バストアップがなぜ医学で研究されないのか?


バストアップがなぜ医学で研究されないのか?


バストを大きくする方法論は残念ながら医学では研究されていません。

その理由は病気ではないから・・・・

それが全てです。

今の医学を持ってすればバストを薬で大きくすることも不可能ではないかも知れませんね。

現実的なことを言いますとバストが大きくなってお乳が出る薬はあります。

但し副作用の効果から来るものですが。

薬でバストを大きく出来たとしても必ず副作用の恐怖に怯えなければなりません。

バストアップは自然なものでなくてはならないと痛感させられます。

またホルモン注射はニューハーフの方々が行っていますが

ホルモン注射は、生殖機能への影響が考えられますから

本来、バストアップを目的として使用すべきものではありません。

やはり自然な形で女性ホルモンを分泌させてあげる方法を取る必要があると思います。

その点、私のバストアップ法は安全・副作用なしで10代前半の頃の

ような乳腺を中心とした胸の成長を感じられるようになります。

→ 詳しくはこちら>>>

  • URL:http://yaplog.jp/3cup-bustup/archive/27
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:三浦育子
読者になる
某国立大学薬学部卒で元婦人科薬剤師として勤務していましたが

結婚を期に退職。

現在は過去につちかったノウハウを活かしてバストアップコンサルタント

をしています。

わたしがこのホームページを立ち上げた理由。単純な動機です。

・一般に出回っているバストアップ法で乳腺を成長させるのは難しいかと思います。
・胸が大きくなる本物の感じを体感して欲しい
・バストが大きくなることで幸せになって欲しい

それだけです。

「バストアップは散々やったけど、胸が大きくなるなんて無理に決まってるわ!

どうせ嘘なんじゃないの!」

そう思われる方が大半かと思います。

正直に告白します

わたしも実はそうでした。