オマールハイヤーム

February 14 [Tue], 2012, 15:04
オマル・ハイヤーム 'Umar Khaiyam

小川亮作訳

 解き得ぬ謎



もともと無理やりつれ出された世界なんだ、
生きてなやみのほか得るところ何があったか?
今は、何のためにきたり住みそして去るのやら
わかりもしないで、しぶしぶ世を去るのだ!


自分が来て宇宙になんの益があったか?
また行けばとて格別変化があったか?
いったい何のためにこうして来り去るのか、
この耳に説きあかしてくれた人があったか?


魂よ、謎を解くことはお前には出来ない。
さかしい知者の立場になることは出来ない。
せめては酒と盃でこの世に楽土をひらこう。
あの世でお前が楽土に行けるときまってはいない。

生きてこの世の理を知りつくした魂なら、
死してあの世の謎も解けたであろうか。
今おのが身にいて何もわからないお前に、
あした身をはなれて何がわかろうか?


創世の神秘は君もわれも知らない。
その謎は君やわれには解けない。
何を言い合おうと幕の外のこと、
その幕がおりたらわれらは形もない。



われらが来たり行ったりするこの世の中、
それはおしまいもなし、はじめもなかった。
答えようとて誰にはっきり答えられよう――
 われらはどこから来てどこへ行くやら?


=生きのなやみ=



よい人と一生安らかにいたとて、
一生この世の栄耀をつくしたとて、
所詮は旅出する身の上だもの、
すべて一場の夢さ、一生に何を見たとて。



神のように宇宙が自由に出来たらよかったろうに、
そうしたらこんな宇宙は砕きすてたろうに。
何でも心のままになる自由な宇宙を
別に新しくつくり出したろうに。




=太初(はじめ)のさだめ=


まかせぬものは昼と命の短さ、
まかせぬものに心よせるな。
われも君も、人の掌の中の蝋に似て、
思いのままに弄ばれるばかりだ。



土を型に入れてつくられた身なのだ、
あらましの罪けがれは土から来たのだ。
これ以上よくなれとて出来ない相談だ、
自分をこんな風につくった主が悪いのだ。



礼堂のともしび、火殿ケネシトのけむりがなんだ。
天国の報い、地獄の責めがなんだ。
見よ、天の書を、創世の主は
あることはみんな初発初発はつの日に書いたんだ。






=万物流転(ばんぶつるてん)=


若き日の絵巻は早も閉じてしまった、
命の春はいつのまにか暮れてしまった。
青春という命の季節は、いつ来て
いつ去るともなしに、過ぎてしまった。



同心の友はみな別れて去った、
死の枕べにつぎつぎ倒れていった。
命の宴に酒盛りをしていたが、
ひと足さきに酔魔のとりことなった。



一滴の水だったものは海に注ぐ。
一握の塵だったものは土にかえる。
この世に来てまた立ち去るお前の姿は
一匹の蠅――風とともに来て風とともに去る。



この永遠の旅路を人はただ歩み去るばかり、
帰って来て謎をあかしてくれる人はない。
気をつけてこのはたごやに忘れものをするな、
出て行ったが最後二度と再び帰っては来れない。



=無常の車=



君も、われも、やがて身と魂が分れよう。
塚の上には一基(もと)ずつの瓦が立とう。
そしてまたわれらの骨が朽ちたころ、
その土で新しい塚の瓦が焼かれよう。



恋する者と酒のみは地獄に行くと言う、
根も葉もない囈言たわごとにしかすぎぬ。
恋する者や酒のみが地獄に落ちたら、
天国は人影もなくさびれよう!



なにびとも楽土や煉獄を見ていない、
あの世から帰ってきたという人はない。
われらのねがいやおそれもそれではなく、
ただこの命――消えて名前しかとどめない!


ないものにも掌の中の風があり、
あるものには崩壊と不足しかない。
ないかと思えば、すべてのものがあり、
あるかと見れば、すべてのものがない。


=  一瞬(ひととき)をいかせ=


迷いの門から正信までは、ただの一瞬、
懐疑の中から悟りに入るまでもただの一瞬。
かくも尊い一瞬をたのしくしよう、
命の実効(しるし)はわずかにこの一瞬。



たのしくすごせ、ただひとときの命を。
一片の土塊もケイコバードやジャムだよ。
世の現象も、人の命も、けっきょく
つかのまの夢よ、錯覚よ、幻よ!


さあ、起きて、嘆くなよ、君、行く世の悲しみを。
たのしみのうちにすごそう、一瞬を。
世にたとえ信義というものがあろうとも、
君の番が来るのはいつか判らぬぞ。


人生はその日その夜を嘆きのうちに
すごすような人にはもったいない。
君の器が砕けて土に散らぬまえに、
君は器の酒のめよ、琴のしらべに!

春が来て、冬がすぎては、いつのまにか
人生の絵巻はむなしくとじてしまった。
酒をのみ、悲しむな。悲しみは心の毒、
それを解く薬は酒と、古人も説いた。


さあ、一緒にあすの日の悲しみを忘れよう、
ただ一瞬のこの人生をとらえよう。
あしたこの古びた修道院を出て行ったら、
七千年前の旅人と道伴れになろう。


あしたのことは誰にだってわからない、
あしたのことを考えるのは憂鬱なだけ。
気がたしかならこの一瞬を無駄にするな、
二度とかえらぬ命、だがもうのこりは少い。


いつまで有る無しのわずらいになやんでおれよう?
短い命をたのしむに何をためらう?
酒盃に酒をつげ、この胸に吸い込む息が
出て来るものかどうか、誰に判ろう?


仰向けにねて胸に両手を合わさぬうち*、
はこぶなよ、たのしみの足を悲しみへ。
夜のあけぬまに起きてこの世の息を吸え、
夜はくりかえしあけても、息はつづくまい





ありがとう

October 13 [Wed], 2010, 11:45
私たちの日本の生活がこれから始まります。


Vとなら大変な事も頑張っていけると思います。

今まで応援してくださった皆さん、

見守ってくださった皆さん、


本当にありがとうございます。


これからも私たち二人穏やかに幸せに暮らしていけたらと毎日思い過ごして行こうと思います。



皆さんもお幸せに暮らせるようお祈りします。




本当にありがとう。





日本で

October 13 [Wed], 2010, 11:34
Vが日本で毎日すること。
燃えるゴミ、燃えないゴミの選別と曜日ごとのゴミだし。

使い終わるたびのガスの元栓をしめること。

ご飯支度と私のお弁当を作ること。

お弁当箱を洗うこと。


私の苦手な細やかなことをこなしていきます。


今はまだ仕事についてないので毎日歩いて送り迎えです。


こんなふうに一日一日過ぎて行きます。




帰国1日目

October 02 [Sat], 2010, 16:31


まずは外国人登録をするために役所に。


「ちょっと待って、、バスの時間見るから。」

「歩いていくんだよ。」


「えぇ、、!!」

やっぱりVは歩くのがだいすきで10キロ太った体でも運動します。
(イランで、、健康回復、、どころか食べすぎ!!)

アパートを出て5分しないうちに向こうから自転車に乗った人を見ると

「あっ、あのおばさん知ってる、
覚えてるかなぁ、、。」


そういっていると
向こうも気がついたらしく


「あらっ!!」

すぐに自転車から降りてきました。

「こんにちは、しばらくです、おぼえてますか?」


おばさんはにこにこしながら

「いつ帰ってきたの?」

「昨日です、妻は5ヶ月前からここにすんでます。」

「あら、、そうだったの。よかったわね」

「はい、だんなさん、むすめさんはげんき?」


「主人はちょうど3年前に亡くなったの。
娘は結婚して孫ができたのよ。」

「あっ、そうですか、、だんなさんは、ざんねんねぇ、、
むすめっさんおめでとうございます。
まごはおとこ?おんな?」

すぐに世間話が始まりました。


またしばらくすると自転車に乗って通り過ぎる人と

お辞儀をして挨拶して通り過ぎました。


「あのひとのだんなさんはね、ジムでいっしょ。」

Vが歩き出すと必ず誰かとお話。


何十年ここで暮らしてVが
「私の地元」といっている意味がわかりました。


歩きながらきょろきょろして
「あれ、、ここかわったね、マンションになった。


ここは、、変わらないねぇ、、。」


役所までの道のりを懐かしそうに歩きながら


「ほんとうに、、しんじられない。

また帰ってこられた。

うそみたいだ。」


いつまでも、何回も繰り返していました。

これから日本でふたり

October 02 [Sat], 2010, 16:14
二人で日本にいるのが信じられません。


このアパートでこれからずっと暮らせます。

おかえりなさい!!

October 02 [Sat], 2010, 16:13


Vが日本に帰ってきました。

イランエアの到着ゲート

なかなか出てこないと心配していた瞬間

「あっ、出てきた」

Vの友人が真っ先に見つけてくれました。

その先には大きな荷物とともにVが出てきました。


ともに駆け出し二人で抱き合って喜びをかみ締めました。


「みけちゃん!!ただいま!!」


「おかえりなさい!!」


Vが日本に来ます。

September 26 [Sun], 2010, 22:47
いよいよです。ビザ取れました。

今日Vはビザを取ることができました。

いよいよ来週です。

Vが日本に来ます。

在留資格認定証明書

September 03 [Fri], 2010, 22:21


弁護士に会いました。

「在留資格認定証明書」

とうとう手に入れました。


「奥さんの情熱とこの膨大な資料でとうとう手に入れましたね。
これはお返しします。」


机の上には入管に提出した資料の山

その隣にはたった一枚の紙「在留資格認定証明書」


このたった一枚の紙がほしくて膨大な資料と手紙を書きました。


電話で「ビザが出ますよ、」

それを聞いたときの喜びは本当に舞い上がるように興奮しました。


そして実際にこの小さな紙一枚

入管からの手紙にはこの証明書と日本に来るときの注意点の用紙が一枚。
たったそれだけでした。





たった一枚の紙

「この一枚の紙のために私たちは3年間がんばってきたのか、、。」





なんとも複雑な心境でした。



「ご主人が待ってますよ。
すぐに送ってください。」


その声でわれに返って一目散に待ち合わせた郵便局にいき
EMSでイランに送りました。










The dream comes true

September 02 [Thu], 2010, 21:03

Vのビザが下りました。

明日は弁護士さんと会います。

うれしくって誰よりも早くここで発表!!!


ほんとうに、うれしい。



お金のこと

August 10 [Tue], 2010, 14:16
自分の勤めている場所の上にはカルチャースクールがありました。

その中にカービングがありました。

今一番興味のあることなので体験入学の申し込みをして
それをVに話しました。


いくらかかるか聞かれたのでそれを言うと

「たっかいねぇ、、」


そういわれました。


「えっ、安いよ。

前のダンスは3ヶ月で1万5千円だよ。
落ち着いたらまたやりたいな。」


「それは高いよ、

わたし、ダンスは上手だよ。

わたしがおしえてあげる。」



きっとこれらの受講料はVが出すつもりなので
そういう言葉が出てきたのだろうと思います。


お金のことは私が一番気にしている問題です。

冗談でVには

「Vが帰ったら専業主婦になるから
これから全部お願いねっ。」


そういっています。


でも心ではそれは違います。

というよりそれができない性格です。


もしも自分の趣味までもVが支払うことになれば
遠慮して絶対できません。

私の楽しみはカルチャースクールに通うこと、
自分の好きなものを買うこと。


Vはきっといつものように
「何のためにそれがいるの

今本当にそれがほしいの?」


そういうと思います。

そして結局最後には

「いいよ、我慢しないで買って。」


でもそんな事言われたら気持ちよく買えません。

だから自分の趣味、ほしいものは自分のお金で買いたいのです。


自分のお金として持っていたいのです。



私のことでVの大切なお金を減らしたくないんです。

今まで一生懸命働いたお金なんだから。

その代わり生活のことは夫として面倒見てほしい。
そういう考えなんです。



私の想像では
「夫婦は一緒」

何でもが「二人」として考えていると思います。

そして「夫が妻の面倒を見る」

それは金銭は全部「夫」

もしかしたら私のお金も「夫の管理」

そういう可能性もあるような気がします。


前から思っていることは
Vは束縛するタイプのようです。


私は「束縛するほど愛されている」

今までは放りっぱなしにされた生活だったので
見守られているようでそれがとっても心地よいものでした。


マレーシアでは知り合いもいないし
お付き合いも無かったから守られていることが
うれしかった。

日本に帰ればお友達もいるし
お買い物自由。

でもどこまで私の自由があるのか、、、
ちょっぴりそんなことも思います。

専業主婦のこともそう。

Vがしっかり働いてくれるように、、
そんな気持ちを持ってもらおうと専業主婦になるといいますが

本当はそれは違います

ハローワークでやっとで見つけた仕事です。

今度やめたら次の仕事はきっとあるかどうかわかりません。

だから本当はそのまま続けるつもりでいます。

今は週5で働いているけれど
週4でも言いといわれたら少なくしても
この仕事だけは慣れないけれど続けたいと思っています。


そんなことこんなこと。

いろいろ考えたらまた眠れなくなりました。










プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミケ
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる





最新コメント
アイコン画像hiro
» 帰国1日目 (2010年10月06日)
アイコン画像みけ
» 在留資格認定証明書 (2010年09月10日)
アイコン画像hiro
» 在留資格認定証明書 (2010年09月03日)
アイコン画像みけ
» The dream comes true (2010年09月03日)
アイコン画像みけ
» オマールハイヤーム (2010年09月03日)
アイコン画像カルメン
» The dream comes true (2010年09月03日)
アイコン画像たく
» オマールハイヤーム (2010年09月02日)
アイコン画像みけ
» イランのいごこち (2010年07月29日)
アイコン画像カルメン
» イランのいごこち (2010年07月19日)
アイコン画像みけ
» 入国管理局 (2010年07月13日)
Yapme!一覧
読者になる