法テラスの目的と業務内容について

December 24 [Wed], 2008, 12:52

法テラスの目的と業務内容について紹介します

法テラスとはいったい何をするのですか?と聞きたい方は多いと思います。

法テラスは日本全国どこでも法的トラブルを解決するための情報やサービスを受けられる機関です り良い社会の実現をするためにできたのです。しかし、広報を強化して知名度をアップするのに必要なお金は当然税金からですから、宣伝にも複雑な思いがあるようです。法テラスでは、司法書士報酬等の援助の要件を満たす場合には、費用立て替え制度を利用することができるようです。国民向けの法的支援を行う中心的な機関として設立されました。。法テラスは自己破産を考える方には心強い味方です。法テラスは正式には「日本司法支援センター」といい、これははニックネームとなっているのです。
法テラスは、司法制度改革の三本柱のうちのひとつとなっているようです日本国民の方々が法律の問題をひとりで抱えて悩まずに済む、どんな事でも教えてくれる窓口があって助けてくれると感じてもらいたいのが目的です。主な業務内容は以下の通りです。
民事法律扶助業務と司法過疎対策と犯罪被害者支援と国選弁護関連業務の4つが法テラスの業務内容です。民事法律扶助業務はお金のない方には法律の相談したいことを聞いてくれますし、裁判でかかる費用や必要書類の作成するために必要な費用を立て替えて支払ってくれます。司法過疎対策では近くに弁護士や司法書士がいない地域には適切な価格で法律サービスが受けられます。また
犯罪被害者支援として被害にあった方には支援のことを良く知っている弁護士や犯罪の被害者支援団体などの情報が無料でもらえます。国選弁護関連業務ではスピーディで確実に国選弁護人を決めて捜査や裁判のことに至るまで国選弁護体制を整えて裁判員制度の実施をサポートします。
民事法律扶助は、資力(お金がない人)」の乏しい方が法的トラブルに出会ったときに、無料法律相談を行い、必要な場合、
法律の専門家を紹介し、裁判費用や弁護士又は司法書士の費用の立て替えを行ってくれる制度となっているようです。
窓口は、2004年5月に国会の決議によって成立した総合法律支援法にもとづいて設立された機関なのです。
おもに、法律に関わる問題について幅広く電話で相談できる窓口なのです。
法テラスでは、お一人お一人の悩みに最適な相談窓口や、その悩みを解決するのに役立つ法制度を案内してくれるようです。
法テラスのスタートからまだたったの1年ですのでこれからに期待したいところなのです。法律で解決すべき悩みを抱えた方、
そのような悩みをどこに相談し、また、どのように解決したら良いか分からないという方がたくさんいるようです。
破産事件では、多くの弁護士は、報酬額を30万〜40万円程度に設定していることからすると、法テラスを利用することは
依頼者にとり非常に有利な条件で弁護士に依頼できることとなるようです。


P R
カテゴリアーカイブ