胸がドキドキ

September 01 [Thu], 2011, 13:05




女性との初めての交際、胸がドキドキすることだろう。しかし、胸が躍っても肝心の女性が口数少ない人だとしたらどうしたものだろう。何を話してもにこやかに笑うだけで、答えが返って来ない人。こう言う人と話そうとしたらちょっとつまらない気がしてしまう。そのうち話すこともなくなり、シラケてしまう最悪な状態になる。男性は必死にこの場を盛り上げようとする。それでも女性は終始微笑むだけの人である。男性にすればメールや電話でのやり取りはあったであろう。だから少し位は女性の性格と言うものを理解していたであろう。喋ることの少ない女性に、返りを求めることは不可能に近い。でも、女性は合うことをためらわなかったから、ここに存在するのである。心では男性に合うことを楽しみにしてきたのだ。そう思うとけな気で可愛いではないか。男性がリードしてやるべきだ。何を話していいかではなく。何をして上げようかで女性の気持ちをつかむことだ。歩くとき手を差し伸べて、一緒に歩いたり、行き先は男性が決めて女性に理解を得て、行動すると言った具合になるだろう。ここで間違ってはいけないのは、強引な行動は避けないといけない。女性に無理をさせることが一番怖い。妹であるように、やさしくそして可愛がるような気持ちになってみることだ。女性も口数が少ないとは言え、心も男性の気持ちを察するだろう。男性の立場はいつも女性の身になって行動をとることが約束されている。でもそれは、男性がリードすると言う男らしさと、やさしさの象徴を意味するものだから、忘れてはいけないことである。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:入江松吉
読者になる
2011年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/3fme8i9f/index1_0.rdf