【 更新情報 】

スポンサード リンク

エリオットヤミンの2008年の活動(ライブやCD情報)

エリオットヤミンは2008年に、アメリカンアイドルの審査員でもあるランディジャクソンのプロデュースしたアルバムの中で、同じくシーズン5のコンテスタントでありアメリカンアイドルシーズン5の準優勝者であるキャサリンマカフィーとのデュエットを披露しています。

曲名は「real love」という曲で誰かは忘れましたが有名な曲で今回はそのカバー曲として2人で歌ったそうです。ランディジャクソンはそのほかにも同じくアメリカンアイドルの審査員ポーラアブデュルの新曲もプロデュースしi-tunesランキングで堂々の1位を獲得しました。 さすがマライアキャリーのプロデュースもしているランディです・・・本当に音楽業界の人だという事が判明してある意味よかったです。

その他にもディズニーマニアというコンピレーションアルバムにも彼の歌った歌が収録されるなど大活躍でしたが、この後エイベックスという大手レコード会社のもと、日本デビューが決まり日本でのエリオットヤミンフィーバーにつながっていきます。
日本での熱狂振りには前の記事でも書いたのでここでは触れませんがすごかったですよ・・・本当に。
そして最後にエリオットはクリスマスアルバムを年末に発売し一年を締めくくりました。しかも日本でも発売されましたね!!
エリオットヤミンの人気はこれからも続きそうですし是非また来日して欲しいです。

エリオットヤミンの2008年の主な活動一覧(来日情報など)

色々と2008年は忙しかったエリオットヤミンですがその活動を振り返ってみたいと思います。まず2008年の頭には、イギリスやポーランドなどを巡りアメリカ軍の元を訪れライブを行ったりという活動をしていました(確かアメリカンアイドルで同じコンテスタントのケリーピックラーもアメリカ軍の元を訪れてライブをしていましたが・・・エリオットヤミンと一緒だったかは不明です)

その後、2月頃には、彼を一躍有名にしたアメリカのオーディション番組アメリカンアイドルのチャリティー企画アイドルギブズバック(様々な有名人や歌手が集まりアフリカの恵まれない子やエイズやマラリアなどに苦しむ人たちのために寄付を募るアメリカンアイドルシーズン6から始まったチャリティー企画)でアメリカンアイドルシーズン3の優勝者ファンテイジアと共に貧困やマラリアやエイズといった困難に悩まされている国アンゴラを訪れ、現状を伝えました。 

あまりにひどい現状に成すすべなく涙を流すエリオットヤミンの姿が印象的でしたし、全米に大きな衝撃を与えました。
涙を流したエリオットの姿から誠実な人柄と人を思う心優しい一面を見る事ができ、僕自身もすごく考えさせられました。そして現地の習慣化か何か忘れてしまったのですが、現地で生まれた子にエリオットヤミンの名前からエリオットという名前が名付けられました。
見逃した方は日本のFOXで再放送が始まるので是非チェックしてみてくださいね。
来日した際の情報は前の記事に書いてありますのでそちらも要チェックです!!

エリオットヤミンと木山裕策とのコラボ

エリオットヤミンの日本デビューが決まった際に木山裕策がエリオットヤミンの曲をカバーし、逆に木山裕策がエリオットヤミンの曲をカバーするという面白い試みが行われました。

最初、木山裕策って誰?って思ったんですが日本テレビで放送された「歌スタ」というオーディション番組でデビューを勝ち取った39歳のシンガーだそうです。ちなみに歌スタという番組は東野幸治が司会で、アンタッチャブルも一緒に出てた番組です。内容は数人のプロデューサーの前で、自慢の歌を披露しプロデューサーの目に留まればデビューのチャンスがあるという番組です。
木上裕策の代表作は「HOME」という曲で、これをエリオットがカバーしました。
聞いてみたい方はアルバム買ってみてください(笑)
一方、木上裕策はエリオットヤミンの「ウェイトフォーユー」をカバーしました。
でも、洋楽と邦楽でお互いの曲をカバーするなんて今まで聞いたことないですね。これをきっかけにエリオットヤミンの日本での人気がもっと出てくれるとうれしいです。

アメリカでは自分の原点であるアメリカンアイドルのシーズン7でシーズン7のコンテスタントやジャッジ、観客が見守る中、「free」を披露し絶賛されました。
その際に、最愛の母の死についても語っていて、お母さんを本当に愛していたんだなぁ〜と感じてますますファンになりました。
これからもどんどん活躍して欲しい歌手の一人です。

エリオットヤミンの軌跡

エリオットヤミンは現在は歌手として成功を収め、デビューのきっかけとなったアメリカンアイドルシーズン5でも3位に終わり、優勝はできなかったが確実にその実力をアメリカ中に知らしめた。

そんな彼だが実は子供の頃に右耳の鼓膜が破れ、右耳の90%の聴力を失っている。そんな彼がどうしてあんなにすばらしい歌声を披露できるのか今でも不思議でならない。そして不幸はそれだけでなかった16歳の時に糖尿病が発覚しアレルギー注射を何本もうける生活を続けていた。

そしてそんな彼が一躍脚光を浴びるきっかけになったのがアメリカンアイドルである。
オーディション当初から彼のヴォーカルスキルは素晴らしいものがあり、優勝候補としての呼び声も高かった。そしてオーディションを通じて彼は彼の尊敬するスティーヴィーワンダーにあうことができ、スティーヴィーワンダーを前にして泣きじゃくるエリオットヤミンを見て彼の純粋な一面にさらにファンになった人も多いと思う。

そして彼の母との家族愛の深さも視聴者に大きな感動を与えた。
そして現在彼は、音楽活動だけにとどまらず、自身も患っている糖尿病に関してアメリカ糖尿病団体と青少年の為に糖尿病研究団体のため寄付をするなど社会的活動にも目を向けている。

エリオットヤミンの来日

エリオットヤミンが10月に来日し、日本のテレビに出まくっていたのは記憶に新しいですが正直来日が決まった時は驚きました。
というのもエリオットヤミンのプロフィールを観るとわかると思うのですが、彼はアメリカの人気オーディション番組アメリカンアイドルで3位に終わりました。

しかしその実力が認められてCDデビューという形になったんですけど・・・実際には優勝してもおかしくないほどの実力でアメリカ中の人気を勝ち取りました!! 日本のケーブルテレビ(FOX)などでも放送されていたので知ってる方も多いと思います。
そしてそのエリオットヤミンが10月6日のアルバム発売を記念して(しかも日本盤)来日しました。

そして川崎でのミニライブ(しかもフリーライブ)や笑っていいとも出演など大活躍でした。そしてうれしいことに音楽通で知られるとくダネ!!の小倉さんがオープニングでエリオットヤミンのことをべた褒めしてましたね。
アルバムも天下無敵のavexから発売されたりCMソング(確かトヨタのvitzのCMだったと思います)にも使われたりと今後もエリオットヤミンの活躍から目が離せませんね。
そしてまたうれしいことに12月10日にはクリスマスアルバムがリリースされるようですし本当に楽しみです。
P R