トンネル工事や発掘調査10mwレーザーポインター10mw

December 18 [Wed], 2013, 11:09

基本情報:


1モデル:SGL-118
2材質:銅
3外装仕上げ:アルミニウムグリーンレーザーポインター 緑表面メッキ
4スイッチモード:テールキャップスイッチの定数
5電池:1* 18650
6波長:532nm
7電源:3000mW
8射程:500-10000m(高電力、広い範囲)
9動作電圧:DC3V
10最高の働く温度:0-35℃
11サイズ:13mm*147mm
12重量:46グラム(電池なし)
 


利点
航空アルミで作られ、丈夫で、長持ち。
外部焦点調整、ライトビームの太さ、光のスポットの大きさを気軽に調整可能。
レーザー・モジュール内蔵して放10mwレーザーポインター10mw熱装置を改善し、サーキットボードが保護設計を採集する。( 目下国内レーザー電路の欠陥に対して改良改造が行った。
電池取り付け方法
レーザーポインター後部の蓋を卸す
電池を取り外して置く
1本の18650電池または16340電池の陰極を内部において、中のばねをさしてから、後部の蓋を閉めます。


 


 


3000mw超强出力グリーンレーザーポインター


法律に適合していないと思われるレーザーポインターに注意


レーザーポインターのレーザー光線が目に当たり視力低下などの事故が起きていたことから、国民生活センターでは2000年11月、消費者に注意喚起するとともに行政への要望を行った。


 2001年1月には消費生活用製品安全法(以下「消安法」)の規制対象にいわゆるレーザーポインターなどの「携帯 用レーザー応用装置」が追加され、製造・輸入事業者に対し、継続反復して販売するためにレーザーポインターを取り扱う場合は、「経済産業省関係特定製品の 技術上の基準等に関する省令」(以下「技術基準」)に適合させ、第三者検査機関の3000mw超强出力グリーンレーザーポインター 瞬間焼跡 検査を受けて商品にPSCマークを表示することなどが規定された。


 その後、違法なレーザーポインターが販売されているという消費者からの情報等を踏まえ、2008年3月に当センター及び経済産業省から、同年9月に当センター、2009年以降も経済産業省から継続して注意喚起している。


 こうした取組みの中においても、消費者トラブルメール箱(注)にネットショップや観光地で「法律に適合していないと思われるレーザーポインターが販売されている」との情報がまた寄せられた。


 そこで、消費者庁を通じて経済産業省へ消安法に基づく行政的な対応を依頼し、併せて消費者に向けた注意喚起する。


(注)国民生活センターでは、消費者被害の実態をリアルタイムで把握し、消費者被害の防止に役立てるために、「消費 者トラブルメール箱」をホームページに設け、消費者からの情報を集めている。相談受付ではないため、これにより具体的なアドバイスやあっせん処理は行わな いが、寄せられた情報を元に、必要に応じて調査・分析・検証などを行い、消費者被害の未然・拡大防止に役立てている。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:532nmlaser
読者になる
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/532nmlaser/index1_0.rdf