ハードスケジュール 

2006年07月06日(木) 20時57分
7月1日から7月3日まで大学のスクーリングで京都にいた。ずっと雨の予報だったけどまるでスコールのような雨が降っては暑くなる変な天気だった。何もかも初めてのことばかりで頭がパニクったが作品を制作していくうちにそれにも慣れ、楽しくなった。 特にピンホールカメラがとても面白くてもう一つの作品の制作をおろそかにしてしまった。やっぱり作品を作る時、普段の自分が出る。 特にここっていう時に詰めが甘い所が出てしまった。写真の技術のことだけでなく、創るということに対する姿勢で学ぶことが多かった。

もうすぐ! 

2006年06月01日(木) 20時12分
今日から6月!あと1週間ほどでドリカムのライブ!大阪城ホール。

実は4月にも名古屋レインボーホールでのライブへ行った。もう1ヶ月半も経つんやなぁ。
そのときもめちゃめちゃ感動して、楽しい時間を過ごした。
そして4月24日の日記に書いたように中村さんにも会えた

でもやっぱり、大阪でのライブは格別だ。やっぱり盛り上がり方が違う。
まぁ、時々、ライブの流れを無視した声援や、個人的に話しかける人とか多いのも確か。

それでも、その何倍も楽しい!
去年の「DIAMOND 15ツアー」の大阪、ドリカムデビュー17年記念日に行った。
そのときに「まずは30年、目指します!」という美和ちゃんの言葉が忘れられない。
ライブを見、その言葉を聞いた私は絶対、ずっと応援していこうと思った。

そして、今年。
今日、6月1日から読売新聞のwebsiteでドリカムのブログが始まった。
1ヶ月限定だけど、その1ヶ月の中に大阪でのライブがあるのが嬉しい。
ブログは中村さんが書いている。
本人が書いてるだけにすごく率直で身近に感じられて嬉しい。

 「ツアーは(中略)まさに、久しぶりに会う恋人を思いっきり抱きしめて「すき!すき!すき!」って
  百連発する感じ」

もうこのコメント、すごくいい!
6月8,9日と2日間ライブへ行くので、(一日は姉と中2の甥っ子と。) 
「シフクノトキ」を味わってきます!!

写真展 

2006年06月01日(木) 0時02分
今日、実はフジフィルムの
「PHOTO IS」10000人の写真展』に写真を出してきた!
コンテストとかではなく、500円の参加料を払うと、
自分の作品を希望の会場(全国7会場)に展示してもらえる
というものだ。

今年の3月初め、新聞の1ページ全面広告でこの企画を知り、
自分にプレッシャーをかけようと申し込んだ。

 撮りたい気持ちだけが、この写真展への参加資格です

        「PHOTO IS (?)」

 自分だけの答えを一枚の写真と言葉にこめてご参加ください 
これがこのイベントの趣旨。
申し込んでから2ヶ月半。
まさに今日はその受付締切日!

何を応募しようか。迷うこと2ヶ月半。
一時はもうやめとこうか。(出た!悪いくせ。)
と、考えたことも度々。

とにかく出さないと始まらん!と奮い起こし、
写真屋さんへ!
1軒目、2軒目といまいち納得のいかない仕上がりで
3軒目(受付先)へ。

その写真屋さんがめっちゃいい人だった。
1枚分の代金で4枚も明るさ調整したものを
出してくれて、その中から1枚選んでいいと言ってくれた。
もともと逆光でいい写真とは言えない、その写真。

少し心細くなって、その人に相談すると、
撮った人の気持ちがあればいいと言ってくれて、
イベントのパンフレットを詳しく説明してくれた。
その気持ちが嬉しかった。涙がでそうになった。
このイベントに出すのをあきらめていたら、
こういう人にも出会えなかったかもしれないと思うと、
作品を出す嬉しさだけではないなぁと思った。

もちろん、作品に対する自分の力不足を痛感して
へこむことはたくさんある。
でも、そういうこともやってみないと味わえない。
どんなことでも、意味のないことなんてない。

そんなことを強く思った1日でした。

とんぼがえり 

2006年05月29日(月) 18時03分
昨日は大学の新入生ガイダンスで新幹線で京都へ行ってきた。
実は一昨日、名古屋でもあって行った。
でも京都ではコース別ガイダンスを教員がやってくれるので、
これは行かないと!と意を決していってきました!
名古屋を9時半に出て、17時には帰りの新幹線に。

正直すごく迷ったけど、行ってよかった!!

ミニ授業があったり、機材や設備の説明があったり、
なにより、同じコースの人と知り合えた。
通信教育学部は本当にいろんな世代、仕事、事情の人が
いて、今日は70歳のおばあさんが来ていた。
映像の仕事をしていて、活かしたいからと入学した人も。
ちなみに、在校生の最高年齢は94歳らしい。
本当に頭が下がる思いだ。

最近、何かしたいけど、いろいろ考えて迷ったときは
やるようにしている。
 今回、入学したのも、自己表現に対する、小さな頃からの思いがやっぱりどうしてもあきらめきれず、踏み切った。

 たとえば、何かしたいと思う。その時に今までは周りを見て、まぁいいかと流してしまったり、知らず知らずにあきらめたりしてきた。
 でも、今は流されそうになるくせ(悲しいかな、生きる上で身につけてしまった)をぐっと踏ん張ってやりたいと思ったことをやってみる。粘ることをいまやっている。

自分は自分をあきらめないで頑張りたいと思う。
自分なりにね。
もちろん、それを応援してくれる夫、そして、
それを許してもらえる環境への感謝を忘れず。

カサ 

2006年05月26日(金) 19時29分
雨がシトシト降ってます。
今日は15時まで仕事をして、帰りの電車の中。
疲れた〜疲れた〜と、座ってふと右側を見てみると、
めがねをかけた普通のおじさんの目の前のつり革に
カサがぶら〜ん、と。

思わず、二度見しちゃったよ。

中学生とかならまだしも、いい歳したおじさんが、よ。

気になりながらも、電車は駅を出発、
またふと見てみると、揺れに伴って、ぶらんぶらん、
揺れるらしく、カサの下をずっと持ってるおじさんの姿が。

いやいや、じゃぁ、足元において持ってたほうがよいのでは?

左手に新聞、右手でカサをつかんでその新聞を読んでる姿は
・・・。

周りの人はだれも見てなかったのがまた・・・。

こっちに来てからこういうことによく遭うんよねぇ。
ちょっとした日常の違和感でした。

聞きかじり 

2006年05月21日(日) 22時54分
あまりにも更新が少ないので、少しずつでも更新していきたいと思って、
私の心に残ったひとことを書きたいと思う。

ちょっと前に聞いたラジオで
嘉門達夫が新人声優の女の子に言っていたひとこと。

「表現者になる人には迷いがないことが大切」
(言葉は違うかもしれないが意味的に)

今の私のモットー。
 

かもめ食堂 

2006年05月21日(日) 22時25分
15日月曜日、久々に映画を見てきた

「かもめ食堂」
小林聡美さん、片桐はいりさん、もたいまさこさんが出演する、オールフィンランドロケの映画だ。

「やっぱり猫がすき」世代の私としては、小林さんともたいさんの共演を逃がすわけもなく、
しかも、片桐はいりさんもすごく好きな女優さんの一人だ。

この三人の映画があると聞いたときはもう絶対見る!と心に決めていた。

そしていざ映画館へ。

肩の力の抜けた、自然体の映画で、それでいて見ていてすがすがしくなる気がした。
小林聡美さん演じる主人公がすごく魅力的だった。
生きている中で周りに合わせたり、妥協したりすることがある。それがこの主人公にはない。
かといって、誰の意見も聞かない頑固者ということではない。ちゃんと人の意見も受け入れて
やってみようという柔軟性も持ち合わせている。
 自分の意見を持つ凛とした強さと、いい意味で無理をしない潔さがある。
 小林聡美さんのイメージにぴったりで改めて好きになった
 片桐はいりさんはいつも変わった役が多いけど、今回はわりと普通の女性の役。
それでもはいりさん特有の間がすごく面白かった
もたいさんはもう、いるだけでなにか面白いことがありそう、という存在感が充分。

 見終わった後、こういう風に年を重ねられたら素敵だなと思った。
 そしてこういう人を目指そうと思った。DVDが出たらぜひ買いたい。そして、
自分らしさを通す心の栄養がなくなりかけたときに見たい。

M-1 2005インタビュー 

2006年04月30日(日) 15時59分
26日に「M-1グランプリ2005」のDVDを買いました。
南海キャンディーズのインタビュー見たさにw
はっきりいって、本編はボロボロでした。あのネタ自体は唯一行ったライブでみたネタで、
すごくおもしろいと思ったんやけども。

いまだに、本編は見れない

でも、インタビューはなかなか良かった
ネタっぽくなく、まじめに答えてたので、買ってよかったと思った。

そのインタビューを書き起こしてみたwでも映像で見たほうが絶対良いと思う。
二人の表情とかはあえて書いてないので。
しずちゃんの笑顔がいい!山ちゃんの神妙な顔つきもいい!

細かい言い回しとかも書いたので、かなりヲタな感じで。良かったら読んでみて 
これから見る人はまだ読まないほうがいいと思います。

とろけた〜 

2006年04月24日(月) 23時29分
今日、働いているところからすぐのところにドリカムの中村さんが来た!!
 昼休みをずらしてもらい、走った走った!
アルバムを買ったら、なんとサインをしてもらえるというのでもう即買い
サインは夕方ということで、仕事をパパッと終わらせ、早く帰らせてもらいました。

そして走った走った。そんなに走らなくてもよかったけど。

もうなんか緊張して、たいした話もできず、でも握手してもらい嬉しかった。

こ1時間みてて、もうずっと笑顔でサインしてくれていてすごいなぁ、この人は。と、思いました。
合間に、マジックペンのインクがちゃんと出るか、横のほうでチェックしながら書いてて、
本当に優しい人だわと思いました。

途中、ハグしてもらう人がいて、すごくうらやましくなりました。

ので、一旦、帰って、着替えてまた、走る走る。

お姉ちゃんもサインがほしいということでまた買って。。

今度こそ、ハグしてもらうぞ!と緊張しながらまささんを待ちました。

そして登場!

 「写真の勉強を今年から始めるんです。29歳なんですが。」
 「何かを始めるのに遅いということはないよ」
 「ハグしてもらっていいですか?」
 
 …がんばれ!!  と言って

 ハグしてもらった-----

 もうかなり嬉しい!でも信じられない感じです、未だに。

 本当に素敵だった15年越しの思いなのでもうニヤケがとまりません。

 まささん、本当にありがとう!


サクラとコイ 

2006年04月15日(土) 15時54分

先週の土曜日に滋賀に帰る途中、大垣の次の駅、垂井駅
降りて、写真を撮りました

 いつも滋賀に帰る途中に電車の窓から見える、雰囲気のいい学校を撮ろうと、垂井駅へ。

 きれいな新しい駅なんやけど、駅員さんがいない。。乗り越ししたらしく、自動改札でつかまっても精算機もない。
 
 ま、いいか。とそのまま出てしまいました
そしたら後ろから来た人の駅員さんを呼ぶ声。その人は別の用事で呼んでたみたいだけど、そそくさと階段を下りました。

 すると、行きたかった方とは逆へ。でもそこには満開のサクラが。

 そのサクラにつられてどんどんと河原の方へ。

 河原の芝生からサクラを撮ろうと下に降りたら、前日の雨で濡れていたからみごとに滑ってしりもちを
つきました右手に荷物、左手にカメラで。戦場カメラマン?!

 そのまま歩いていくと、なんとコイが空を泳いでいる!しかも、たくさんのコイ!!

私は全然知らなかったんやけど、有名な場所らしい。

この日は風がものすごく強かった!生命の危険を感じた!本当に。
そして、黄砂がたくさん大陸からやってきてたみたいで。

 かなり歩いたけど、いいもん見つけました


 
 
プロフィール
ゆう:名古屋在住の関西人。主婦兼アルバイト。
趣味:写真を撮る・映画鑑賞・パン作り
好きな人:南海キャンディーズ・Dreams Come True・スガシカオ・クラムボン・ドラえもん
2006年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像namizoe
» カサ (2006年05月29日)
アイコン画像ゆう
» ドラちゃんのうしろ姿 (2006年02月18日)
アイコン画像namizoe
» ドラちゃんのうしろ姿 (2006年02月17日)
アイコン画像namizoe
» さむ〜い (2006年02月07日)
アイコン画像ゆう
» SWITCH 20th Presents SWITCH ON LIVE Vol.4 (2006年02月06日)
アイコン画像namizoe
» SWITCH 20th Presents SWITCH ON LIVE Vol.4 (2006年02月05日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:3coonya
読者になる
Yapme!一覧
読者になる