2005年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:40worm
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
ありがとう / 2005年06月11日(土)
この5年間。
パソコンというものを手にしてから5年間。
多分文字を言葉を紡がなかった日は一度として、無い。

今、急に思った。
メールにしろ日記にしろ小説にしろ詩にしろ。
毎日毎日わたしは白い画面と向き合ってきた。
5年間、1825日。

5年前の私は、とある事でもう半分死にかけていて。
何もする気がなくて。生きる希望も気力もなくて。毎日泣いていて。

このままではいけないとパソコンを買ったのだった。
何かしないといけないと思ってこの相棒を手にしたのだった。

それから5年。
何もかもを電波に乗せて言葉にして垂れ流した。
楽しい事も嫌な事もあって。何人もの人とこの電波の上で出会って。
こうして今もひっそりと息をしている。

こんな小さな箱に頼って生きるなんて。人は笑うかもしれない。
だけど私は涙が出ます。
こんな小さな箱の世界で泣ける程に濃密な感情を抱いています。

ありがとう。
 
   
Posted at 22:18 / 心の呟き / この記事のURL
コメント(0)
報告 / 2005年06月04日(土)
結果がでました。ダメでした。

5000通以上の応募総数の中で最終まで残れただけ
まだ頑張ったほうなのかもしれないと思うけれど
結果が出ない事には何も意味がない。無意味。

モチベーションはさがりますし、腐りもしますが。
これしかないので。
致し方ないので。

また地獄のようなストイックな日々を。
言葉の洪水に溺れる日々を。

想像するだけで簡単に死ねそうですが。
書くのを辞めても死ぬと思うので。
それなら言葉の洪水の中で溺れ死のうと思います。

負けない。絶対に負けない。
弱虫のまま強くありたい。
 
   
Posted at 22:05 / 心の呟き / この記事のURL
コメント(0)
わからんなぁ / 2005年05月23日(月)
何か意見というかコメントだすべきでしょうか。
近頃騒がれてるらしいですけど。
コラムも拝読しましたけど。
各サイトまわらせていただきましたけど。

嫌な言い方になりますけど。

そんなの今さらじゃん。

としか。言いようがないです。
今回は例のコラムによって色々と波紋が広がっていっているようですが。
彼は肯定的というか、お仕事上の感性でしょうか。
面白いと思っていらっしゃるようですね。
トークライブでもその話をされたようですし。
場合によっては茶化した警告なのかもしれませんが…。

注意書き、検索避け、ランキングサイトには登録しない。
鉄則ですよね。最後のは自由だと思いますけど。
フルネーム検索で出てしまうなんてのは問題外というか…。
あらしもさらしも、ご本人の閲覧も、ちくりも全部。

はなからわかっていたことじゃないですか。

それを今。今になってあわあわしても。
よくわかんないな。
別に傍観するわけではないですけど。
もうこれ以上はどうにもならないと思うし。
誰かが取り仕切るものでもないと思うし。

やばいとか。危機感とか。怖いとか。全部今さら。

こういうコメントはする気もなかったのですけど。
知らないの?と思われるのは心外なので、知ってはいますという報告。
知るも何もしつこいようですけど全部今さら。

とりあえず簡単な工事が必要かなと思いますが…。
よくわからない、というのが一番の感想。
 
   
Posted at 20:36 / 心の呟き / この記事のURL
コメント(0)
頑張れるかな / 2005年05月17日(火)
頑張れという名のプレッシャーに負けた事がある。
正確には八方塞がりになって潰れたのだろう。

以来、人に頑張れという言葉をほとんど言わなくなった。
応援したい気持ちはあっても極力頑張れという言葉は控えるようにした。

テレビで一人の少年が言った。

「その気持ちに応えないといけないと思うから」

少しだけ。頑張れという決まりきった応援文句も悪くないと思った。
プレッシャーなんかではない。だとしたら何か。
それはよくわからないけれど。
重たく感じてしまう自分自身が弱いだけなのかもしれない。

人の気持ちに応える。
それも悪くないんじゃないか。
ありがとうという言葉の代わりに頑張る事。
それも悪くないんじゃないか。

頑張れ。
頑張る。

きっと本当は「頑張れる」。
二つの言葉が呼応して、頑張れ。頑張る。は、頑張れるに成る。

もうすぐ結果が出るので本当は少し怖いんだろう。
無理だと頭でわかってはいてもリアルな現実が眼前に広がったら。
また途方もない言葉の旅に出なくてはならない。
どうか応援してやって下さい。
「頑張れる」ように頑張りますから。
「顔晴れる」ように頑張りますから。
 
   
Posted at 21:04 / 心の呟き / この記事のURL
コメント(0)
大人ってなんだ / 2005年05月15日(日)
ドラマを見てて思ったのですが。

人の運命ってのは単純に些細に変化するものなんだなーと。
背中を押すとよく言いますが。
強く押されたら出たくないなと思っても半歩だろうが一歩だろうが出てしまうわけで。出た分を戻るか戻らないかを決めるのが己の判断なのだなぁと。

そんな事を思いました。

早く大人になりたいという願望は誰しもがもつものだと思っていたんだけれど。
今振り返ってみると自分は一度だって大人に憧れを抱いた事なんてなかった。
「なりたい」と思った事はなく
「なってしまった」今は大人って哀しいと思う。
だけど子供に戻りたいとも思わない。

当然ながら大人ってのは年齢の問題ではない。
二十歳になれば自動的に成人とみなされ大人扱いされるけれど。
うちの職場の二十歳なんて本当にくそくらえなガキだと思う。
当然の礼儀が出来ない。
それを最初は疎ましく思い苛々したものだけれど、よく考えてみれば二十歳はまだまだ世間知らずなガキなのだ。そんなものだと思い当たり前の挨拶や当たり前の礼儀をそれなりに教えてみたり。

大人になるというのは知らなくていい事まで知ってしまう事だ。
裏の裏まで知って希望や憧れは現実の前に儚く打ち砕かれ。
熱意なんてものは冷めざるを得ない。
そうしなきゃ生きられない。
だから大人の説教はウザイんだ。

子供のままに大人のフリは格好悪い。
格好いい大人ってなんだ?と思う。
少なくとも私は相当にダメで格好悪い大人だという事だけは確か。
大人って格好悪いんだ。
だけど大人のフリをしてみる事は、もっと格好悪い事だと思うわけで。
大人ってなんだろうなぁと思う。
結局は子供だとか大人だとかではなくて、人としてどうかって話なんだろう。

私はダメな人間です。それだけは確か。
 
   
Posted at 00:33 / 心の呟き / この記事のURL
コメント(0)
課題が山積 / 2005年05月04日(水)
約二ヶ月ぶりに本家を更新した。
基地もどうにかせなあかん(笑
課題が山積です。


女子のたしなみリップクリーム。
皆さん何をお使いで?
今まで何本となく使ってきましたが、ずっと潤いが続くものってなくて。
だけど、いっこあったんよ。

DHCのモイスチュアリップ。これ優秀コスメです。
1回塗ると、ずっとふっくら柔らか。乾燥しない。お薦めです。
珍しく使い切りそうだもん。

ファンデは女優肌になれると名高いエクスボーテを推薦。
びっくりするよ。絶対に崩れない。こんなキレイに付くもんかと思う。
まぁ、お若い方は何使ってもピチピチだと思いますが。

とりあえず乾燥唇に悩んでる方はDHC使ってみてください。

そんなわけでドラッグストアが大好きな私なのですが。
今日ドラッグストアをぶらぶらしていたら店員さんに声をかけられてビックリしました。
何。なんなの。

「ビタミン剤お探しなんですか?」

と。もっのすごく爽やかな笑顔の可愛い店員さんが。
その笑顔に眩しさに「いや…いいんです」と逃げる。
手にしていたのは今話題のQテンなんとかだったんですけど。
その店員さんがですね、今思えば好みのタイプどストレートで(笑
誰かに似てんなと思ったんですが…。
多分ね、スピワの潤さんを、もっと可愛くしたような顔です。
短髪で背が低くてバランスのよい顔。
背の低い男が好きなんですよ。160センチ台万歳です。
その店員さんは私と目線がほぼ同じだったので160半ばか後半ぐらいかと。
うん、でも、ものすごい人見知りなので次に行ってもぜっったいに喋らないし見もしないと思います(笑)しかし眩しい笑顔だった。
 
   
Posted at 23:43/ この記事のURL
コメント(0)
ケセラセラ / 2005年05月02日(月)
色んな報告とか書き損ねた事を一挙に。

報告

・第二次審査も無事通過したらしく最終審判は来月です。
なるようにしかならない。ケセラセラだ。
・本家、月基地共に放置状態ですみません。
とりあえず生きてますし続ける気は満々です。
更新もしてないのに拍手とかありがとうございます。
近い内に何か書きたいとは…書きたいとは思っています。

気付いた事

・自分ものっそいゼリー好きやんという事に今頃気付いた。
てか、今日気付いた。
・改めてポロシャツが好きだという事にも気付いた。
あいつは万能だ。可愛い。

突っ込んだ事

・先日夜中に「ごきげんよう」が放送され「時間を変更してお送りしています」というテロップに「ほんまに変更したね」と思わず突っ込んだ。
夜中のごきげんようって有りか?

納得のいかない事

・オンバトの新しい司会。ナメてるとしか思えない。
客席のジャッジにも甚だしく納得いかない。
・某日に比較的近くにスピワと江戸むらとインジョンが来るんだけれど、その日私は職場の20周年記念パーティに是が非でも出席しなければいけないらしい。
小沢さんに会うより大事な用ってなんだ!?おざぁ―さぁ―ん!!
・最近のわらきん。作りが荒過ぎる。酷過ぎる。ネタ番組じゃなかったのか?
・エンタの司会。不要だと思う。

こんな感じです。
その中でゼリーの話ですけど。

今までああいうデザート系の中ではプリンが好きだと思ってたんです。
でも気付けば、蜜柑どっさりのゼリーを探してる自分がいるんですよ。
缶詰蜜柑がどっさり入ったヤツ。
あ、自分ゼリー大好きなんだと思いました。今日も2個買ったしね。
好物って聞かれても中々答えられなかったんですけど、とりあえず蜜柑のゼリーと答えていこうと思います。好物は蜜柑どっさりのゼリーですけど何か?(笑)

 
   
Posted at 00:04 / 心の呟き / この記事のURL
コメント(0)
言葉のリレー / 2005年04月10日(日)
言葉の話。

人は誰かに言われた言葉、もらった言葉や。
小説の中の忘れられないワンフレーズ。心奪われる一文。
音楽から心に浸透したことば。

そんなものを溜め込んで生きている。

きれいなことば、きたないことば。
きずついたことば、きずつけたことば、きずつけられたことば。
うそのことば、まことのことば。
しんじたいことば、ただしいことば。
はげまされたことば、げんきのでることば。

そんなものを人は誰かに渡して渡されてまた溜めるのではないだろうか。
と、ふと思った。
つまりは言葉のリレー。バトンタッチ。リンクでありリングであり。

まるまる渡してしまう時もあれば、自分と繋いだままで伝えたりして。
そやって人は喋っているのではないか。
じゃないと言葉など生まれない。
今こうやって打っている言葉も、誰かから、本から、音楽から、私の中で結ばれ形成されたもので。中でも大事な言葉ってやつは、自分の中でキレイに昇華されて初めて人に渡せるのではないか。もう自分には必要のない、縋る必要のない言葉を誰かに渡しているのではないかと思うんだ。
あるいは半分にして分けてあげたりしているのではないかと思うんだ。

 
 続きを読む…  
Posted at 00:13 / 言葉 / この記事のURL
コメント(0)
きっと僕らは / 2005年04月08日(金)
呑気なハァモニィで 毎日暮らしてた
弱気なメロディズムで 毎日憂えてた


救いを求める手を神は握らないで
僕らから絞りとった溜息で雲を造って笑ってる
悲鳴にも似た君の泣き声を聞いていた
指先でリズム刻みながら言葉のっけて歌ってた

鳥に噂話されたんだ
蟻に足先噛まれたんだ

地球と月との真ん中で きっと僕らは浮いている



巣食うは胸ん中の蛆 穴だらけで
僕らから削りとった憂鬱で腹を満たして生きている
使命にも似た君の頑張りを眺めてた
指先でキィを叩きながら言葉探して悩んでた

蝶に嘲り笑われたんだ
飛べやしないと笑われたんだ

地球と月との真ん中で きっと僕らは眠ってる


青い錠剤を
赤い海を
白い心を
黒い涙を

並べて刻んで眠って泣いて笑って笑って笑った。


呑気なハァモニィで 毎日暮らしてた
弱気なメロディズムで 毎日憂えてた

non killなハァモニィで
your killなメロディズムで

毎日歌ってた
毎日歌ってた
 
   
Posted at 23:02 / 言葉 / この記事のURL
コメント(0)
ブレス / 2005年04月07日(木)
虹がキレイで こころ いそぎました
夕日がキレイで なみだ あふれました

逸る呼吸でもつれる糸手繰り寄せ
手にしたものは笑っちゃうほど頼りない

ぼくはおもうんだ
なんのため きみのため だれのため
ぼくはねがうんだ
なんのため きみのため ぼくのため


昨夜ね 思ったんだ
寝ても覚めても 僕ら 呼吸を繰り返してる
死にたいと思ってても
寝ても覚めても 僕ら 呼吸繰り返してんだろう?


吸い込んで胸しめつけ
吐き出して胸からっぽ

吸い込めば胸くるしく
吐き出せば胸からっぽ


虹がキレイで こころ いそぎました
夕日がキレイで なみだ あふれました

酸素吸ったら からだ めぐりました
二酸化炭素吐いて ちきゅう 汚しました

君が泣くので ぼくも 泣きました
君が笑うので ぼくも 笑いました

君が願うので ぼくも 祈りました
君に祈るので ほしが ながれました

時が過ぎるので てのひら 上に向けました
太陽のひかり射し込んで 指先 温もりました

君もぼくも 上手じゃないので 転びました
君もぼくも 人間なので痛み 感じました

君が立ち止まるので ぼくは ふりかえりました
君が先に行けというので ぼくは 前を向きました

おつきさまに
おほしさまに
ひのひかりに
くものきれまに
あめがふるよに
ゆきがふるよに

ぼくは ひたすら あるきました あるきました

虹がキレイで こころ いそぎました
夕日がキレイで なみだ あふれました

ぼくだって
君だって

強くはないので

ぼくだって
君だって

弱くもないので

ぼくだって
君だって

たまには鳴くでしょう

ぼくも君も

たまには泣くでしょう

ただしいもの
ただしくないもの
キレイなもの
キレイじゃないもの
羽根があっても無くっても
僕ら そのうち 飛べるでしょう

僕ら そのうち 飛べるでしょう
僕ら そのため 生きてるでしょう
僕ら そのため であったんでしょう

ちがう?
 
   
Posted at 00:08 / 言葉 / この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!