弱くなってきた。 

May 28 [Sat], 2005, 22:51

自分がすごく、弱くなってしまった気がする。
人に頼らないと生きていけなくなってしまったような。
そんな、弱さ。

あたしじゃない。
こんなの、あたしじゃない。

矛盾が頭の中で、体の中で、ぐるぐると渦巻く。

このまま、あたしは壊れるんだろうか。
このまま、あたしはなくなるんだろうか。
このまま、あたしは誰にも忘れられてしまうんだろうか。

本当のあたしはどこにいるの。

バカみたいに。 

May 27 [Fri], 2005, 22:48

バカみたいに笑って。
バカみたいに取り繕って。

あたしは何を得られた?

- - - - - - - - - - - - - -

笑うコトに疲れてしまった。
あたしを保つコトにも、疲れてしまった。

- - - - - - - - - - - - - -

君の言葉ひとつひとつが
僕にとっては唯一の宝物だったんです。

君の言葉だけで、幸せになれた。

- - - - - - - - - - - - - -

いつか、この心が壊れる時。
あなたを最後に思い浮かべるでしょう。
いつか、この体が果てる時。
あなたの傍に居ることを願うでしょう。

いつかあなたと共に、

- - - - - - - - - - - - - -

リスカの痕を見て、苦しくなった。
私の痕ではないのに、それはとても苦しくて。
それはとても、痛々しい存在感を表していた。
辛くて。
辛くて。

ストレスなんかじゃないはずなのに、心が埋め尽くされていく。
それを、人はストレスと呼ぶのかな。
ぎゅうぎゅうの心は、いつか破れる。
そして私は、壊れていく。

嫌いになったなら言って?
もう、近付かないから。
二度と、…。

安泰…? 

May 25 [Wed], 2005, 22:43
「お前らは安泰でいいよな」

と、今日言われた。
そこで悩んでしまった自分が、居る。
安泰、なのかな。
これは安泰って言ってもいいのかな。

多分きっと、あたしは相手に辛い思いをさせている。
あたしはそれを知りながら、少し距離を置いている。
バレないようにしているつもりでも、あたしはバレやすい。
だから、彼にはきっとバレてるんだと思う。

ごめんなさい。
どうして、悩んじゃったんだろうね。
安泰?と聞き返してしまったんだろうね。
どうして。


もう、全てがバカバカしくて仕方ない。
皆に嫌われてる気がする。
被害妄想。
自意識過剰。
…あたしはバカだ。

ごめんなさい、…。

再確認した想い 

May 20 [Fri], 2005, 20:07

一緒に居ると、嬉しくなる。
一緒に居ると、それだけで満たされる。
そんな想いが「好き」なんだよね。

一緒に居て、嬉しいって思った。
一緒に居て、心地いいって思った。
一緒に居て、なんか気分が上がった。

しばらく一緒に居なかったけど…でも、この気持ちは本当なんだって気付いた。

例え、本気の「好き」じゃなくても。
例え、誰かに負けてしまう「好き」でも。

でも、あたしは好き、なんだよね。


不安に思いながら進んでく。
時は止まらない。

もっと前へ。

大切に思われる想い 

May 14 [Sat], 2005, 18:24

昨日、友達と夜の0時頃から、ずっと電話してました。
別に、昨日一日ずっとネガティブだった訳じゃない。
ただ普通に、過ごしていただけなのに。
電話していた1時間50分、ずっと怒られてました。

『それってブス、ブサイクなヤツへのいやみなわけ?』
『ふざけんなだし』

メールから始まった会話。
でも、読んだ瞬間に泣いてしまった。
いやみな訳ないのに。
あたしが一番、………。

『周りに明るく振る舞ってるかもしんないけどそんなん偽りでなんも楽しくねぇだろ』
『ってかそれを知ってる奴からするとそんなんはっきりうぜぇんだよ』

なんで、明るく振る舞ったらうざいんですか。
ネガティブだから、周りに暗い感情を持たせたくないから、だから。
それなのに、なんでダメなんですか。

こんなあたしを可愛いって言ってくれてありがとう。
一緒にあたしをポジティブにするって言ってくれてありがとう。
ちゃんと相談には乗るって言ってくれて、ありがとう。

あたしを怒ってくれて、ありがとう。

でも、あたしを否定しないで。
ネガティブなあたしを否定しないで。
ポジティブになれないあたしを、否定しないで。

依存したくない。
でも、依存したい。

ありがと、……。


自分が、嫌い。
気持ち悪い。
でも、誰かに必要とされていたい。
皆に必要とされていたい。
無理な話。
嫌い。嫌い。嫌い。
我侭なあたしなんか、大嫌い。
自分が気持ち悪い。
嫌い。

曇りの想い 

May 05 [Thu], 2005, 23:07

どんどん自分の想いがわからなくなっていく。

相談すれば、どうにかなるのか。
この気持ちはちゃんと定まるのか。
そんなことは分からなくて、…どうしたらいいのかも、分からない。

好きです。
好きだよ。
好き、……。

この言葉は、偽りなのか、それとも…。


100中、100。
そんなの、一生に一度、あるかないかだと思う。
その恋に3回も出逢えた私は、幸せなんだろうな。
……だからこそ、今の恋がわからない。

こんな中途半端な気持ちで付き合ってていいのかな。
でも、離れるのは恐い。
一人に戻るのが恐い。


……こんなので、ごめん、なさい…。

言葉にならない想い 

May 04 [Wed], 2005, 19:07

生きることって、何だろう。
何のために生きてるんだろう。

きっと、これはとても難しいことなんだと思う。
私が考えるには、若すぎてわからないんだと思う。
経験もまだまだなくて、分からないことがいっぱいで。
何にも分かってないのに、生について考えても。

でも、生きることは難しいんだと思う。
生きることが出来なくて、死んでいく人は何人もいる。
じゃぁ、死んだ人は臆病者なのか。
私は、違うと思う。
死ぬことは、とても恐くて勇気のいること。
死にたいと思うくらい、生きることに嫌気がさしたのだ。
何を分かった風に、と思われるかもしれない。
私の周りの環境がいいから、と思うのかもしれない。
…それでも、私はそう思う。


考えがうまくまとまらなかった。
…今日、こんなことを思ったのは、ミュージカルを見たせいだ。

生きることの、力強さを学んだ。

流されてる想い…? 

May 03 [Tue], 2005, 22:06

ただ、流されているだけなのか。
それとも、ちゃんと私の気持ちが含まれているのか。
最近よく分からなくなる。

それはきっと、離れてみればわかることで。
でも、離れてしまうと遠ざかってしまいそうで、恐い。
自分の想いをつなぎ止める自信が、ない。

好き、と。
思い込めばきっと、好きになれるんだと思う。
でも、それは「好き」じゃないと言ってるのと同じコトで。
どうしたらいいのか、わからない。

距離を置いた方がいいのか。
それとも、ずるずると続けた方がいいのか。



人を好きになるって、どんな感じだったっけ。
人を好きになるって、こんなにもドキドキがなかったっけ。
私は今、誰が好きなんだろう。

私の好きな人は、誰?

寂しい想い 

May 02 [Mon], 2005, 21:06

言ってるコトと、やって欲しいコトは、私の中では逆なのだ。
つまり、ほんとは傍に居てほしいのに、遠くへ行くようほのめかす。
つまり、一緒に帰ってほしいのに、皆と帰るように告げる。
つまり、……相手に気付いてもらいたかったのだ。

バカな遠回りばかりやっているが、でもそれは大事なコト。
自分からは絶対言えないから、逆のことを言う。
でも、やってほしいことはあって、それに気付いてほしくて。

ほんと、バカだなぁ、って実感する。
どうしようもない、バカだ。


ネガティブになるにしても、相手に気付いてほしいと思ってる。
本当のことを言わない代わりに、それでも解ってほしいと思ってる。
口にはしないけど、心の底では気付いてほしいと願っている。

……それなら、そんなことをしないで素直に口にすればいい。
そうすれば、すぐに気付いてもらえる。
そして、相談に乗ってくれる。
………それが出来れば、苦労はしないのだけど。


言って、嫌われるのが恐い。
言って、迷惑がられるのが恐い。
言って、見捨てられるのが、恐い。

バカな私。



自分では言えないけど、気付いてほしいコトはある。
…気付いてあげられるような、優しい人になりたい。

時間は進んでいく 

May 01 [Sun], 2005, 20:28



いつか、消えてしまうなら。

いつか、心が届かなくなるなら。

いつか、忘れてしまうというなら。



私は、どうすればいい?



心の奥で感じたことを、忘れないために。

小さな感動も、忘れないために。

この想いを、忘れないために。




ここに、私の想いを残します。





いつか、この想いが届きますように。









とにかく、日々思うことを綴っていきます。
嬉しい想いもあるでしょう。
哀しい想いもあるでしょう。
全てを、忘れたくないので。

今の私を、忘れないように。
いつか、これを見て笑ってやりたいな。

2005年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:410-yoito
読者になる
Yapme!一覧
読者になる