須磨寺 

2016年09月18日(日) 10時38分
我が家から近い須磨寺
近いといつでも行ける
という安心感のせいか
なかなか足を運ばなくなったのは
老齢の域にはいったからかな

俳句仲間が予定を組んだので
ま、行きましょうか、になった。

何度も、このブログには登場させた須磨寺
源平合戦の折、
この須磨寺は源氏の陣地だったゆえ
数々の史跡が遺っています。
↑ リンク

ほんと、若かったです。
せっせと書きまくっていた
ヘタ句も詠みまくっていたあの頃のブログ(^^)/
ええ、1位に気をよくして参戦してましたが
アホらしくなり、ブログは記録に変更
これも加齢ゆえかしら"(-""-)"

身に入むや聞こえし平家笛の音に・・華作
(みにしむや きこえしへいけ ふえのねに)



沖に留めた船に落ち延びて行く
平家の若武者、馬上の平敦盛を
通りがかった熊谷直実が
呼び止める像が目を引きます。

振り返った敦盛を見やれば、
未だ幼さの残る少年。
落ち延びさせてやりたくも、
加勢の追っ手が大勢迫って来た
致し方なく直実は刃を若武者に向ける。

敵とはいえ
見れば我が息子と同じ年齢と
見受ける若武者。逃してやりたくも
援軍の声を後ろに聴けば
討たざるを得なかった直実の慟哭




義経が腰を掛けた「腰掛の松」があり
その下にあるは「首洗いの池」

なんともはやおどろおどろしい歴史秘話

その敦盛首検分の為に首を洗ったという池
立ち止まり見ていたら、秋の蚊がしきりに
まといつく

秋の蚊や首検分の池潜み 華作
(あきのかや くびけんぶんの いけひそみ)


露の世と首検分の池語る 華作
(つゆのよと くびけんぶんの いけかたる)



あの頃のトンちゃん若かったにゃ
おんとし22歳が目前
元気に過ごしております

実家の風 

2016年08月16日(火) 6時23分

お盆には、祖先となった御霊の弔いに
いえいえ、それだけでなく
ふる里の実父母へ孫、子を見せにと
日本列島民族大移動ですね

しかし
父母が亡くなると、ふる里は
だんだん遠くなるというが
その例にもれず、いつしか私も
民族大移動を横目で見つめるばかりになっている。



今夏は長兄の初盆会ゆえ、久しぶりに
私もその一員に加わり故郷へ向かいました。

便利な世の中になり、乗り換えがあっても
片道4時間ほどで帰省できるゆえ
一泊でのつもりを
後を継ぐ兄嫁、その甥っ子姪っ子たちが
「ゆっくりなさい、遠方からでは
また帰るというそのまたは
なかなかでしょうが・・・」

こうして
いつも優しく声を掛けてくれる。
今回はそれに甘えて
3泊4日の旅程を組んでの帰省



もうひ孫の代へと

御近所は跡継ぎは皆外へでて
人口減少一途のふる里であるのに
働き者の兄夫婦の代で実家は繁栄一途




広大な庭になんと
ラ・フランスやキーウィまで。
別に売りさばくわけでもなく
道を通るご近所さんに惜しげもなく
「取っていかんね〜」「食べていかんね〜」
兄嫁のこの気風が幸を呼び込む
亡き父母の笑みが見える実家の
まことにおおらかな風

笑む遺影集う絆や魂祭
(えむいえい つどうきずなや たままつり)
華トントン作


存分に楽しみ楽をさせていただいても
甘えちゃいかんぜよ
ふる里は、遠くにありて思うもの、
貧乏神戸の我が家へ帰着なり



大長老さんが静かに
迎えてくれました

自家製ジュース 

2016年07月20日(水) 6時35分

昨年大豊作のベランダ菜園は
↑リンク
今年はささやかな収穫

昨夏の収穫後
市販の腐葉土や肥料を入れと、
お礼肥を忘れたままでした。

土は正直なものです。
それでも痩せこけた土からも
必死に数本を実らせてくれました。


実の太りもわるいにゃ〜

それでも自然の恵みに感謝!


毎朝ゴーヤジュースに



ブルーベリーは、まだ青い実
毎朝水やりに思うは、減っているなぁ〜

フフフ、そっと盗み食いに来ているご仁は?
小鳥さんだろうね。

いいよ、いいよ、たっぷりお食べ
今の時期山には食べ物ないんだよね



初物は、先ずトンちゃんへ捧げ・・いえ
香りを食べていただきます。

歯石治療後
すこぶる元気の大長老さんですにゃ〜

病院体験記 

2016年07月15日(金) 17時59分
我が家のトントンちゃん
10月10日(トントン)が来ると22歳
これまで病院へお世話になったのは、
不妊手術の時のみです。
しかし
この数日、お口からヨダレが出っ放し
食事のあとは、お口をしきりにケリケリ。
それでもしっかりお湯を飲み食欲もあります。
うんちもおしっこも悪くありません。

でも、3日ほど前から、
アーン・アーン・アーン
弱弱しい声で泣きいえ鳴き続けます


動物の自然治癒を信じて
頑張るのよ・・とヨダレを拭きながら
呼びかけるだけだったのは
病院はストレスを招くのでは?と
いう思いがぬぐえなかったのです。


が、先日
駅前の老猫小梅ちゃんの
小さな変化を見逃さなかった見守り隊員たち
その懇願で捕獲保護して病院へ
↑リンク

其の後の驚く回復力を見て、
トンちゃんの保護者のワタクシ
22年ぶり病院へ向かう決心をしました。
(Y女史の送迎・・心からの感謝)



その動物病院を入ると
看護助士さんね、愛らしいお顔がお出迎え


ビビりっこトンちゃんは
おとなしく診察を受け、心臓も正常
体重2,8キロ(若い時は5キロあった)
お口をアーン。

なんと大きな大きな歯石
それは小指の先ほどもある大きさ
ピンセットで先生が、
さっと取り除いてくれました。

いたいよ〜いたいよ〜と
これが原因で鳴いていたのね
おバカな、かーさんだったね
もっと早く連れてきてあげたらよかった。
ごめんね。

美人の先生に
長寿の秘訣は?と聞かれました。

「怒らないことでしょうか?
いつもいい子ね、だけの呼びかけです」
ね、トンちゃんは良い子ですから

先生は、
これからも気ままに過ごす
生活体系を崩さないで、と、
アドバイスの応援を下さいました。

請求書は1,720円
余りの良心的価格に間違っているのでは、と
窓口で申してしまいました。



お家に帰宅後
お湯をたっぷり飲み柔らかくした
キャットフード(処方のお薬を入れ)
完食の食欲復活!

今夜からまたグッスリ
いえお昼間も・・でしゅ。


我が家の大長老の病院体験記
そして
ワタシもっともっと長生きしますにゃ〜



須磨の海 

2016年07月03日(日) 7時59分
私達の町須磨
須磨海岸のにぎわう季節がやってきました!

海開きの前に、老体ムチ打ち
清掃ボランティアへ!



今年も元気で参加できてよかったね、と

白シャツの腕をまくりて浜清掃


仲間と語り合いながら、ゴミ拾い



梅雨明けを待つ海の家は建設ラッシュ

そのデザインの斬新なこと!
昔のイメージの暗い狭いなどどこにもない
年々そのお洒落さに驚く。

浜風に涼しさもらい浜清掃

酷暑のなか、
浜風の強さが涼しさを届けてくれた日でした。



ご老体のこのお方は
終日寝子ろんでおられますにゃ〜

椿谷ニャン太の会更新しました。

幸せつかめ! 

2016年06月24日(金) 21時58分
こんにちは!と
Y家の玄関を入ると


山中に捨てられていた仔猫

(書けば長くなるから・・・)、詳細は省き
兄と妹のきょうだい猫
ここまでに生き残り育ったは
Yさんの手厚い看護のお世話あらばこそ



おばちゃん、抱っこしてくれる?
見あげられるとメロメロになりますねぇ



あれ、誰?誰?

好奇心旺盛の兄妹がワラワラと駆け寄り観察
お兄ちゃんはいっちょまえにふう!と威嚇
一応妹を守ってるんだって(^◇^)

この兄妹は、7月10日の譲渡会に出場します。
二匹一緒に・・そんな里親さんに出会えたらいいいなぁ



新入りさんは、エイズ白血病検査を通過すれば
里親さんがほぼ決まりかけています。


君たちは、Y家に辿りついたのですもの
運をもった「招き猫」さんだ!



こちらコンビニ前で拾われて22年
幸せしか知らない大長老さんですにゃ〜

TNR活動更新しました。覗いてみてニャ〜




盲目の猫 

2016年06月19日(日) 22時02分
神戸中心地三宮から山側へと上っていくと
北野異人界隈がほんの目と鼻の先にある
閑寂な住宅街で
今回迷子になった我が仲間の
猫ちゃんを捜索中に、その界隈には
たくさんのノラ猫の徘徊を目にした

迷子の子捕獲を兼ねて
TNR作戦を展開

そんなとき
「盲目の大人の猫ちゃんがいるのです」と
2、3人のお方から声を掛けられました

捕獲出来たら、
終生の面倒を見たいという
お申し出までもあり、なんとしても
捕獲せねばと
願って活動の3日目、
11匹搬送先の病院から
盲目の猫ちゃんがいます、と
連絡がありました。

その子だ!



ここまでどうやって生きてきたのでしょう
この町の方々の優しさが感じられ
毛並みに荒れは見られませんでした

手術後、雨風の心配なく穏やかに暮らせる
S家の子に迎えられました
S家へ幸運の「招き猫」になってね

迷子の子が導いてくれた運
お前には神様が付いているのだものね。

ノラたちもどうか幸せに
暮らしてほしいと願いながら
15匹のリリースを見送った日でありました。

椿谷ニャン太の会更新しました



我が家の大長老さん
何の気苦労もなく終日寝て喰って可愛がられて
お過ごしでられますにゃ〜



布引の滝&徳光院 

2016年06月08日(水) 11時46分

新幹線を利用するとき
そのホームから山側を見下ろすと滝が見える
それが「布引の滝」
一度は訪れてみたいと思っていた。

何も雨の日に行かんでも・・
いえ計画していた日ですから・・



同好の友たちと
新幹線「新神戸駅」1階に集合して
地下を抜けて、この橋を渡ると



そこからは、
ここが大都会の真ん中?
と、思えない六甲山系の深山が
一気に広がる

ひゃ〜みんな足元気をつけて!
声を掛け合いながら雨の中を
滝をみたい〜の引力に背をおされ
登る、上る、登る、登った!

歩きだす一歩の背押す瀑布音・トントン・華作
(あるきだす いっぽのせおす ばくふおん)




日本三大神瀑布の一つなんですって!

滝の霊気にしばしたたずみ

山鼓動渓轟かす瀑布音・トントン・華作
(やまこどう たにとどろかす ばくふおん)


滝壺の秘したる色の拡がりて・トントン・華作
(たきつぼの ひしたるいろの ひろがりて)

見下ろせば、
なんという高さまで来たものだ、いえ来れたものだ
もう再びは来れないだろう我が足のおぼつかなさ
もう記録写真どころでない、
雨の中の行軍に必死で付いていく
ところが、ところがみんな途中で脱落

あらあ、てっぺんにある茶屋まで登り切った
三人に、私が入っていたなんて・・




深藍の滝の流れの行くところ・・トントン・華作
(ふかあいの たきのながれの いくところ)


茶屋から降りる山路から
うっそうと茂る木々を見上げれば
うっすらと陽が差し込み名も知らぬ
小鳥たちの鳴き交わす美しい声に
大自然の懐にてまさに
命の輝きの素晴らしさに耳を澄ませる




登ってきた径の反対側から
そろそろと下りていく道すがらに
徳光院

ネットで下調べしたものの
まぁ、どこもそんなものなんですが
知り隊直球の説明がなされてないのが
神社仏閣の説明書というもので
どうしてこうも回りくどい結局のところ
財を築いた
川崎重工業一族の菩提寺・・ってことでしょ?

三人で、囁きあい、勝手にうなずきあい、
いま追及されまくっている、
せこい東京都知事の金の使い方にくらべりゃ、
「やっぱ神戸人は素晴らしいお金の使い方だよねぇ」
なーんて結論で、



雨しとど受けて登るやかたつむり・トントン・華作

山を上り下りた道中の一日記



六甲山にゃ
こんなタヌキさんもいるだろうにゃ〜

見返り美人 

2016年06月04日(土) 0時33分
我が家の深窓のおひいさま
トンちゃんはおんとし22歳を迎えんとしています

ニンゲンの年齢に換算すれば
100歳をとうに超すのだそうです。

ふる里はローソン前
我が家に輿入れのご縁を得てから、
ただの一度も外界という風に
吹かれるなんて体験はございません



時々、(ほんとに極たま〜に)
お出かけする家人にくっついて
玄関先までお見送りしてくれる時があります。

「お外に出てみるかい?」
細目にドアを開け外界の風を入れてあげると・・・



きゃ〜とイカ耳でぶっ飛んで




怖かったにゃ〜と
見返るのであります。


こういうのを「見返り美人」と
言いながら出かけていく
どこまでも、どこまでも大甘の家人に
見守られている美人のトンちゃん

もう、家人と同じくオオババだぁ!なんて
決して言わせませぬぞ!

ね、我が家のベイビー

「ニャン太の会」活動も更新しています

時代は巡る 

2016年05月28日(土) 19時41分
見上げる街路樹のあさみどりは
日を追って濃さをます
命があふれんばかりの躍動の季節到来に
5月3日、兄は永久の旅へ

「呼ばれしと花抗わず風に供」華(はな)作
(よばれしと はなあらがわず かぜにとも)


限られた命を生きるこの世の儚さ世の無常を
骸(むくろ)となった姿で教える。



儚き世読経供に牡丹散る華(はな)作
(はかなきよ どきょうともに ぼたんちる)



帰省ごとにふる里は育った面影はどこにもなく
見事な整備の都会的風貌の町に変貌するばかり

里山河 変わりて迷う帰り花」作華(はな)
(さとさんが かわりてまよう かえりばな)


その後も慌ただしくTNR運動に走り回り
リンク↑
我が家のほったらかしのベランダなれど


ブルーベリーも実をつけています

初夏の風は確かな命の芽吹き



紫陽花も、小さいながら愛らしい花を見せ




ゴーヤの苗は、網を伝い始めています。


おかーしゃん、それベランダに咲いたバラの花でしゅね
好奇心おおせいな、我が家の大長老さん

お年に免じてピンぼけをお許しくだされい



2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像華(はな)&トントン
» 須磨寺 (2016年09月19日)
アイコン画像よすちゃ
» 須磨寺 (2016年09月19日)
アイコン画像華(はな)&トントン
» 須磨寺 (2016年09月18日)
アイコン画像まおまお
» 須磨寺 (2016年09月18日)
アイコン画像華(はな)&トントン
» 実家の風 (2016年08月16日)
アイコン画像まおまお
» 実家の風 (2016年08月16日)
アイコン画像華(はな)&トントン
» 自家製ジュース (2016年07月21日)
アイコン画像よすちゃ
» 自家製ジュース (2016年07月20日)
アイコン画像華(はな)&トントン
» 病院体験記 (2016年07月16日)
アイコン画像華(はな)&トントン
» 病院体験記 (2016年07月16日)
アイコン画像姫の執事
» 病院体験記 (2016年07月16日)
アイコン画像まおまお
» 病院体験記 (2016年07月16日)
アイコン画像華(はな)&トントン
» 病院体験記 (2016年07月16日)
アイコン画像瑠美
» 病院体験記 (2016年07月15日)
アイコン画像華(はな)&トントン
» 須磨の海 (2016年07月03日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:華(はな)&トントン
読者になる
一度きりの地球人生、 好奇心旺盛に自分の人生彩り生き切らなくっちゃ
Yapme!一覧
読者になる