消化不良 原因 

2010年10月29日(金) 12時00分
消化不良 原因

消化不良というのは、食事中、食後、あるいは飲食後に、例えば胸やけがしたり、げっぷが出たり、 また上腹部の膨満感や不快感を訴えたり、胸部などに疼痛(とうつう)が起きたり、あるいは吐き気がしたりする状態をいいます。

状態によっては下痢をしたり、嘔吐したりします。

原因は、特定の食べ物を食べたり、ワインや炭酸飲料を飲んだ後に起こる場合があります。

また、食べる速度が速すぎたり、食べ過ぎたりした場合も、消化不良になる場合があります。

人によっては、刺激の強い食べ物、高線維質の食べ物、脂肪分の多い食べ物を食べたり、カフェインをとりすぎると、消化不良が悪化することがあります。


消化不良の原因の多くは過食です。

消化能力の追い付かない量を摂取すると、消化不良となります。

また、脂質の高いものは消化不良を引き起こしやすいので、多く食べると消化不良になります。

アルコールや刺激物も消化不良の原因となります。

他に、胃そのものに炎症などの疾患がある場合、消化不良になることがあります。

じっくりと噛む習慣をつけましょう。

胃にとって消化しやすい状態にしてから胃に送りこむことが重要です。

高脂肪食を控えましょう。消化に悪く、胃の不快感、下痢などの原因になります。

また、体質によって、乳糖(牛乳やヨーグルトなどの乳製品に含まれる)によって消化不良を起こす場合があります。

食事の量を減らし、こまめに食事を摂るというのも効果があります。しかし、社会生活を送っているとなかなか難しいことが難点です。

飲酒による消化不良も挙げられます。お酒はほどほどにしておきましょう。

▼病気総合情報サイト▼

消化不良 原因

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:noname
読者になる
2010年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる