくれたのが・・・花菜だった

「委員会、一緒にやらない?」

そう声をかけてくれた

嬉しいのに、正直になれないわたし

「う・・・うん・・・」

そんな返事をした記憶がある

ずいぶん積極的な彼女にわたしは心を惹かれていった



それから、日にちが経ちわたしはクラスの女子(計10人)と打ち解けられた

「波留、交換ノート一緒にやらない?」

「波留なら秘密守れるしね」

「やろーやろー」


その言葉が嬉しかった、わたしはわたしを入れて5人で交換ノートに参加した

交換ノートを切欠にわたし花菜の過去を知った

「花菜さんってハブかれてたよね」

「今もハブかれてるけど」

「自己中だし、しょうがないじゃん」


交換ノートに書かれている

わたしは知らなかった・・・
ビックリ した
今までイジメを目の前にした事がなかったんだもん
でも、今の5人との関係を壊したくなかったからわたし

「わたしもあんまり好きじゃないな」・・一応言っておいた

わたし花菜を避けるようにした
自分も一緒にイジメられるのが怖かったから

それからキャンプが学校の行事であった

班決めは自由だった

消極的だったわたしは誘われるのを待っていた

「波留、一緒にやろーよ!」

そう声をかけてくれたのは、京香だった

京香は、のちにクラスのボス的存在になる

わたしは京香と雅と一緒の班になった

雅とはたいして仲良くはなかったが、これからかなり仲良くなる


そして班の男子に駿也がいた

駿也は野球をやっていてそのチームメイト4人全員が同じ班だった

なんとなく出来た班だったが、楽しめそうだった



バスの席決めの時 

「波留、隣座ろ」

花菜が言ってきた

困った・・・あまりかかわりたくないな・・・
でも断ったら・・・・


そう思っていたとき、

「波留、車酔い激しいんだよな、一番前の先生の隣にしといてやるよ!」

同じ班の坊主頭、康斗がそういった

その場はしのげた・・・・

そして無事?キャンプが終わった・・・・・・

ごめん。そしてありがと。[>前置き 

2007年07月15日(日) 18時45分
はいー今から書きますよー

書き忘れたけど交流大歓迎。

-------------------------------------------

[>前置き

この物語は作者が実際に体験した恋愛をそのまま小説にしたものです
誤字等ありましたら、気軽に言ってくださいまし
なお、中毒は受け付けませんb
気分で更新です^^;


[>主な登場人物
  *波留ハル 主人公、わたし
  *駿也シュンヤ 波留の初彼
  *花菜カナ 波留の親友
  *圭介ケースケ 波留が好きになった人。駿也と同じ部活
  *殊佳シュカ 駿也と習い事で一緒だった

その他いろいろ出てきます

その度に紹介していきますよ;;


[>プロローグ
わたし、波留
わたしが今イチバン好きな人
わたしの元彼であり初彼

その彼とはもう半年ほど口を利いていない
それには理由がある
その理由をこれから語っていこう・・・・・・・


[>ごめん。
  そしてありがとう。

ども。 

2007年07月15日(日) 18時39分
はいーはじめましてー
波留っていーますb

ヤプログには何度も何度もお世話になっていましてorz

中学生活いろいろあって結局ブログなどやっている暇なく
閉鎖したんだけど・・・

思い出を自分の中だけにしまっておくのではなく、
公開して、自己満足したいだけと言う、くだらない理由で今から小説書きます

実際に体験した恋愛モノ

いや・・・多少(随分)外れて友情モノになっていたりもしますがorz

短く言うと、別れた元彼が好き。

ただそれだけのこと

それだけでどんなに苦しんだか

それを書いていきます


感想・アドバイス あったら言ってください

あ、中毒は駄目ですよb 落ち込みますから;;

更新遅めです

忙しいんです、一応現役中学生ですので


では自己満小説ですが、見てやってください!
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:55556666
読者になる
2007年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる