はじめまして

August 14 [Tue], 2012, 16:42
米クーポン共同購入サイト運営のグルーポン<GRPN.O>が13日発表した第2・四半期決算は、収入が予想に届かなかった。 それに加え、同社が示した第3・四半期の見通しも市場の期待を裏切る内容だったことから、同社株は時間外取引で一時20%安と急落した。 米国のインターネットおよびソーシャルメディア・セクターでは、ジンガ<ZNGA.O>やフェイスブック<FB.O>など、投資家の高い期待を集めて上場した銘柄が急落するケースが相次いでおり、グル―ポンに対する期待もはげ落ちてきた。 グル―ポン株は決算発表を受けた時間外取引で一時6.05ドルまで下落し、過去最安値を更新した。 その結果、株価は昨年11月に新規株式公開(IPO)した際の公開価格から70%近く下落したことになる。 第2・四半期の収入は5億6830万ドル。前年同期は3億9260万ドルだった。トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリストの収入予想は5億7300万ドルだった。 同社は先に、第2・四半期の収入が5億5000万─5億9000万ドルになるとの予想を示していた。 第3・四半期の営業利益見通しについては、株式報酬のコストを除いたベースで4500万─6500万ドルになるとの見通しを示した。 サスケハナ・フィナンシャル・グループのアナリスト、ハーマン・ラング氏は「収入はガイダンスの下限近くだった」と指摘し、同社の利益見通しも市場予想を下回っている、と述べた。 ラング氏によると、第3・四半期の営業利益に関する市場予想は約7000万─8000万ドルだった。 Bリレイのアナリスト、サミート・シンハ氏は「彼らはビジネスのさまざまな側面を十分コントロールできていないようだ。年末までに状況を是正できなければ、2013年は成長ペースが著しく鈍化するだろう」との見方を示した。 クーポンを提供する「デイリーディール」ビジネスは鈍化の兆しが現れているため、同社は消費関連製品の販売やマーチャントサービスなど、新たな事業に進出。それらの一部は急成長を遂げているが、「デイリーディール」ビジネスほど収益性は高くない可能性がある。 ベンチマーク・カンパニーのアナリスト、クレイトン・モラン氏は「柱となるデイリーディール・ビジネスは予想以上に鈍化している」とした上で、同社はそれを補うためディスカウント価格で消費関連製品を販売する「グルーポン・グッズ」ビジネスを拡大しているが、それは利益率が低いと指摘した。 クーポンを購入した顧客から支払われた代金の総額は第2・四半期に12億9000万ドルとなり、第1・四半期の13億5000万ドルから減少した。 グルーポンのジェイソン・チャイルド最高財務責任者(CFO)は、欧州経済の低迷や為替変動が収益を圧迫したと説明。第3・四半期の業績見通しがアナリスト予想を下回った理由も欧州の不透明感を反映したものだとして、欧州での収益改善に取り組んでいると明らかにした。 同CFOによると、同社は最近、欧州の経営体制を変更し、潜在的な顧客を引きつけるために新たなテクノロジーを導入した。ただ、新テクノロジー導入を完了するには「今年いっぱい」かかるとしている。 一方、欧州では顧客へのクーポンのディスカウント幅縮小を計画していることを明らかにした。 また、アンドリュー・メイソン最高経営責任者(CEO)は「われわれは北米で、総収入を最大限に高める最善の方法は、消費者と販売側の価値の適切なバランスを見つけ出すことであることを学んだ。欧州でもそうすることによって成長を遂げる明確な機会があり、北米で成し遂げたようにインターネットユーザーの間に浸透することができる」と述べた。 アマチュア野球で27年間にわたり、約1200試合を裁いた日本野球連盟の林清一国際審判員(57)が、9月開幕の東京六大学秋季リーグ戦後に完全引退する。社会人では、横浜市(JX−ENEOS)が優勝した7月の第83回都市対抗野球大会決勝の球審が最後になり、「納得できる完璧な試合はなかったが一生懸命やってきた。感無量」と感慨深そうに話した。 林審判員は現役時、投手で早稲田実高、早大でプレー。大昭和製紙(富士市)に進み、マネジャーとして第51回大会優勝を経験した。31歳の時、早大の先輩でアマ野球の名審判だった西大立目永(にしおおたちめ・ひさし)さん(故人)に「審判になって野球に恩返しを」と誘われた。  86年に東京六大学野球の審判員となり、5年後に高校野球、94年からは社会人野球も担当。04年アテネ五輪では決勝で一塁塁審を務め、「名前を呼ばれた時は武者震いした」と振り返る。  「審判は目立ってはいけない」が持論。ミスなく、試合をスピーディーにコントロールできた時に喜びを感じるという。判定や判断の際に慌てないよう、常に次に何が起こるか予測するよう心掛けてきた。思いがけないプレーが飛び出すことが多い「高校野球の地方大会の1回戦が一番難しい」という。  そんな中で、強く記憶に残るのは98年夏の甲子園。サヨナラボークで決着がつき、豊田大谷が宇部商に勝った試合だ。延長十五回無死満塁、宇部商の藤田修平投手が211球目を投げるため投球動作に入った後、プレートを踏んだまま左腕を後ろに戻し、投げるのをやめた。一瞬の出来事だったが、球審の林さんは迷わずボークを宣告。3時間52分の熱戦は思いがけない形で幕を下ろし、新聞やテレビで大きく取り上げられた。林審判員は当時「はっきりしたボーク。心情的にどうというより、ルールを適用した」と答えた。  今後は全日本リトル野球協会リトルシニア委員会理事長として子供たちの育成により力を注いでいく。「世界で通用する選手を育てたい」。野球への恩返しはまだまだ続く。 藤村官房長官は14日の記者会見で、日朝間の諸懸案について議論するため、日朝政府間協議を再開するための予備協議を8月29日に、北京で開催すると発表した。  政府間協議の議題は予備協議で決める。  終戦前後に北朝鮮で亡くなり埋葬された日本人の遺骨収集のほか、藤村氏は「拉致問題は当然含まれる」と述べ、拉致問題も議題にしたい考えだ 株式会社八千代銀行は8月13日、顧客の個人情報を記録した「預金申込書兼八千代キャッシュカード申込書」などの帳票類の一部を紛失していることが判明したと発表した。これは、7月13日から25日に実施した全店における点検の過程で発覚したもの。同社では誤廃棄の可能性が高いとしている。 紛失が判明したのは13店舗の25帳票で、推計件数は11,960件。内訳は、平成21年度に申込みを行った「預金申込書兼八千代キャッシュカード申込書」の一部(推計1,627件)、および昭和58年から平成22年の間における顧客の取引などに伴い保管期限を定め保管していた帳票類の一部(推計10,333件)で、これらには氏名、住所、口座番号、取引金額などが記載されていた 元アイドルグループ「CoCo」の羽田惠理香(39)が14日、自身のブログで結婚と妊娠を発表した。  「ご報告」と題し、「私、羽田惠理香、結婚する事になりました!!!!!!!」と報告。さらに「新しい命を授かり、ママになります」と、現在妊娠6カ月であることも明らかにした。  39歳という年齢も考慮し、安定期に入るまで報告を控えていたという。「30代最後の歳。未知の世界に足を踏み入れて戸惑う毎日ですが、羽田さん、幸せですよ〜」と喜びいっぱいの様子。ファンに向けては「突然の報告に驚き、戸惑っている方も居るとは思いますが、温かく見守ってもらえたら心強いです。新米ママになる羽田惠理香を、これからもどうぞ宜しくお願いします」と呼びかけた。 みんな頑張れ 俺も婚活頑張る! 格安のプチ活で成功してみせるよ(笑) 3つの特徴が分かりやすいしね。  20年来の視聴率低下に悩むCNNネットワークは、先日メタル・バンド ヘイトブリードから猛抗議を受けた。  ことの発端は、先頃ウィスコンシン州オーク・クリークで起こった銃乱射事件に関連しており、事件を起こした41歳のウェイド・ページがスキンヘッドの白人至上主義者で、これまでエンド・アパシーやデフィニット・ヘイトなどのホワイト・パワー・バンドに属していたことが判明。CNNでは事件分析で、執筆者ロニー・ナサティールが作成した“嫌悪や暴力を感じさせるバンド名のリスト”を載せたが、その中にアグラヴェイテッド・アサルト、アングリー・アリアンズ、アタック、デフィニット・ヘイト、ファイナル・ソルーション、フォース・フェッド・ヘイト、フューエルド・バイ・ヘイト、ヘイト・クライム、ジョー・スローター、ホワイト・テラー、そしてヘイトブリードの名が入っていたのだ。  これを知ったヘイトブリードのメンバー5人は激怒。バンド名に関わらず、彼らは2006年のアルバム『スープレマシー』でメタル・コア・バンドとして“我々の音楽は世界中の人種をつなげるものだ”と強調しており、CNNによる指摘はまったく当てはまらないと抗議した。さらにツイッターで「CNNは信用を失ったぜ。ロニー・ナサティールみたいなライターは、今のメディアが冗談と見られている理由そのものだ。CNNは直ぐさまリストから名前を削除し、間違いを訂正して謝るべきだ」と主張。同時に、ファンにはリアクションがあるまで冷静でいるよう促した。  なお、ヘイトブリードが抗議した30分後、CNNは入れ間違いを認めて「先に掲載したヘイトブリードの名が載っていたホワイト・パワー・バンドのリストは誤りであり、彼らは“ハードコア・メタル”バンドです」とリストから削除し、謝罪した。しかし、ファンの一部は怒りが収まらず、訴えるべきだという声が挙がっている。 11月の米大統領選で再選を目指すオバマ大統領は13日、接戦が予想される州の一つ、中西部アイオワ州に入り、15日までの予定でテコ入れを始めた。同州はオバマ氏にとり、大統領の座をつかむ「原点」となった地。現職大統領が3日間も1州にとどまるのは異例で、野党共和党への反撃を本格化させた形だ。 三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の三菱UFJリースが、米航空機リース大手ジャクソン・スクエア・エビエーションを買収する方向で最終調整に入ったことがわかった。  買収額は数百億円とみられる。  ジャクソン社は米サンフランシスコに拠点を置き、数十機の商用ジェット機を保有し、欧米の航空会社にリースしている。世界的に旅客需要が伸びていることから、三菱UFJリースは航空機リース事業を強化する。  航空機リース業界ではM&A(企業の合併・買収)が活発になっており、三井住友フィナンシャルグループは今年6月、住友商事と共同で、英銀大手のロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)から約5500億円で航空機リース事業を買収した。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hohik
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/454519/index1_0.rdf