植物に存在する化学物質、フィトケミカルの仲間であるイソチオシアネート類の・・・

May 10 [Tue], 2016, 21:15
HMSの調査結果によれば、一般的なコーヒーと比較して1日2杯よりも多くカフェインが90%以上除去されたコーヒーに変えることで、直腸癌の発症リスクを半分も減らせたとのことだ。
「肝臓の機能の低下」については、血液検査項目のAST(GOT)やALT(GPT)、そしてγ-GTPなどの数値で分かりますが、近頃肝機能が衰えている人達が徐々に増加傾向にあるということが判明しています。
トコトリエノールの機能としては酸化を防ぐ働きが最も認識されていると思いますが、他に肌を美しく保つ作用や、血清コレステロールの産生を抑えるということが認められています。
20歳代、30歳代で更年期がやってきたとすれば、医学的な用語で表すと「早発閉経(早期閉経)」という女性疾患を指します(我が国の場合40才以下の女性が閉経してしまう状態のことを「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」と定義付けています)。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というのは睡眠中ではなく目覚めている状態で生命活動を維持する(鼓動、鼻からの呼吸、腎臓の様々な活動、体温や筋緊張の保持等)ために外せない理論上の最小限のエネルギー消費量のことを言うのです。
高齢の方や慢性的な病気を患っている人などは、一際肺炎になりやすくて治るのが遅いという傾向が見られるため、常日頃から予防する意識や早めの手当が大切です。
肥満(obesity)の状態というのは前提として食生活の習慣や栄養バランス、運動不足が主因ですが、内容量の変わらないごはんであれ、かきこむように食べ終わる早食いを続ければ肥満(obesity)の状態を招きやすくなるようです。
V.B6は、アミノ酸(Amino acid)をクレブス回路と呼ばれているエネルギーを活用するために必要な回路へ導入するためにもっと細分化するのを促す動きもあるのです。
一見すると「ストレス」というものは、「無くさなければいけない」「排除すべきもの」ものと捉えがちですが、本当は、人は様々な場面でストレスを感知しているからこそ、生活することに耐えられるようになっています。
体を維持するのに必要なエネルギーの源として速攻で機能する糖分、細胞の生まれ変わりに必須のタンパク質など、行き過ぎた痩身ではこれらに代表される体調を保障するために絶対に要る成分までも欠乏させている。
くしゃみや鼻みず、鼻づまりに目のかゆみ・ゴロゴロするような異物が入っている感じなどの花粉症の不快な諸症状は、アレルギーの原因である花粉の飛んでいる量に追従したかのように酷くなるという特性があると知られています。
植物に存在する化学物質、フィトケミカルの仲間であるイソチオシアネート類のスルフォラファン(sulforaphane)という揮発性の有機硫黄化合物について、肝臓に存在する解毒酵素そのものの正常な創造を促進しているのではないかという新たな可能性が明らかになりました。
HIV(ヒト免疫不全ウイルス)を保有している血液や精液のほか、女性の腟分泌液、母乳といった様々な体液が、看病する人などの粘膜や傷口に接触すれば、感染する危険性が出てくるのです。
音楽の公演の開催される場所や踊るための広場などに置かれた巨大なスピーカーの真横で大きな音を浴びて難聴になる症状を「急性音響外傷」と言っているのです。
高齢化が原因の耳の聞こえにくさでは少しずつ聴力が低下していくものの、普通60歳を超えないと聴力の悪さをしっかり自認できないものです。