恋人以上友達 

2009年11月03日(火) 1時34分
私は友達って恋人よりもっと次元の高いものだと思ってる。
これは私がまだガキだからってことなのかもしれないんだけど。
一生変わりそうにない価値観のような気もする。

友達以上恋人未満なんて誰が考えたんだろうって思う。
この定義は本当に正しいのか問い質したくなる。


私に恋人ができても、大事な友達以上にはきっとならない。
究極の選択を迫られて、どちらかを選ばなければならないのなら、きっと私は友達を選ぶ。
だからは私は恋人を友達以上に見れない。


土曜日の真夜中に告白された。


大学に入って割と仲良くしてた男子に。
二人で遊びに行ったりして、本当に仲が良かった。
私は女子高出身だから、男友達ができて本当に嬉しかったし、一緒にいて楽しかった。
なんか本当にいろいろ話したりして一緒にいて飽きない。
すごく大事な人。


でも、その好きは同性に抱くような友情だったよ。
というよりは、大切にしたい友達。
だから絶対に嫌われたくないし、嫌いたくない。

だから告白された時に底抜けに幻滅してしまった。
褪めてしまった。冷めてしまった。
なんか、温度差というより、感情が違うことにがっかりした。
同じように思っているのだと思ってた。


私は友達は永遠のものだと思ってる。
嫌いになれない存在だと思ってる。
嫌いなところがあっても許せる存在だと思ってる。
嫌いなところ全て好きになれるくらい。
仲直りもできると思ってる。


けれど、恋人になったらはきっとそうはいかない。
私の場合、存在全てを否定する。
きっと顔も忘れてしまえる。
どんな顔だったかも思い出せないほど、嫌いになれる。関心を失うことができる。

それなのに、大切な人にそんなことしたくない。
嫌いになりたくない。


友達の延長線上が恋人ってよく聞くけど、私は駄目だと思う。
嫌いになっても平気な人しか選べない。
大切な人は永久に友達でいい。友達がいい。
友達でさえあれば、ずっと好きでいれる。

だから告白なんてしないでほしかった。
断ってしまう自分が許せないから。
気持ちを無下にする自分が許せないから。
これから接し難くなるから。
どこかに罪悪感を抱かずにいられないから。
君と二人でいれなくなる。

それが死ぬほど悲しくて、まだ涙が止まらない。
もう、戻れないかもしれないことがとても怖い。



私が無防備で考えなしで鈍感だったのは言うまでもない。
大体今までは何となく気付けて直前で回避してきたのに。
どうして気付かなかったのか分かんない。
本当に君のこと嫌いになりたくないだけなんだよ。


君に告げる時に私は普通だっただろうか。
声は震えてなかっただろうか。
いつも通りのテンションだっただろうか。

泣いているとこを見られてなければいい。
きっと君をまた傷つける気がするから。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:3kinoko
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・アート
    ・読書
    ・音楽
読者になる
2009年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像六兵衛
» 恋人以上友達 (2010年06月02日)
Yapme!一覧
読者になる