電動歯ブラシの選び方3つのポイント|おすすめ電動歯ブラシ

January 23 [Mon], 2012, 5:11

◆電動歯ブラシの選び方3つのポイント

電動歯ブラシを選ぶときは、アナタの歯の状態と電動歯ブラシの種類・特徴を理解することが大切です。

電動歯ブラシを選択するときは、方式(回転式、音波震動式)、価格、デザイン、サイズ、色、 歯ブラシの形状、経済性そして衛生面などいろんな要素があります。

これだけ判断要素があると、どの電動歯ブラシにするか悩みますよね! ポイントは、これらの判断要素に優先順位をつけることです。

つまり、判断要素を絞り込んで判断基準を2〜3つくらいにします。

たとえば、電動歯ブラシを選択する判断基準を「方式」と「価格」に絞り込むとか… 具体的には、回転式で1万円くらいの予算というように決断します。

あとは、この判断基準にあっている機種を選定するだけですから、悩む必要ありません。

ここでは、判断基準を絞り込むときに重要となる3つのポイントを紹介しています。

  1. 回転式
    回転式の電動歯ブラシは、歯を一本一本包み込み、歯ぐきのキワにも入り込んで歯垢を落とします。 歯ブラシを超高速で回転させて、上下の動きで歯垢を浮かし、左右の動きで歯垢をかき出します。 落としずらいところの歯垢まで、しっかり落とすことができるといった特徴があります。 ブラウンのオーラルBなどが回転式の電動歯ブラシです。
  2. 音波震動式
    震動式の電動歯ブラシは、音波や超音波で歯ブラシを震動させることにより歯を磨きます。 音波震動歯ブラシは、震動で磨きますから歯茎に優しく、歯茎を心地よく刺激します。 歯茎から出血しやすい方は、回転式より震動式の方が向いています。 歯垢を取り除きたい方には、音波震動式より回転式がオススメです。 PHILIPSのsonicare、Panasonicのドルツイオンなどが音波震動式の電動歯ブラシです。
  3. 安心親切設計
    電動歯ブラシを強く当てすぎると、歯や歯茎を傷つけることがあります。 電動歯ブラシには、「強く押しつけたり」、「強い圧力がかかると」センサーが検知して赤ランプで知らせたり、 動作がストップするように設計されているモノがあります。 歯や歯茎を傷つけないために、歯に優しい設計の電動歯ブラシを選択することをオススメします。
    歯をしっかり磨いたつもりでも、意外と磨き残しが多いものです。 歯の磨き残しがないように、「歯磨きナビシステム」が搭載されているモノもあります。 このナビシステムは、磨きの強さ、磨く場所、磨く時間をお知らせして、正しい磨き方をナビゲートします。 実に賢い電動歯ブラシです。

おすすめ電動歯ブラシ BEST3 を見る!
↓ ↓ ↓


電動歯ブラシ|電動歯ブラシの選び方3つのポイント 電動歯ブラシ ランキング|電動歯ブラシの選び方3つのポイント 電動歯ブラシの選び方3つのポイント
電動歯ブラシの選び方3つのポイント

電動歯ブラシの選び方3つのポイント
電動歯ブラシの選び方3つのポイント
電動歯ブラシの選び方3つのポイント
電動歯ブラシの選び方3つのポイント
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:3point1216
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる