久保田式多汗症改善7日プログラムの新事実と健身超快方法十分鐘簡單WORKOUT:全身減肥WORKOUT 

September 16 [Mon], 2013, 11:04
みさなまこんばんは

現在久保田式多汗症改善7日プログラムレビュー特集中です(^^)久保田式多汗症改善7日プログラムは、本当に効果があるのか?興味深々ですよね?↓↓
久保田式多汗症改善7日プログラム体験評価はこちら

メインサイトでは、株式会社ファーストフレンズさん作の情報教材久保田式多汗症改善7日プログラムを体験した上で、特典付きでお届けしています。

購入前はまたまた〜って感じですけど、実際のところは・・・詳細はこのページのリンクからご確認下さい。↓↓
久保田式多汗症改善7日プログラム体験評価はこちら

ちなみに、あとはテキトー日記です。スルーして下さい(笑)

今日の朝飯は新米を炊いたご飯と、鮭と・・・今日は汁物無し^^;
日本人で良かった〜(^^)

9分で食べ終わり、9時02分にマンションをしゅっぱつです。

自宅からほど近いministopに寄って、ジョージアのカフェオレをかいました。

これで体調が解るんですよ(笑)。

店舗に出勤したら、日々の日課のニュースの確認をする私(^^)
きょうの話題はこれで持ちきり?
↓↓
 東日本大震災で両親を失った孤児241人のうち、1割超の30人を引き取った親族が、公費で生活費などを支給される「里親制度」を利用していないことがわかった。

 親族自身も高齢で被災し、不安を抱えている可能性があるのに、里親登録していないため、行政は生活実態を十分把握できない。専門家は積極的な支援が必要と訴えている。

 里親制度は、児童相談所(児相)に登録した里親が、親と暮らせない18歳未満の子どもを養育。2002年から親族も認められた。月5万円前後の生活費のほか、教育費や医療費が支給される。

 厚生労働省によると、震災で両親が死亡したか、行方不明になった18歳未満の孤児(発生時)は岩手県94人、宮城県126人、福島県21人の計241人。

 うち親族に引き取られたのは198人で、内訳は祖父母88人、おじ・おば88人など。孤児全体の7割にあたる168人は里親登録した親族に引き取られているが、30人の親族は制度を利用せず自力で育てている。
(この記事は読売新聞から引用させて頂きました)

出た!
どうでもいいや

ハイ、それでは本日のメイン。本日のネタは
まあまあ予定通りに行けばメルマガに6時間と、ヤフオクに5時間。

かなりハードだけど予定通り進むでしょう。

稼ぐぞ〜

そういや、これこれ
↓↓


あれれ?バカみたい?(笑)
そー言わないで!

さて今日の晩御飯は何しよ?
鶏の唐揚かチャーハンがくいてーなー^^;

これも良いか?
↓↓


多分次の更新はがんばって今日中に・・・出来るかな?
カミングsoon!