後悔してすぐ公開... 

October 19 [Mon], 2015, 6:00
(さざなみ)
「そんな感じの歌詞がオレンジレンジにあった気がします。さざなみです」

(鱈子)
「字は違いますがね。鱈子です」

(さざなみ)
「いやぁ……、更新しなかったね!」

(鱈子)
「えぇ、それはもう。放置決め込んだのかなと思いましたとも」

(さざなみ)
「まぁ、ね。ある程度昔の記事はガッツリ消しちゃったし」

(鱈子)
「黒歴史は闇に葬られたのだ……。現在進行形で進んでもいますが」

(さざなみ)
「いっそのことこのブログを跡形もなく消してニコニコのブログに移行しようかと思ったのだが」

(鱈子)
「あぁ、いいんじゃないですか?」

(さざなみ)
「その場合一から始めるから、キミ消えるで?」

(鱈子)
「せっかくですからブログはこっちでいいんじゃないですかね!?」

(さざなみ)
「左様。なんだかんだ愛着あるからね」

(鱈子)
「……まぁ、このブログでも私以外はいつの間にかフェードアウトしていきましたがね」

(さざなみ)
「仕方ないよ。キミが一番喋らせやすいんだもの」

(鱈子)
「ま、いろいろ多方面に活躍出来るキャラですからね、私は」

(さざなみ)
「そういうこと。それじゃ本題に移ろうか」

(鱈子)
「えぇ、どーんと来てください! どんな話題でもバッチリ受け応えて差し上げますよ!」

(さざなみ)
「ん〜、頼もしい。では、今回購入した商品を、どーん」





(鱈子)
「…………。なんですか、これ。…………えぇっと……オレ、イモ……? キリノ、コウサカ?」

(さざなみ)
「いやはや。なかなか大きな買い物をしてしまいましたよ」

(鱈子)
「……あ、俺妹? 高坂桐乃? ん? え? 待ってください、なんかこのダンボール結構大きくないですか?」

(さざなみ)
「いやぁ、実家暮らしでこれが届くとね。流石に家族に言い難いよね。受け取ったのが母でさ『ナニコレ? 家具?』って聞かれたときは『まぁ、そんなもんかなって』震え声で返したもの」

(鱈子)
「いや、いやいやいや! よく見たらこれ1/2.5って書いてません? え、1/2.5って、え!?」

(さざなみ)
「じゃ、とりあえず開封してみようか」

(鱈子)
「え、いや、え!?」





(さざなみ)
「って、またダンボールやないかーい」

(鱈子)
「高坂桐乃って書いてあるぅー!? 完全に俺妹のヒロインの高坂桐乃のフィギュアが入っているぅー!? しかもネコミミ水着でやわらかバストとか書いてあるぅー!?」

(さざなみ)
「ハッハッハ、ダンボール開けたらダンボールとか。マトリョーシカか! ってね!」

(鱈子)
「どうでもいいです、そんなことは! な、なんですかこれ、なんですかこれ!」

(さざなみ)
「そういえば届いた時なんだけどさ、母を誤魔化したすぐ後に姉が来てバッチリローマ字音読されちゃったんだよね! てへぺろ!」

(鱈子)
「そうなんですか? これ、そうなんですか!?」

(さざなみ)
「じゃ、もう一度開封してみようか。そぉーれ」





(鱈子)
「う、うわああああああああああ!! これ完全に俺妹の高坂桐乃の1/2.5スケールフィギュアだあああああああああ!! うわああああああああああ!! 」

(さざなみ)
「………………」

(鱈子)
「さ、さざみさん?」

(さざなみ)
「買っちゃった☆」

(鱈子)
「うわあああああ!! 馬鹿だあああああああああ!!」

(さざなみ)
「買っちゃったよ……」

(鱈子)
「うわぁ、馬鹿だぁ……」

(さざなみ)
「というわけで、今回後悔……じゃなくて購入したのは『高坂桐乃1/2.5スケールフィギュア〜ネコミミ水着ver.〜やわらかバスト版』です」

(鱈子)
「うわぁ……。さっきから『うわぁ』しか出てきませんよ、もう。うわぁ……」

(さざなみ)
「じゃ、中身いきましょうか」

(鱈子)
「そうですね……。まぁ、どんな話題でも受け答えると言いましたから」



(さざなみ)
「はい、発泡スチロール。手前についてるのは台座です」

(鱈子)
「そりゃあ、これだけ大きければそうなりますよ」

(さざなみ)
「部屋に飾るインテリアとすればあながち家具という答えも間違いではないのでは?」

(鱈子)
「その意見は通りません」

(さざなみ)
「それはこいつを見てから言ってもらおうか!」







(鱈子)
「通りません」

(さざなみ)
「ですよね」

(鱈子)
「というか、え、これどんくらい大きいんですか?」

(さざなみ)
「こんなこともあろうかとこんなものを用意しました」









(鱈子)
「すごい、あれ見たあとだと範馬勇次郎フィギュアが至極健全なものに見えてくる……!」

(さざなみ)
「いや、もともと健全だから。じゃ、並べてみますね」











(鱈子)
「デカァァァァァいッ説明不要ッッ!!」

(さざなみ)
「686mm!!! 2.3kg!!! 高坂桐乃1/2.5スケールフィギュアだ!!!」

(鱈子)
「約70cm!?」

(さざなみ)
「デカくね?」

(鱈子)
「デカかろうよ!?」

(さざなみ)
「あと重い」

(鱈子)
「重かろうよ!!」

(さざなみ)
「さぁ! これどうする!?」

(鱈子)
「どうしようないですね!?」





(さざなみ)
「なるほど」

(鱈子)
「なぜ後ろ姿を見せた!?」

(さざなみ)
「いや、気になるかなって」

(鱈子)
「なりませんよ!! 全く!!」

(さざなみ)
「それじゃあ、ここは?」







(鱈子)
「いや、気になりませんよ!? 私、男じゃないんで!!」

(さざなみ)
「本当にィ?」

(鱈子)
「そこ疑います!?」

(さざなみ)
「このフィギュアが『高坂桐乃1/2.5スケールフィギュア〜ネコミミ水着ver.〜やわらかバスト版』でもぉ?」

(鱈子)
「なりませ……ん? 今なんて言いました?」

(さざなみ)
「『高坂桐乃1/2.5スケールフィギュア〜ネコミミ水着ver.〜やわらかバスト版』」

(鱈子)
「やわらか……?」

(さざなみ)
「バスト」

(鱈子)
「……マジですか?」

(さざなみ)
「ご覧に、いれましょうか?」

(鱈子)
「…………」

(さざなみ)
「では、失礼して」




プニ


(鱈子)
「や、柔らか……、わかりにくい!!」

(さざなみ)
「うん、そこはマジでごめん」

(鱈子)
「あと何故ペンで突いた!?」

(さざなみ)
「だって、私の手あんまり綺麗じゃないから」

(鱈子)
「こんなフィギュア買うやつの手が綺麗じゃないことくらい百も承知です!」

(さざなみ)
「とりあえず僕以外のこのフィギュア買った方々には謝りなさい」

(鱈子)
「申し訳ございません」

(さざなみ)
「しかし、お解りいただけたかな? このフィギュアの魅力が」

(鱈子)
「やわらかバスト……!!」

(さざなみ)
「ちなみに僕同様やわらかバストを確かめた姉の感想だが」

(鱈子)
「確かめたんかい実姉」


(実姉)
「ふーん、所詮作り物か」



(さざなみ)
「…………」

(鱈子)
「…………」


(さ・鱈)
「そらそうよ」


(さざなみ)
「そうだなー。例えるなら……、ゴムボール。手触りが若干違うけどゴムボール」

(鱈子)
「夢も希望もありゃしませんね」

(さざなみ)
「ちなみにやわらか素材なのは首から下、二の腕に巻いてあるリボン、水着より上の肌が露出している部分のみです。つまり水着は硬い」

(鱈子)
「……ハッキリ聞きます。このふぃぎゅ」

(さざなみ)
「期待ハズレです」

(鱈子)
「速っ」

(さざなみ)
「もちろん、可愛さは満点です。大きさももちろん。ただ、ただ! やわらかバストがな! まぁ、夢見すぎた俺が悪かったんだろうけどさ! でもせめて前買ったプニあn」

(鱈子)
「ちょちょちょ、ちょっと待ってください! それはアウトです! 対象年齢的に私が受け答え出来ない奴はNGです!」

(さざなみ)
「おっと失礼! つい熱が入ってしまって……」

(鱈子)
「ま、まぁ、いいじゃないですか! ほら、可愛いですし!」

(さざなみ)
「いやね? でもね? やわらかバストだっつうから期待したのに結果がこれじゃあ一体何故買ったのかって話に」

(鱈子)
「いや、やわらかバストだっつっても普通、手は出しませんよ?」

(さざなみ)
「……確かに」

(鱈子)
「キャンセルすればよかったのに……」

(さざなみ)
「ぶっちゃけ何度もしようと思った」

(鱈子)
「はぁ……、なっさけない! では何故しなかったんですか!? 馬鹿なんですか!?」

(さざなみ)
「予約商品はキャンセルできないサイトだったんや……」

(鱈子)
「馬鹿だったんですね……」

(さざなみ)
「Amazonで予約すればよかったなー……」

(鱈子)
「後悔先に立たず……」

(さざなみ)
「後も絶たねぇけどな」

(鱈子)
「お後がよろしいようで……」










(さざなみ)
「ちなみにこれがずっとパシャパシャとってた中で一番可愛く撮れた桐乃」

(鱈子)
「結構楽しんでるじゃないですか」

(さざなみ)
「さっきも言ったけど、バストはガッカリだが他はバッチリだったんで。普通にフィギュアとしてはご満悦です」

(鱈子)
「まぁ、二度とこの大きさを買うことはないでしょうからね。存分に楽しめばいいと思います」

(さざなみ)
「あー、このねー、もうちょっとで見えそうで見えない角度がねー、たまらんよねー」

(鱈子)
「……二度と、買いませんよね?」

(さざなみ)
「…………」

(鱈子)
「…………」

(さざなみ)
「人生何があるかわからないからね!」

(鱈子)
「あ、これダメだな、うん」
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さざなみさざみ
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1990年
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・マンガ-最近は『ディーふらぐ!』と『ひとりぼっちの地球侵略』がいいと思います。
    ・ゲーム-格ゲーとアクション。上手くはないけど。
読者になる
よくある会話形式のブログ。
正直、どうかと思う。
2015年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンクレジットカード比較婚約指輪サーチカラコン ピンク
【ニコニコミュニティ】過疎化の進む土下座地帯三丁目