案外無防備な電磁波対処

February 26 [Tue], 2013, 17:02
日本の以前、ヘアーのことを「血余(ケツヨ)」と読み書きし、血の余った残りがヘアーの栄養に成ると実現されましました。たしかに、爪とかヘアーとか体毛とか頭皮等は体の末端に位置し、体で一番重要な脳や心臓や臓器に栄養がまず送られて、それの後に送られる器官と言われていますから、とくに心身の健康のバロメーターになる。
美容院業界のこれから

ここんとこ日増しに皮膚トラブルやヘアーや頭皮にコンプレックスを持たれています方が多くなってきている。以前、1ヶ月ほどの断食を日頃の生活のなかでしたことがありましたけれど、フィニッシュの方はヘアーがバラバラと抜け始め、「あれはヤバイ!」と思い、すぐ復食に変更したことがありましたけれど、やはり無理なダイエットや栄養不足やイライラによって間異なりなくトラブルが起きることを自らが経験しましました。

ここんとこ、水や雰囲気や食品の有害性、さらにはハミガキやシャンプーや洗剤・化粧品等「経皮毒」に関して興味が深まってきているけれど、意外と見落としがちな公害が電磁波ですよね。アメリカじゃあ、日頃多くお仕事で利用するドライヤーによってガンになりやすい理・ヘアデザイナーさんがドライヤーメーカーへ訴訟を起こし勝った話をききましたけれど、欧米諸国では電磁波の弊害に関してなかなか前から知られている。

人のからだにはもともと生体電流が流れていて、不規則な波形で無造作にバランスが取れていますのと言われていますけれど、携帯電会話やPC・ドライヤーや電化製品から出る電磁波は、定型波になってさりげないリズムの生体電流のバランスを崩してしまいますのですよね。頭痛・体調不良・肩こり・腰痛・不眠・鬱・慢性疲れ症候群、皮膚や頭皮の乾燥やトラブルを最初静電気発生に伴ってヘアーに何万ボルトの電圧が発生し、抜毛や枝毛の原因にもなっています可能性が有ります。私じゃあ、ドライヤーは電磁波を普通の1/3に軽減したものを使い、さらにコンセント等で電磁波対処を行っている。

携帯電話はマイクロ波で電子レンジと同じ電波ですよね。ドライヤー等も脳に近づけて脳波に悪働きを及ぼしていくでしょう。 一度、あの機会に電磁波の有害性に関して、又、対処手段に関して食品添加物や経皮毒の有害性と同様に研究されてはどうでしょうか。私じゃあ、一番安心ある電磁波対処情報を伝授している。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:46nmg2d8
読者になる
2013年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/46nmg2d8/index1_0.rdf