YがYAHになるまでB 

November 29 [Tue], 2005, 23:09
すっごく寒くなりましたね。
寒いのが大っ嫌いなYAHは、ストーブにかじりついています。
--------------------------------------
Aの続き。

新たに出会い系に登録してしまった私。
そこでCさんと出会いました。(AではTYさんと書きましたが、Cさんの間違いでした。ここで訂正します。)

Cさんは30歳。仲間と立ち上げた会社で働いている、湖で有名な県の人でした。
元ラガーマンで、筋肉質で、顔はオジサン顔(苦笑)
独特のしつこさと、優しさを兼ね備えたオトナでした。

初対面はドライブになりました。しかも高速ドライブ。その時は走って30分くらいのICで降りました。
「これから何処行くの?」私はワクワクしていました。
男性に自分がちやほやされてるのがわかって、嬉しかったんです。デブスな私にはそんな体験は今までになかったから。

Cさんは「カラオケができる場所でゆっくりしよう」と言いました。
そのまま着いた場所は、なんとラブホテル

私、パニック。そして猛抗議。
だって、身体を許す気はなかったんだもん。
でもCさんが「絶対何もしない」と約束してくれたので、中に入ることを承諾しました。

入る時、初めて行く緊張感と強い興味心を抱いていました。
部屋に入ったら中を見回し、ベッドでぼわんぼわんってして(わかります?)、はしゃぎました。
Cさんはソファに座っていました。そして私に「おいで」と言いました。それに従う私。

抱きしめられました。またドキドキしてきました。
そのままのムードでキス。2度目の体験が、次第に思考回路を溶かしていきます。
だんだんと脱がされていきます。でも、最後までは嫌でした。覚悟できてなかったのです。

ベッドに移動。上半身は既に裸でした。
胸を揉まれたり、舐められたり、吸われたり・・・初めての他人からの快感が私を襲います。
「拒まなきゃ」という理性が快感で流されていくのが、自分でもわかりました。
でも、「最後まではだめ!!」と理性が強く主張します。
結局、私は最後まですることは頑なに拒み続け、貞操を守りました。
----------------------------------------
まだまだ続きます。
長すぎていつも文字数制限にひっかかるので、この辺で。

YがYAHになるまでA 

November 28 [Mon], 2005, 11:37
昨日、偶然見つけた恋愛運UPで有名な香水を買いました。
効果があるといいな。
----------------------------------------------------
さて、本題。
某掲示板で初めてカキコして、Tさんと仲良くなりました。
私の隣県在住、職業は土木関係の当時26歳の男性。


メール、写メ交換を経て会うことになりました。
ちなみに、写メで初めて顔を知った時、Tさんがものすごくカッコいいことに臆したものです。

そして初対面。Tさんの車で地元の駅(≠最寄り駅)まで送ってもらうことになりました。
会話を楽しむ中で、さり気なく手を握られました。
男性に手を握られるなんて学校行事のダンスとかそんなレベルでしか経験のない私は戸惑い、恥ずかしくなり、混乱しました。

そのまま駅に到着。
でも、雰囲気で「もう少しドライブしようか」となりました。
で、キリがいいところでUターンするために場所を探して横道にそれた時です。
その道は工場だか倉庫だかに繋がっていて、夜なのでもちろん門が閉まっていました。
そこでUターンすることに。
そこは人気もなく、暗い場所でした。突然、Tさんが停車させたのです。
「な、何??」私は訳がわからなくなりました。でも、別の感情が生まれていたことも否めません。

大きな、期待。

Tさんが聞きました。「キスとか、したことある?」
私は答えました。「キスとか、そんなことしたことないです。男性とこんな風に会うのも、初めてだし・・・」
「キス、していい?」Tさんに聞かれました。その時は、もう完全にTさんのペースにはまっていました。
キスを何度も何度もされました。
蕩けそうでした。
そのまま、Tさんは胸に手をもっていきましたが、当時の私にはそれ以上までいく勇気はありませんでした。
怖かったんです、ヴァージンでなくなることが。

Tさんとはそこで終わり。
初めて男性自身に触れたのも、Tさんでした。
直視なんて、できなかったけれど。

その後もやりとりは続いたのですが、送られてくるメールが「Hしようよ、でもホテル代ないけど」ばかりになってきて嫌になり、縁を切りました。
-------------------------------------------------
まだまだ続きます。では。

YがYAHになるまで@ 

November 26 [Sat], 2005, 21:27
新鮮なネタがないので、私の男性遍歴を書いていこうと思います。
-----------------------------------------------------------
実は私、こんな風になる前は小学5〜6年の時の初恋以外、恋愛をしてなかったんです。
あら、純情(自分で言うな)

ではどこから狂っていったのか?
それは、20歳を過ぎた頃からです。


大学生になってから見ているサイトがあります。
そこは年齢制限があるサイトで、性癖別に約20の掲示板が設置されています。
各掲示板の性癖に沿った体験談や募集が書き込まれているんですが。
あるとき突然、「書き込んでみようかな」と思ったのです。

きっかけは興味本位だったのだと思います。それと焦り
成人式で久しぶりに会った友達たちにも、仲の良い中学時代の友達にも、高校時代の部活仲間たちにも、みんな彼氏がいました。
そこで感じたのは「取り残された」という強い思い。
そして、掲示板に書き込んでしまいました。


私が書き込んだ板の性癖は、いわゆるデブ専
・・・・・・実はですね、私・YAHはデブスなんです
太っていることは小さい頃からのコンプレックスです。あと、垂れすぎてる大きすぎる胸も・・・。

で、「私みたいな女でも、ここでなら相手してもらえる」って考えっちゃったんですね。
「×センチ、△キロ、○カップの女子大生です。近郊のメル友募集してます。仲良くなったら会いたい」って感じで書き込みました。そしたら。
おもしろいくらいレスがついたんですよ!!
7人くらいレスがつきました。
舞い上がった私は全員にメールしました。もちろんサブアドで。
中にはかなりしつこくて、すぐ切った人もいます。
そんな人たちの中で、一人の男性と仲良くなりました。
それが私のファーストキスの相手・Tさんです。
------------------------------------------------------------
長くなりそうなので、何回かに分けて書いていきます。
ごめんなさい。では。

初めまして。 

November 25 [Fri], 2005, 14:38
このブログに目を留めていただいた皆様、初めまして。
今日から、毎日とはいきませんが、ブログに書いていこうと思っています。
よろしくお願いします。


簡単なプロフは既に書いてありますので(左上参照)省きます。
これから書くのは、YAH(やー)という最低な女の恋愛話です。
純愛に憧れていたり、それしか許せない方には読んでも苦痛なだけだと思います。
それぐらいのことを、現在進行形でしているのですから。




簡単に話しますと。
現在、3人の男性と関係を持っています。
某18禁掲示板で知り合ったNさん、Sさん。人違いのナンパから始まったTさんです。
しかも私は、一人一人に違う名前を教えています。
NさんにはY(本名)。SさんにはA(好きな芸能人から取った)。そしてTさんにはH(HN)。
この3つの名前が私の名前の由来(ただ繋げただけだけれど)であり、このブログを書くきっかけの一つであります。



これから、日記のように恋愛ネタを振りまいていくつもりです。また、3人のうちの誰かに会った時はそのこともつらつらと書き連ねていく予定です。
あとは・・・・・・会う機会が結構少ないので、各人との出会いとか。
ま、恋愛系統のネタを書くって事にはなんら変わりは無いので、思いつくままに書くことにします。




それと注意を。
私には文才なんて微塵もございませんので、つまらないものになると思います。これが1つめ。
もう一つ。
私は気持ちの浮き沈みがかなり激しいです。突然鬱っぽくなったかと思えば、次の日には躁状態ってこともしばしば。
こういうメンタルなことが苦手な方は、ご自身の判断で、慎重に読むかどうか検討してくださいませ。


では、新参者ですがよろしくお願いします!!!
YAH(やー)と言います。
現在22歳。来年から社会人になります。

某掲示板で知り合った人、人違いから始まった出会いの人。
計3人と仲良くしてもらっています。
最低最悪な女であり、その底なし沼から抜け出せずにいます。
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:3names-diary
読者になる
Yapme!一覧
読者になる