賃貸契約を失敗しないためには

September 08 [Sun], 2013, 19:42
賃貸契約を失敗しないためには、色々な方法がありますが、基本的にいえる事は、知ったかぶりをしない。と言う事が最重要でしょう。敷金や礼金、家賃などの用語は知っていても、本当にその意味を理解していますか。不動産業者はその道のプロです。そのプロに向かって、敷金はこうだ。礼金はこうだ。と説明しても不動産業者にとっては常識な言葉なので、何を言ってるんだ。とあきれ顔になります。素直にプロの話を聞いて、分からない用語はしっかりと理解するまで説明を受けたり、契約書の文面に関しても、専門用語が理解できない旨を説明すれば、分かりやすく説明をしてくれます。昔の不動産業者のように、押し売り感覚で契約する業者は少なくなったとはいえ、不動産業者も商売です。ノルマの達成という重しもあるので、カモがやってきた場合、巧妙な口車で契約をしてしまう人も少なくありません。これから新しい生活が待っている嬉しい気持ちは分かりますが、勢いで解約する事は控え、自分なりにインターネットや専門誌を見て、基本的な用語について勉強してみるのも良いですね。専門機関が発行している書籍であれば、間違いのない説明がされています。もし、不動産会社がこの記事と違う事を言っても、反論する事もできますよね。契約時にも注意が必要です。この機会を逃すと次はこの物件は売れてしまうかもしれません。と言われると契約してしまう可能性が高いですよね。すぐに契約しないで、契約書のコピーと物件を一時的に押さえておくことも重要です。押さえるために一時金を支払え。と言われても焦らないでください。支払った額とその内訳、返還する旨を記載した書面、会社の名義に押印、日付が記載されている預かり証を発行してもらう事により、契約した場合、キャンセルした場合、のどちらの条件でも支払った額の返還が可能です。

ベンハウスは横浜にある不動産会社

未払いの際には、法律違反になるので、専門機関に相談すれば良いのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さゆき
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/3dpfh896/index1_0.rdf