永久はやっぱり怖い、半永久のお腹脱毛にする理由

June 07 [Tue], 2016, 14:08
"医学的に半永久的脱毛に該当する毛の反応は存在しません。しかし、なぜ半永久脱毛という言葉がレーザーを利用した
永久脱毛施術が開発された15年を過ぎて新登場したでしょうか?

永久脱毛は、1990年代半ばのレーザーを利用して毛を永久に(生涯)の再出ないようにすることができることを発見しながら作られた
英語の単語(Permanent Hair Removal)です。当時ハーバード大学医学部皮膚科付設研究所でラックス・アンダーソンのグループが創造的な研究の過程を
経適切な波長のレーザーを皮膚に照射すると、人の毛死ぬまで見えないようにすることができることを知るようになり、このような
現象を永久脱毛という言葉呼ぶました。

レーザーでお腹の脱毛を受けると95%-100%の毛一生目に見えない場合が多いが、人によって80-90%程度毛一生見え
なくなる違いを見せています。
ところが、2007年〜2008年から、通常のレーザー脱毛と似ていますが、コストを削減した変形された方法で(施術時間を減らすか、または効果が震え
高齢化、低コストの機械を書いたり、医師ではなく、人が手術をした場合など)脱毛施術をする場合が発生し始めました。このような
問題を2009年夏電波で扱ったことは広く知られた事実です。施術を終えて5-6ヶ月が過ぎて永久脱毛がされていない
毛が再び出てくる場合を永久脱毛になったが、再出てくる毛という矛盾した説明を同時に開始しました。

JMOでお腹脱毛の施術受けた方の施術結果の写真を見る

「脱毛施術を終えて5-6ヶ月が過ぎて徐々に戻ってくる毛は永久脱毛がしていない毛です」というシンプルかつ正確な
説明を差し置いて、なぜ永久脱毛になった毛が再び出てくるという間違った説明をしていること、正確な理由は把握されていません。
矛盾した説明を継続して使用するのに困難が従いながら、最近では脱毛施術後の美容的に表示に問題があるほど毛の再出
は施術(例えば、40〜50%が再び見える)の説明を半永久脱毛という新造語で置換する動きがあります。
医学的に見ると、施術後数ヶ月が過ぎて再び出てくる毛は脱毛施術後しばらく成長を止めた毛再び出てくるものと休止期
毛と呼ばれる毛周期の一つです。医療関係者ではなく、一般の人々が理解しやすい説明では、「永久脱毛がされていない毛
多い。成長を停止し目に見えないが、再見えるようになる現象です。」と言えばされる単純な現象です。

現在のレーザーを利用したお腹永久脱毛施術は数十年の歴史を持っている二重まぶたや鼻の整形とは異なり、まだ効果への関心が
少なく単に一度受けるのに必要な費用を優先的に考えている段階に来ています。しかし、脱毛施術をある程度受けて
後の効果を気にするようされて、最終的に効果が落ちる施術を繰り返し受けるみると総費用も増加して時間的浪費も付いたことを
直接経験に知る方が増えています。だから効果は私たちのすべてに非常に重要な考慮の対象でしかありません。
我々は、すべてが経験して、私は後に正確な理解をすることになるだろうと言う同僚医師の言葉が事実ではないために賢明な脱毛
消費者の増加が必要になります。"
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:はあぜかへやづさ
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/3oadrpp08onola/index1_0.rdf