とんとん亭@大泉学園 

2009年01月08日(木) 7時51分
ちなみにひさぶって
さしぶみたいですが
断固違います。

とゆーことで本日3店目の紹介。

元我が町、大泉学園にあるとんとん亭。


ここ2・3年のうちにできたお店

大泉学園駅北口を降りて直進。

富士街道に当たったら左に曲がりセブンイレブン横の路地に入ったとこにあります。



大泉と言えば十兵衛でしたが

駅から離れていて夕方には閉まってしまうので遅くまで営業するラーメン屋を待ってたんですよー^^


こことんとん亭は深夜2時頃まで営業してます。



スープは最近よくある豚骨醤油。


お世辞にもあまり個性があるとは言えないけど

げんこつーって感じでスタンダードな豚骨醤油って感じです。


池袋の屯ちんまでわざわざ行くならここ行きますよー

って比喩はいけないとわかってはいるのだけど←



値段もラーメン\650と並です。

全てが並。
ですが深夜までやってるだけでポイント高いよなー



僕らが行ったときは酔っ払いのおじさんがいすから転げ落ちたりしてて


怖かったです←

ガクブルガクブル。

まぁ
家が近いなら行きますね。

それ以上は求めてません。

なんか落ち着くよー

落ち着くかどうかって
案外ラーメンの大事なポイントなんだなって思います。

太陽@江古田 

2009年01月08日(木) 7時38分
もう1店ご紹介。

今回は江古田の【太陽】を紹介しますー



結構ラーメン雑誌に出てます。
地味に名店です。


江古田駅降りて踏切りと目白通り結ぶ大きめの通り沿いですー

駅の何口だったけな←


中華そばっぽいラーメンです´`

あっさりして透き通ったスープはどこか落ち着かせますなー。

そんなラーメンを出すお店です。

体調不良だけどどうしてもラーメンを食べたいと思ったときにおすすめですねー


どんなときだよ←




玉子にしっかり味がついてた記憶があります。

ちなみにこのお店
非常にリーズナブルなんですね。

ラーメン\390ですよー



よいねー

さすが学生の街江古田。


だけどなんか
太陽が支店出してきてるとの噂も。


詳細はわかりませんが

気になる人は調べてみてくださいな。

ではまた。

J'sラーメン@西台 

2009年01月08日(木) 7時38分
はいどーもひさぶ。

しばらく更新してなくて申し訳ないっす


おかげで店の情報忘れたんで

ザザッと書かせてもらいます´`





【J'sラーメン】

環八沿い西台の駅の近く。

高島通り沿いって言ったらわかりやすいかなー



この店は下赤の究極Y'sラーメンの姉妹店だったと記憶してまつ


店巡り始めてすぐの頃行ったきりだったのだけど

たまたま近く通ったので行きました。

店内はバーみたいな造りの今風なラーメン屋。


ランチタイムには先着で炒飯が出ます。



豚骨醤油がベースの上品なラーメン。

のりが大きいです

ちなみに
ラーメンでののりの役割はスープに浮かぶ油を吸い取ってくれることなんですね。


だからどーしたってゆー

ギトギトが苦手な人はのりだけ残しておいても良いかもしれませんね。

最後まで残しておくと
案外結構な量の油を吸い取ってくれてます。

そんな感じでね。
これからもマイペースに更新しますよ。


よろしくどすえー。

元@江古田 

2008年08月25日(月) 22時30分
げん、もと、がん、はじめ…

読み方に迷うこの店名

そもそもと読むそうだ。


それは江古田駅前のゲーセンフタバの一本裏の通りにある。

東池袋発祥の大勝軒である大勝軒江古田店の隣りに小さく佇む油そば専門店。

店の前にはでかでかと暖簾が出ていて、一瞬入口すら見失ってしまいがちなこの店であるが

何を隠そうこの店には素晴らしいチャーシューがあるのだ。





店内に入り食券を買う
トッピングの半熟玉子とネギを忘れてはいけない
油そばとチャーシューご飯だけという非常にシンプルなメニューではあるが

それだけで勝負できるぞ、この店は。

店内は全てカウンター席でお兄さん1人で営業している。

そもそも油そばとは何なのか

まずはその疑問に答えよう。

一言で言うなら
「スープのないラーメン」と言ったところか。

器にラーメンのスープのベースとなるタレをいれて、その上に麺、トッピングを載せたものである。
有名どころではカップ麺(強いて言うならカップ油そばと言ったところか)にもなっている「ぶぶか」や江戸川橋の麺珍亭などがある。

シンプルなように見えてバランスを保つのが難しい油そば。

なにしろスープが無いのだ。
味の濃薄が際立ってしまう。

その油そばを専門にやっている元だが

ここの油そばは美味い。
いや 美味いとしか表せないのだ。

僕の小さな脳と知識でどう語ったものか。

出来たての油そばにラー油、お酢をかけて混ぜる。

あのマッチはなかなかのもの。

そして特筆すべきはチャーシュー。

この店のチャーシューはあらかじめ作ってあるチャーシューを注文が入ってから網焼きするのだ

こうしてトロトロになったチャーシューはもう絶品。

今まで周ってきた店にこれほど美味いチャーシューがあっただろうか。

決して肉臭くなく
味がついているチャーシューは
まるで一人でも生きていけるかのような存在感を放っている。

きっと網で焼いたチャーシューなど、ラーメンやつけめんのスープに浸してしまえば死んだも同然だろう。

スープが無いことを生かして作られたこのチャーシュー。

君は油そばのために生まれてきたのだよ。




同じ店にはあまり行かない僕も

元には3回ほど訪れました。

是非行ってくださいな。
その舌で、目で、あのチャーシューを味わって頂きたい。

丸長@桜台 

2008年08月25日(月) 22時09分
桜台の名店、丸長に行ってまいりやした

もともと目白にあったというこの店は

そんな話をにわかに信じられない古臭さがありました

でもそーゆー店もまた大衆が馴染みやすい店なんだなぁと。

ちなみに
僕は「大衆」で一括りされることが嫌いです。

どーでも良いわ←

営業時間はなんと午後3時まで。

閉めるの早いからなかなか食べに行く機会は無いっす。

ちなみに1つ前に書いたとんとん亭は朝方2時まで。

昼時、店の前に列を作ることもある丸長。

店内にはカウンター6席ほどと4人掛けが2卓。

この店は「つけめんの丸長」と言うだけあって

メインはつけめん

おばちゃんに「玉子つけめん」と注文を告げると5分ほどでつけめんが到着。

僕は目を疑った
…と言うのも

なんと玉子が生なのだ

生卵が入ってるのだ

…珍しい。

しかも熱いスープに浸かった玉子は白身がプルプルし始めている。

それだけではない

つけ汁の器の縁には
明らかに七味唐辛子が付着しているのだ。

いかにもスープに後から七味かけましたと言わんばかりの存在感。THE・七味。

そして驚いたのはこれだけではない

麺が…スパゲティなのだ
いや 厳密には普通の麺なのだろう

だがしかし丸長の麺はスパゲティなのだ…

…恐るべし丸長。

恐る恐る麺を半分ほどつけ汁につけて口へ運ぶ。
…うん

麺は柔らかくもちもちして食べやすい。

スープは…非常に味が濃いのだが…美味い。

しかも悔しいことに七味が上手い具合にマッチしてるのだ。

…恐るべし丸長。

途中から玉子の黄身を割ると味の濃いスープもまろやかさが出て食べやすくなる。

なるほど、このレベルならどうりで人が集まるわけだ。

その店には雑誌に掲載されたことを示すものなど何一つない。

だがしかし味は確かであり何度も雑誌に掲載されているのは見たことがある。

ラーメン(ここの場合つけめんか)屋はそれで良いのである。

過去の小さな栄光にしがみつくものではない。

店と客との真剣勝負。

人と同じだ。
学歴じゃない。

実力をちゃんと発揮できるか

黙ってラーメンを出して、客の心を掴めば良い。
ラーメン屋はそれで良いのだ。





まぁでも玉子はいらなかったかな。





つけめん丸長
練馬区桜台
桜台駅より徒歩5分
千川通り沿い

とんとん亭@大泉学園 

2008年08月25日(月) 21時49分
久しぶひ

今日紹介するのは俺の地元でもある大泉学園駅の側にある「とんとん亭」

駅北口のセブンイレブン横の路地を入ったとこにあるお店。

店内に入り入口で食券を買うと奥行きのある座席の奥の方に座った。

なんか奥に長いラーメン屋ってのも珍しい。

奥行きがある分、カウンター側でない席は手渡しでラーメンを受け取ることができないのだが

このスタイルはあまり好ましくないわけで

ラーメン屋に限らず飲食店ってやっぱり店と客の一対一なわけじゃないすか

だからこそ直接厨房と触れ合うくらいの距離が欲しいと思うわけ。

特にラーメン屋の場合、上がってからすぐに提供しないと麺が伸びてしまう

店員が店内歩いて渡しに来るなんてラーメンの美味しさを失わせる行為なわけで。

「何をそんな細かいことで」と思う読者もいるだろう。

試しに麺を茹でる時間を10秒遅くしたり

食べるのに10秒待ったりして比べてみると良い。
それでわからないなら時間を伸ばしてみれば良い。

確かにラーメンは味を損ねていくのだ。





肝心のラーメンは豚骨醤油がベースのスープに細めの縮れ麺。

さすが東京ラーメンと謳うだけあって醤油が強めなスープだった。

…でも東京ラーメンって言えばさっぱりした醤油ラーメンな気もするがw
麺は少し固めの方が美味いと思うよー

と思って少しどころかバリカタで替え玉いただきました

いや

バリカタとかの次元じゃなかったw

かたすぎwww

替え玉あるってすごく幸せだと思うのね俺。

だから良い店見つけたなー、と。

でもね
一つ難点あげるなら

味薄いw

醤油強めなのに味が薄いw

豚骨醤油で味が薄い

これは死を意味します←
なんたって豚骨醤油の強みでもある背脂の味しかしなくなるんだもの。



結論から言えば



「とんとん亭のラーメンは固め濃いめを頼め」



そーゆーこと。

きん 

2008年07月26日(土) 22時25分
忘れてたorz

きん@東長崎 

2008年07月26日(土) 22時02分
エラーでしばらく更新できなかったorz

今日は千早生も使う西武線の駅、東長崎にある「きん」についての紹介をば。

きんは駅から千早に行く途中にあるのだが

えっと
改札出て左から外に出て最初の、立ち食い蕎麦のある十字路を直進

まぁ普通に学校向かう道ね

そんで突き当たりを右に曲がって蕎麦屋とかのある十字路にあります。

きんは営業が不定期だったりちょくちょく休業だったりとかで前から気になってて

藤田と行ってみました

えーっと
確かラーメンが大盛無料で\600

つけ麺が\800だったかな
あれ?

つけ麺も同額?←

まぁ良いや←

店内は狭いけど外見も開かれた感じで親子連れとかでも来てました

暑いせいもあっただろうけどほとんどの客がつけ麺を注文

でも俺らは2人ともラーメンw

スープは濃厚な魚介スープ

魚介のこってりとしたスープに更に魚介を主張するかのように露骨にカツオ節が入ってました

とゆーよりは
コンビニのおかかみたいな感じ。

太くてコシのある麺がスープとよく絡む。

チャーシューは厚めでトロトロ。

うん

私的な考えで言えば魚介自体は好きじゃないが

ラーメンとなるとまた別の話。

ただ魚臭いわけじゃなくスープがとろっとした濃厚さ。

初めて食べたラーメンでした

好きだなぁこーゆーの。

この値段で大盛無料でしかも味には申し分ない。

好印象でした(^ω^)

千早生は是非!!

た〇しなんかよりはおすすmry

しかし最近

今日かな?

餃子の満州もできた千早付近

飯には当分困らなさそうです´`

大吉家@江古田 

2008年05月07日(水) 19時24分
うーいぇい

…彼らが頭から離れません



先日の芸術観賞教室で練馬までの移動中にジュニアや藤田と行きました

練馬は江古田、大吉家です

前から少し気になっていた家系ラーメンの店

家系ラーメンてのは俺も大好きなラーメンなんだけど

あー
あれだ

まずはちょっと家系について解説しよう

家系(いえけい)ラーメンは横浜の総本山の横浜家から始まったラーメンのこと

横浜家はJR横浜駅から徒歩5分くらいなんだけど
その向かい側にある吉村家が俺は大好き。

関東でラーメンランキング付けるならTOP3には入りますな

ちなみにTOP3は順位決められないんだけど

・だんちょーてー(千葉、本八幡)
・野方ホープ軒(東京、野方)
・吉村家(神奈川、横浜)

って感じ。



まぁ実際には横浜家が本家とは聞いても

正直微妙な感じ

吉村家はいつも並んでるし

本家はどっちなんだろーと、ね。


家系の特徴としては
二層に分かれるほどの油の多さ、店中に広がるスープの臭み、鶏から取って鶏油(チーユ)等々。

トッピングで言うならホウレン草と海苔は必ずと言って良い程付いてくるかなー

ホウレン草は辛いものや味の濃いものをあっさり食べさせてくれるし、海苔はラーメンに入れるだけで油を吸ってくれる働きをするからだと思う。
麺は加水率の高いもちもちした太いちぢれ麺が主流。

スープのベースは強めの豚骨に醤油ですね



はい

家系の解説はこんなところにしといて



…ああ
そっか
大吉家ね

店内は確か16、7席で
昼時に行ったら9割くらいは席が埋まってました。

厨房はたった1人

よくあれで回るよなー。


普通のラーメン食べたんだけど

並盛り\600
大盛り\700
特大盛り\800

て感じ
セットメニューは+\250で餃子とライスが付いてました

そんで
肝心の味はどうだったかとゆーと

まさに上に書いた通りの忠実な家系でしたw

欲を言えば
もう少しパンチが効いてて味濃いめにした方が良かったかなーと。

うん

なんか家系が学校の近くにあるって良いなー

さ、晩飯作ろうかなー

神座@池袋 

2008年05月03日(土) 23時51分
どーもお久しぶり

更新せよとの指令が入ったのでそろそろ書きますw


えーと
これはあれ

神座です

「大阪で一番人気のラーメン屋!」とかゆー
安っちくてうさん臭いうたい文句だったので行く気もなかったんだけどね
実際大阪に行ったら道頓堀周辺に3店舗くらい見つけて

あー本当に人気なんだな、と実感。


今回神座に行ったのは
2月の半ばに行った沖縄への修学旅行の帰りに
ラーメンでも食って帰ろうってなって

俺ぶっちゃあきで行ってみたんだ


だからもう3ヶ月くらい前の話w

でもしっかり味も覚えてるからね!

神座は基本的には醤油ラーメンなんだろうけど

普通の醤油じゃないんだなー
透き通っていてちょっと黄色いスープ

スープの味はすき焼きのつゆみたいな味

みりんとか結構入ってたんじゃないかなー

でもこのスープが美味くてさ
飲むやすいし
全部飲んじゃう勢いだよね

具はチャーシューと白菜
チャーシューは豚バラを薄く切ったやつが数枚入ってる程度
白菜は
なんだか増量キャンペーン中とかで
確か通常90gが120gとか入ってたんだよなー

白菜なんて珍しいと思うでしょ?

でもそれがさ
この白菜、すげースープと合うんだよ
味がすき焼きっぽいからだろうねーっ

とにかくスープと具は良かったかな!!

麺は細麺で安っぽい感じでちょっと残念だったけど

でもあのスープにはあんな麺が合うんでしょうね
場所は
池袋のサンシャイン60とおりにあるハンズを出て左
すぐ右手に松屋があるのでそこで右に入ってく
そしたらすぐ右手にー

池袋駅から徒歩5分てとこでしょーか

値段も並だし
是非一度足を運んでみてはー
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:4706604
読者になる
2009年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる