藤岡芳由紀の伝統的な神輿の担ぎ方 

September 22 [Mon], 2008, 11:24
単に町を歩いてお旅所(神酒所)と呼ばれる目的地を回るだけのものや、荒々しく揺らしたり神輿同士をぶつけ合ったりするものなど様々で、祭りの中でそれが果たす役割は多種多様である。荒々しく揺らすのは、神の霊を揺り動かして活性化させる(魂振り)という意味がある。

代表的な担ぎ方としては、「わっしょい、わっしょい」で並足で揺らさない平担ぎが全国で一番多いと思われる。

東京都内では「わっしょい、わっしょい」の江戸前担ぎが有名だが 近年は神輿同好会等の影響で「セイヤ」「ソイヤ」が増えている。 浅草三社祭・鳥越祭り・神田明神祭などで見られる。 また、最近になって神輿御渡を始めた地区などでこの担ぎ方を採用するなどして全国に広まりつつある。

以上、藤岡芳由紀がお送りする伝統的な神輿の担ぎ方でした!!
来年のお祭りに参考にしてみて下さい

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:41523
読者になる
2008年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる