40代デリケートゾーンのかゆみ解消法が口コミ人気の秘密とは?

December 22 [Mon], 2014, 16:09
外陰部(デリケートゾーン)のかゆみの原因は一般的
に多いのは、生理ナプキンやライナー、その他はきつ
い下着やジーンズなどで擦れることでおきます。


ナプキンやライナーはどうしても蒸れやすく、
素材が肌に合わないこともあります。


使い捨てのものであれば、素材を選んでも
限界があります。


下着などについてはゆったりした、
綿素材のものが理想ですが、ファッション性
考えると、難しい点もありますよね。


ですので、かゆみがひどい時だけ使用するなど
の割り切りも必要です。


軽いかぶれであれば、市販の塗り薬
で収まるのですが、それでもおさまらない
ようであれば、婦人科の受診をおすすめします。


その他、 40歳を迎える頃から女性ホルモンが
徐々に低下してきますので、その影響もあり
膣が萎縮してきます。


40代では膣の内壁の厚みにそれほど差は
ないのですが、おりものが減ってきて、
膣内のうるおいが不足してきます。


おりものは外からの細菌の侵入を防ぐ
役割をしているので、おりものが減った
ことにより、乾燥で傷つきやすい状態です。


特に閉経後はこの傾向が強くなるので、性交渉
をきっかけに膣の周囲にかゆみや痛みが起こる
ケースも考えられます。


とは言え、40代でのかゆみなどの原因は、
ナプキンやライナーなどの擦れが1番大きな
原因です。


そして私がいろいろ調べた結果、オーガニックの素材で
デリケートゾーンのかゆみ予防に効果が高いと口コミで
話題になっているのが、nunonaの布ナプキンです。


しかも、nunonaの布ナプキンは、
知れば知るほどメリットが大きいので
安心して試してみることができます。


気になる方は下記の画像をクリックして
詳しい情報をご確認ください。
↓  ↓  ↓






40代デリケートゾーンのかゆみ解消法・その他の問題点は!?

December 22 [Mon], 2014, 16:09
その他にも感じたカンジタ性膣炎は10人に1人が体内に持っている
と言われていて、疲れなどで抵抗力落ちたときや抗生物質の服用で
体内の細菌バランスが崩れた時にカンジタ性膣炎の症状が出ることも…


症状は豆腐のカスのような白いおりものが
たくさん出てくる状態です。


ちなみに清潔にしようと考えて、一生懸命石鹸で綺麗に
しようとする方もいますが、保護している皮脂まで
取ってしまい、逆効果の場合が多いので洗いすぎには要注意です。


40代デリケートゾーンのかゆみ解消法として、
普段から布ナプキンを使用することで、
トラブルを未然に性ことができるのでお勧めです。

40代デリケートゾーンのかゆみ解消法・デメリットについて

December 22 [Mon], 2014, 16:08
最後に布ナプキンのデメリットについて
考えてみましょう。


布ナプキンはなんといっても洗うのが面倒
というのが、みんなが1番考えるデメリット
ではないでしょうか?


ですが、洗うコツを知っていれば、
意外に手間もかからないし、キレイに
洗えるものなんですよ。


お風呂やシャワーに入る時などに
さっと下洗いして、後は洗濯機で
他の洗い物と一緒に洗うだけなんです。


次にもれるのが心配と考える人も多いようなの
ですが、実際には水分を漏らさない防水布を
使用しているので全く心配はないんです。


最後に使い方の問題ですが、今までの紙ナプキン
と変わらず使えるので、問題はありません。


思っている以上に使い勝手が良いため、
40代デリケートゾーンのかゆみ解消法
として使用する方が急増しているんです。