子どもの日 

2017年05月05日(金) 23時38分

幼児を見ていると
成長って言葉をシミジミ
↑リンク



帰省子の余白飛び出す育ちかな

(きせいしの よはくとびだす そだちかな)
大きくなったね、



ワイン城に入ると
シャボン玉製造機から
噴出するシャボン玉が大空一面
煌めく光が出迎えてくれました。

幼児は大喜び
その光を追って追って
走り抜けていく子等



風捉へ宙へと旅のしゃぼん玉
(かぜとらへ そらへとたびの じゃぼんだま)

走り抜けやがて少年青葉風

振り返れば、時は一瞬
輝く命が育っていく



ガラポンをしたいという幼児
なんとなんと、
神戸ワイン2本を引き当てました。

周囲からどよめきが起こりました!
幼児は
「なんで?なんで?
あたったらよくないでしょ?」とパパママに
怪訝な顔の質問を向ける

「車が大好きなので、車があたる、つまり事故を
思い浮かべたのね」と

”あたる”という意味の違いをママは
じっくり説明

幼児の言霊ほこほこ端午の日

(おさなごの ことだまほこほこ たんごのひ)

こうして、思い出をたくさん残して
東京へと帰って行きました。
又逢おうね。

人声の華やぎ溢るこどもの日
(じんせいの はなやぎあふる こどものひ)
・・でした。






さくら咲く 

2017年04月05日(水) 0時04分

各地から桜便り
全国各地にさくらの名所数々あれぞ
遠出しなくっても、近場にある
花の名所へと我が足元にある
「会下山(えげやま)」へ

「新・こうべ花の名所50選」
で選ばれている桜の名所です。

同好の仲間と
桜を詠みに参じました。

街中の山公園は、標高80mほど
とにかく登らなあきまへん

ひと休み多くなりして花の阪

華麗いえ加齢には堪える坂登りです



まだまだ2分咲き、ちと早かったね
と言いながら登って行きました

ひと足早かった桜・・見あげてた時
遠景に、あれは
ミモザのなんと見事な大木


会下山のてっぺんにこんな
見事なミモザがあったっけ

もう、この山公園には2,3回
桜の季節には来ています・・が
気がつかなかった

真っ黄色の花を揺らす
風抱き風に抱かれして
ミモダの優雅さを
しばしみあげていました。

 風抱き所在示すや花ミモザ
(かぜいだき しょざいしめすや はなミモザ)



もう4.5日もすれば
会下山は、桜満開に埋もれた
花の山になりますね

今はまだ

 会下山のまだら咲く樹々風光る
(えげやまの まだらさくきぎ かぜひかる)



今年も桜が見れたね
、華麗いえ加齢組のひと日でした。

嘆き節 

2017年03月26日(日) 22時29分
通っているスイミング&ジムは
裸の付き合い(?)がもう永い

「亭主元気で留守がよい」と言いながらも
家族愛にあふれた
主婦連合(?)会員の皆々さま


そこで飛び交うお仲間の会話は
世の世相を切りまくりで
立ち聞き・覗き見・納得聞きで
ありまして

時には
理不尽を通そうとする
その辺りのオッサンやオバサンたちの
ご近所世間とその舌戦で
闘って来たのご披露は
ここでウサ晴らしかもね

どちらが正しいか関係ないもんね、と
(内心誰もが思っているのでしょ)(^◇^)
聞き入り

笑わされたり
納得させられたり
一緒に怒ってやったりと
スポーツジムは体ばかりでなく

衰えが加速するばかりの
脳活性化にも刺激を
日々鍛えられる場所のようです

この頃は話題筆頭は
くぎ煮炊きの嘆き節に
花が咲き・・・

関西の地場産業を変える
瀬戸内に春を告げる勢いを持つ
イカナゴ談義でありまして
↑(2016年3月12日)

「ついに炊けず終いになりましたね」
「私は1キロだけ炊きましたよ」
「もったいなくて食べられないでしょ」
「はい、飾っておきまする」
「もう庶民の味じゃないもんね、」

関西人はみんな
大阪のおばちゃんですね
明るく笑い飛ばして

とうとう終わりを告げた
今年のくぎ煮不漁の顛末記

くぎ煮炊く運ぶ香の風遠去り
(くぎにたく はこぶかのかぜ とおざかり)

来た春を掴めぬ妻の没日かな
(きたはるを つかめぬつまの ぼつびかな)


我が家で大イビキをかいてネンネしていた
保護猫みいちゃん、トライアル中です

元気にしているかなぁ
寂しくしていないかなぁ


イカナゴの暴騰&暴投 

2017年03月19日(日) 22時44分
ええっ!
1キロが4000円ですって!
主婦たちの悲鳴が
飛び交った店先でした

待ちに待った
瀬戸内に春を告げる
イカナゴ漁解禁日

今年は例年よりも
ずっと遅い解禁でも
春の味を炊き上げるのを
楽しみに待っていました

そしてやっと来た!と並んだ店先
その価格の暴騰ぶりたるや
もはや「瀬戸内の春」と
気楽に言えない、送れない
超高級品は手が出ない。

店頭から主婦の姿は
ごっそり消え・・・
昔の栄華を偲びます
こんな日もありました。2008年のリンク



この日に備え
醤油やお砂糖と買い占めて
待っていた、なのになのに

この暴騰はまさに暴投
地場産業のすべてに直撃ですねぇ

待てば海路のひよりあり・・
そのうち下がるわよ、と待っていたところ
さらなる暴投が胸を貫きました


「イカナゴ漁きょう終了
資源不足、わずか12日で
大阪湾、播磨灘も前倒しで」
今日の新聞記事に絶句

イカナゴを炊いた、
10キロ炊いた、いいえ私は20キロと
笑いあったは
昔語りに成り果てし暴投の
神戸の春模様

買えぬ値や春は闇夜の波の音
(かえぬねや はるはやみよの なみのおと)


春興す海の香淋し夢もよひ
(はるおこす うみのかさびし ゆめもよう)


保護猫みいちゃん、トライアル決まりました。
大イビキをかいて寝呆けていましゅ



太鼓&琵琶&尺八のコラボ 

2017年02月28日(火) 22時52分
外食産業花盛りも、
星いくつ?とランキングがかまびすしい
ここは☆いくつ?
本日は、地元のお方がおすすめの
フランス地方料理レストランと
銘打った小さなお店で軽くランチの後
「神戸酒心館」へ



ここは、その名を一気にとどろかせたのは
山中教授ノーベル賞授賞式の晩餐会に
「福寿」という銘柄のお酒が供された
その蔵元なのです。

いえ、本日は、お酒のお話ではなく
その蔵元に併設されている
ホールギャラリーにて開催の
酒蔵公演「輪田鼓」へ馳せ参じた記録です

和太鼓と尺八、琵琶でつづる・・と
銘打たれ酒蔵は満員



時は平安時代の末期
源平の合戦で、屋島から壇ノ浦へと
落ちゆく平家の滅亡が
琵琶の弦に乗せ、せつせつと弾き語り

源平の兵見えし余寒かな
(げんぺいの つわものみえし よざむかな)

春更けて武者の叫びや乱れ打ち
(はるふけて むしゃのさけびや みだれうち)

合戦の激しさを
太鼓の乱れ打ちが揺さぶり

やがて尺八のもの哀しい音色が
うつしよの儚さを謳う

平家の怨霊が
琵琶法師の芳一を呼び寄せ・・と
和太鼓と琵琶の尺八の音の
コラボレーションを
ちよっぴりのお酒をたしなみながら
楽しんだひと時でした。

浄むるごと太鼓轟く春館
(きよむるごと たいことどろく はるやかた)



予約は3ヶ月先 

2017年02月23日(木) 22時16分
そのお店は、
目的をもって行かなければ
通り過ぎてしまいます。

なんでって
看板ありません。

しかも
民家が並ぶなかにあり
お店しています・・
という顔していない
ごく普通の民家の顔をした
居酒屋さんです

しかし
予約以外は入れません
しかもその予約は3ヶ月先まで
取れないのです



お店の中は卓が4卓だけ

その一卓を、詰めて詰めて・・と
6人の同好のお仲間と訪問は
今回で2回目です。

友人のメニュー選択に
すべておんぶにだっこのお任せ
(・・というより知らないメニュー名ばかり(´・ω・`))

※フライドポテト アンチョビソース

フランスパンをちぎって
残らずアンチョビソースを付けてっと

ええっとメモしたのはこれだけ
メモ書きどっかへ飛んで行って
イタリアン風?
どれもこれも独創的な一品に
箸が止まりません

絶品のさすが!のお味が次々



しゃべって笑って、飲んで、食べて

私の老後、
若者たちのお蔭で
益々豊でありますにゃ





水温み待ちわび溢るわらひ声
(みずぬくみ まちわびあふる わらいごえ)
水温み・・春の季語




須磨海岸で禊ぎ(みそぎ)&追儺式 

2017年02月03日(金) 17時40分
明日は早も立春
春は一年の始まり。

この立春を迎える行事を節分といい
邪気を追い払ひ、春を迎える追儺(ついな)式が
何処の神社でも執り行われたことでしょう

我が町にある長田神社の鬼は
鬼を追い払うではなく
神のお使いとしての鬼
神々に代わって災いを祓い清める
鬼なのだそうです



ここは、遠くに
世界一の明石海峡大橋の見える
風光明媚な阪神間でも有数の海水浴場

その須磨の海にて
神の代理を務める追儺式の鬼役が
早朝の海に入って身を清める
禊ぎ(みそぎ)の儀式をする

祓い浄め古式ゆかしき追儺式
(はらいきよめ こしきゆかしき ついなしき)

須磨海岸は我が庭なるのに
いつも翌朝の新聞にてその儀式が
執り行われたを拝見するだけだったが

今朝は同好の友たちから
一度は拝見しようじゃないか・
とお誘があり、馳せ参じた。

締め込みの若衆浄めの鬼やらひ
しめこみの わかしゅうきよめの おにやらい)



神の代理人7匹の鬼役は
しめこみイッチョで
寒風吹きすさぶ須磨の海へ一斉に向かう

渾身をきりり締め込み鬼やらひ

(こんしんを きりりしめこみ おにやらひ)



青年たちは前日の夜
井戸水を400杯浴びての練習を
重ねて、今日を迎えた・・のですって

サブ〜
見物人からグワンバレ〜の拍手

禊ぎ(みそぎ)は一度だけと思いきや
7匹の鬼役、いえ神の代理人は



たき火の元に駆け寄ったかと思えば
又も海水へと7度も
海水に浸った、いえ禊ぎ(みそぎ)



その後、
荒ぶりて脚踏み鳴らす追儺鬼
(あらぶりて あしふみならす ついなおに)

お祓いの神事の鬼の舞を見せてくれました


(パンフレットより転写)

追儺鬼のおどろおどろし邪気祓い
(ついなきの おどろおどろし じゃきはらい)
夕刻近くに長田神社で見られる
古式ゆかしい節分の
追儺式の鬼いえ神の代理人の禊ぎ(みそぎ)
の早朝須磨海岸の記。

昭和は遠くなりにけり 

2017年01月29日(日) 21時15分

友人よりの電話
「表の車道に出といて!」

急ぎ飛び出し、車を待てば
窓より差し出されたのは
店頭に出すとすぐに売り切れると評判の苺
それも
「食べ比べてみなさい」と二パックも差出し
あっという間に走り去っていったのは
昔の高校職場同僚からのプレゼント



苺は夏の季語
私の子ども時代苺は野イチゴよ
買ってもらった思い出なんてなし
思い出辿れば
到来ものだったか、数粒の苺を
絵本とおんなじだぁ
しばし眺めてそろりと口にいれ・・・


苺ひとつ分け合う昭和灯をともし
(いちごひとつ わけあうしょうわ ひをともし)

点りたる貧しき頃の苺かな
(ともりたる まずしきころの いちごかな

温室栽培の技術の進歩で
年中、しかも競う品種の多種多様さ
ほんまにこの世の豊かさ謳歌の苺



ときめきの朱の艶やか春を詰め
(ときめきの あかのつややか はるをつめ)




脇役の添えて主役の苺かな
(わきやくの そえてしゅやくの いちごかな)


数日前
マミタヌキ家にてお仲間とお茶会
昭和が子供時代だった私にゃ
日本の豊かさを体得する日が来るなんて・・

見果てぬ夢紡ぎし頃の苺かな
  (みはてぬゆめ つむぎしころの いちごかな)

昭和は遠くなりにけり

初夢くじ 

2017年01月05日(木) 0時02分
写真を撮っときましょう



同行のカリンさんが
その懸賞看板をパチリは
もう当たる気満々だったのでありますね。

当たらなきゃ困る、資金を増やさなきゃ
はいッ
「にゃん太の会」プロジェクトチームは
あの人この人の実情を見ながらの行動です。
ゆえに
TNRをしながら募金を呼びかけても
そのお方のご家庭を訪問して
障害を持ち苦しい生活から募金を
賜わったと知れば、三人の
気持ちが許さず

ご厚意に感謝ですと猫餌を


これ募金のお礼です

なんでって?、

「できる範囲で」
「負担かけないように」が
私達のモットーなのですから。

幸いに手術代は
「どうぶつ基金」の援助を得んと
みんなで手分けして応募しています

私達面談して決めているTNRを
足元地域の本当に困っているお方に
もっと手を伸ばせるようにしたい。

「人も動物も幸せになるように」

そのための活動資金集めに
くじ運のよい華さんが31枚もの
くじ引きを代表して回すのよ!
・・となったのですわ

なんで31枚も引けるのですかって?

マミタヌキさん・カリンさんの
交換ポイント券
みいんな吾輩に託された・・でありますわ

昨年は、たった7枚の私のくじ引き券で
それも一枚目で大当たりを引き当てた!
↑リンク

その期待を背負っていざ出陣!
双六や夢を積み込み意気高し
(すごろくや 夢をつみこみ いきたかし)
双六・・お正月の季語


先に並ぶ方々から大きな鐘の音がするたびに
イヤダなくなっちゃうじゃん
なーんてさもしい気持ちが邪魔をして
・・
回せど回せど白玉のハズレばっかり

戦いすんで日が暮れて・・・



50円券〆て29枚1450円也

では、3人で分けましょう
・・ではなく
「保護猫お世話のK田さんへプレゼントしましょ」
ハイ、なんでか
3人の気持ちはいつもこうなるのです。

我が大当たりは、
この素晴らしきお仲間との出会いの
一年でありましたから、
これ以上の欲どおしさを
許されなかった・・・でありましょうねぇ。

夢語り積み荷数えて初笑
(ゆめかたり つみにかぞえて はつわらい)


天使たち 

2017年01月02日(月) 21時40分

酉年・兄嫁の作品です

本年もよろしくお願いいたします



梅の花ほころぶ綱敷天神さんへ初詣

お元日つつがなきこと輝きて
(おがんじつ つつがなきこと かがやきて)


その帰り道
あー悔やまれます。
写真を撮っておかなかったことが

その騒動は・・

須磨駅近く商店街の歩道でのこと
大きな真っ黒のラブラドール犬が
横たわっています
手綱いえ首輪の紐を持つ青年が
困ったような顔をして見下ろしています

あれっどこか具合わるいのかな・・
若い二人連れが、振り返りながら
傍を通って行きました

でも、私はその騒動がすぐにわかりました

ラブラドール犬は、ゴネているのです
帰りたくないワン!もっと遊ぶんだワン!

優しい飼い主青年は、
強く紐を引っ張ることをせずに
幼児の我がままを見るように
また始まった・・と
困惑しながら見下ろしている・なのです

ばあばが近づき、ゴネてるラブ君に
「帰りたくないのね」・・と声を掛けると
跳び起きて抱きついてきました。

しばし、両手を持ちあげ、
そうなの、そうなの、ヨイヨイヨイ
時間にすれば2,3分なのです

でも彼いえラブちゃんは
機嫌よくなりさっさと帰途へ

笑ってしまいますね
このまっすぐなまっさらな
生き物たちのこころ根

言葉なき言葉がどんなに
私達を癒してくれてるか

犬も猫も言葉なきこころの言葉
私達をどんなに輝かしてくれているか

百態の欺き癒す冬日向
(ひゃくたいの あざむきいやす ふゆひなた)

愛しき生き物たちは、
欺きに疲れ果てる人間界の
天使たち・

この天使たち、幸せに
生きられる一年でありますように

2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像華&トントン
» 子どもの日 (2017年05月08日)
アイコン画像まおまお
» 子どもの日 (2017年05月06日)
アイコン画像華(はな)&トントン
» 子どもの日 (2017年05月06日)
アイコン画像sskショー
» 子どもの日 (2017年05月06日)
アイコン画像華(はな)&トントン
» 嘆き節 (2017年03月27日)
アイコン画像まおまお
» 嘆き節 (2017年03月27日)
アイコン画像華(はな)&トントン
» イカナゴの暴騰&暴投 (2017年03月26日)
アイコン画像マフィントップ
» イカナゴの暴騰&暴投 (2017年03月21日)
アイコン画像華(はな)&トントン
» イカナゴの暴騰&暴投 (2017年03月20日)
アイコン画像華(はな)&トントン
» イカナゴの暴騰&暴投 (2017年03月20日)
アイコン画像sskショー
» イカナゴの暴騰&暴投 (2017年03月20日)
アイコン画像まおまお
» イカナゴの暴騰&暴投 (2017年03月20日)
アイコン画像華(はな)&トントン
» 太鼓&琵琶&尺八のコラボ (2017年03月19日)
アイコン画像マフィントップ
» 太鼓&琵琶&尺八のコラボ (2017年03月18日)
アイコン画像華(はな)&トントン
» 太鼓&琵琶&尺八のコラボ (2017年03月01日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:華(はな)&トントン
読者になる
一度きりの地球人生、 好奇心旺盛に自分の人生彩り生き切らなくっちゃ
Yapme!一覧
読者になる