団信の加入条件 

August 09 [Fri], 2013, 12:56
住宅ローンの約束者が返済の途中で万一の事があったら、残されたファミリーは最高に困惑することになるでしょう。

住宅売却土地利用

住宅ローンの返済は最長35年にわたりますので、今はベース気でも完済迄は何が起こるか分りないでしょう。
そのことで、こんな不測の事態に備えて「集団きちんとした生命保険」に参加している必須があります。

集団きちんとした生命保険とは、平均的に「団信(だんしん)」と呼ばれ、住宅ローンの約束者けれど、万一、返済途中
に亡くなったり、高度障害者になり働くことができなくなった状況に生命保険会社が住宅ローンを借り入れ
ています金融機関にローンの残金を全額返済してくれる保険制度でしょう。

あれにより残されたファミリーはローンの返済をしているやることがなくなり家庭を失わずにすみますし、金融機関もローン
の残金の回収が出来ます。

だから、沢山の金融機関ではこうした団信への参加が「強制参加」となっており、健康コンディションに悩みがあり団信
への参加ができ無い状況は、住宅ローンが組め無いことになるでしょう。

また「フラット35」や一部の金融機関では団信への参加が「任意」となっておりますけれど、返済途中からは
団信には参加出来ませんので、万一に備えて団信に参加しているようにしていきましょう。



団信の参加取り決め                                          
 
<申込年齢>
 申し込み時は70歳未満で、保険期間は80歳の誕生日迄
<参加ライセンス>
 参加している際には、主に次のPRをすればいいのですけれども、この内容によっては参加でき
 無い 状況もあります。


 1. 3ヶ月以内の医師の治療や投薬の有無 

 2. 今まで3年以内の手術や2週間以上にわたる医師の治療・投薬の有無 

 3. 手足の欠損、機能障害、背骨・視力・聴力・言語・そしゃく機能障害の有無 


 

<チェック!>
 団信への参加は、「申込書兼PR書」に本人が記入しているだけで申し込みが出来ますけれど、
 PRの内容によっては参加でき無いこともあります。

 PRをしているうえで気をつけないといけ無いのは、病気を隠して「虚偽のPR」をした
 状況は保険金はまったく支払われませんし、また申込者以外の人がPR書に記入した状況も
 「やること違反」となりますチャンスが有りますので心がけてください。。

 

団信保険料の支払い                                

団信保険料の支払いは、2スタイルあります。

団信を「強制参加」とする金融機関の状況は、保険料が「金利に含まれています」ので、
別途お金を出す必須は有りませんけれど、フラット35等「任意参加」とする状況で団信に
参加しているときは「年払い」となっており住宅ローンとは別に毎年お金を出す。

また保険料(特約料)は、住宅ローンの残高に応じて異なってきますので、残高が減れば保
険料も安くなるでしょう。
また保険料は掛け捨てで、普通の生命保険とは異なり、「所得控除」の対象には成りないでしょう。

 

団信に参加でき無いときはいったいどのようにしたら・・・?                    

病気等で健康上にトラブルがあるとみなされると、生命保険会社の審査により参加でき無い
ことがあります。

この状況は、団信の参加が「任意」である金融機関を使用すれば住宅ローンの借り入れが
可能になるでしょうけれど、金融機関によっては「連帯保証人」をつけることを取り決めにされる状況
が有りますので一度金融機関に発見してください。

団信に参加でき無い状況は、普通の生命保険にも参加しているも出来ませんので、すでに参加
の生命保険がないと、万一にどう備えるか言い分ないといけないでしょう。

 

普通の生命保険では駄目なの?                            

団信ではなく、普通の生命保険によって住宅ローンの残債をカ居酒屋していることも出来ますけれど、
団信のほうが普通の生命保険より保険料が比較的安くすみます。

このうえ、普通の生命保険は保険金が下りる迄時間がかかったり、保険の内容によって
は住宅ローンの残債を100%カ居酒屋でき無いことも有りますので、やはり団信への参加
のほうが安全でしょう。

仮に、団信に参加せず普通の保険で対処しているなら、この保障内容も前もって発見し、十分に
確認していることが必須でしょう。

 

疾病保証つきはカリスマ!                                 
    
またここのところじゃあ、「ガン」「脳卒中」「急性心筋梗塞」の3大疾病に対処した「3大疾病
保証つき」や、さらには「8大疾病保障つき」等暮らし習慣病等で働けなくなったとき
の保障もついています団信を取り扱う金融機関も数多くなってきました。

こうした状況、住宅ローンの金利は0.3%程度高く設定されている。

 

*団信は住宅ローンの借り入れと一緒に参加しているのが取り決めでしょう。途中脱退は出来ますけれど、再参加は出来ないでしょう。
 新しいで住宅ローンを借りるときでなく、「借り換え」のときも新しいと同様の扱いになるでしょうので、団信に参加
 出来るように、なにより「健康でいる」ことが大事なのでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:祐樹
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/4h6jr73x/index1_0.rdf