【3時間短眠プログラム】3時間睡眠で自由を手に入れる!14日間短眠プログラムとは? 内容と効果 

2010年02月24日(水) 16時34分
>>>詳細はこちらです。



「短眠」で自由を手に入れる!?

※毎日残業ばっかりで自分の時間がなく、趣味や勉強の時間が持てない。。。
※睡眠時間が短いとダルくなったり、体調が悪くなる。。。
※十分な睡眠時間を取っていても、寝覚めが悪く、寝起きがスッキリしない。。。
※なかなか寝付けず、不眠で悩んでいる。。。

時間や睡眠に関して悩んでいるあなたにぜひ知ってもらいたいことがあります。
たった、3時間の睡眠でも無理なく快適に精力的に活動できる「短眠法」というものがあるそうなんです。

>>>短眠法とは?

私達は、睡眠に関して「6〜8時間くらいは寝ないと体に悪い」「寝れば寝るほどよい」という先入観がありますよね。
実は、これには何の科学的根拠もなく、逆に寝すぎることで、脳が休息状態に慣れてしまい目覚めるまでに時間がかかるなど、様々なデメリットもあるそうです。

睡眠・時間管理アドバイザーの神岡裕司さんは、本当に必要なのは睡眠の「時間」ではなく、「質」だといっています。

睡眠には「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」の2つの状態があることは知られているところですが、
質の良い睡眠をとっている人は、この「ノンレム睡眠」つまり深い眠りを効果的にとっているので、眠りが深く、脳や体をしっかり休めているので必要な休息を短時間でとることができるそうです。それどころか脳や体が活性化し、記憶力・集中力が増してくるそうです。

逆に、「惰眠」と呼ばれる無駄な睡眠をとっている人は十分な休息をとっているにも関わらず、浅い眠りをダラダラと続け7時間も8時間も眠り続けてしまうんですね。

つまり、本当に必要な「質」の良い睡眠であれば3時間寝ただけで十分に脳や体がリフレッシュされるので、一日中バリバリに働くことができ、夜には5分足らずで入眠することができるというのです。

>>>睡眠の質を上げる方法とは?

でも、睡眠時間をただ単に削るだけだと、きっと体調が悪くなったり、昼間に眠くなったりしますよね。。。
しかも、「短眠法」と聞くと、何か限られた一部の人たちにしかできないような印象があります。。。

この14日間短眠プログラムでは、「間違った睡眠の常識」を改め、「睡眠に関する正しい知識」を学び、「無駄な睡眠」を省いて「睡眠の質」を上げる短眠法をマニュアルに添って実践するだけで、誰にでも無理なく会得することができるようになっています。

>>>マニュアルの詳細はこちらです。

この14日間短眠プログラムの実践者からは、
『今まで、いかに無駄な睡眠をしていたかに気付き、 睡眠時間を無理なく3時間に短縮することができました。』
『まさか自分が無駄な睡眠をしていて、それを省くだけでこれほどまで自由な気持ちになれるとは思ってもいませんでした。』
『たった3時間の睡眠でもまったく苦にならずそれどころか身体が若返ったような感覚になりました。 』
『3時間の睡眠で驚くほど身体が元気!自由な時間が増えて、資格試験の勉強ができるようになりました!』
など、様々な感謝の声が寄せられています。

もし、仮にあなたが毎日7時間寝ているとして、この短眠法を実践し、睡眠時間が3時間に短縮することができたすると、1日あたり4時間もの時間を自由に使うことができるようになります。1ヶ月で120時間、 1年だと1440時間にもなります。
その上、身体が元気になり記憶力・集中力が増すとなれば、人生という有限な時間を生きる上で大きな違いが出てきます。
一度、正しい短眠法を学んでしまえば、一生の財産といっても過言ではないかもしれません!

>>>詳細はこちらです。



このブログは、【3時間短眠プログラム】3時間睡眠で自由を手に入れる!14日間短眠プログラムの内容効果 改善 方法 体験者の声などをご紹介しています。