Nothing remains without change.

February 08 [Sat], 2014, 23:58
変わらぬものは何一つとしてないのです。


お久しぶりです。
相変わらず大学生しています。
元々温かい地域に住んでいたのですが、今は雪が当たり前に降る地域にいます。
寒くて寒くてやってらんないっす(^q^)


更新をさぼっていた間やっぱり色々あったのですが特筆すれば、
何よりも大切だった人を失ったこと、
それから長く失望の日々を過ごしたこと、
人に執着するのが怖くなったこと、
結局趣味が一番だということ。

ぽっかりと心に穴が開き、何も手につかなかった時期もありましたが、
今はそれなりに、仕事や趣味なんかはしっかり出来るようになりました。

こんなにも早く人は変わっていくものなんですね。
気付けば色々な物を手に入れ、それ以上に失っていました。
先生に恋をした当時の私が想像していたよりも、遥かに多くの出来事がありました。

そういえば、
かなり前、ブログ村で
同じく先生に恋をされている方のブログを見ていたのですが
その時メインで活躍されていた方が今ではほとんどいなくなってしまって……
別れてしまったり騒動があり辞めてしまわれたりしたのですが
時の移ろいを感じて切なくなります。
あの頃に戻りたいですね……。


先生とはなんやかんや卒業後も仲良くさせて頂いています。
高校の友人から辿ったのか、先生の方からTwitterをフォローされたので
かなりテンションが上がったことがありました。
落ち込んでいた時期でしたがあの時だけは目の輝きが戻った自信があります。
いつか先生をフォローするんだという目的で、ついったを始めたので・笑

そして。
前回の記事で、夏に先生が遊びにくると書いていたのですが
結局夏休みに来ることはありませんでした。
なんでもかなり忙しかったようで…

でも約束を守るあたりすごいなぁと思います。
いつ来るのかというと。


明 日 で す 。


明日私が住んでいる地域に遊びに来ると
突然ついったで連絡があり、もう浮足立ってどうしようもない私です。
未曽有の大雪の中、1000km以上離れた所まで辿り着けるか激しく心配ですが。
上手く時間があれば、バイト後にご飯を一緒に食べる予定です。


大学に入ってからときめきをすっかり忘れていた私ですが
先生だけはまだ別なのでしょうかね。
楽しみでしょうがない。
何かしら特別な人であることは間違いないんでしょう。

自分の気持ちがどこに向かっているか
全く分からないのですが
一瞬だけでも昔の自分に戻れたらいいな。
弱々しくも柔らかい感性を持っていた、あの頃の私に。

出発の日

March 27 [Wed], 2013, 23:01
大学受験が終わり、
卒業もして、
先生を好きになったあの日からもう3年が経とうとしています。
思い返せばあっという間に過ぎていった日々でした。


最後に記事を書いてから
私の環境は目まぐるしく変わって、
別の人に出会い今もなお付き合っています。
それはそれはとても大きな出来事で。

先生は、一番の人では無くなりました。
浮いた話を聞いても冷静に居られたのは、執着心が無くなった証だったんでしょう。



今年は先生の授業を受け、
そして先生の授業で学校生活最後の授業を締めくくりました。
名残惜しく教室を最後に出たのが心に残っています。


だいぶ薄らいでしまったけど、
先生を好きになった日の映像だけは
今もぼんやりと頭に浮かぶのです。
あの日から先生の側に行きたくて努力したら、いつの間にか自分の道が見えてきて。

卒業してから合格した事を直接伝える機会がなかったので
アドレス変更のお知らせのついでに
合格報告とこれまでの感謝の気持ちをメールしました。
将来の道を決める、大きなきっかけをくださってありがとうございました、と。

返信が来た時は吃驚しました。
きっと今年の夏あたりに、私の住む街に遊びに行くと。
新幹線でも5,6時間かかるほど、離れた街なのに。
もちろん来なくても平気だけど、来てくれたらとても嬉しい。
今から心が躍る。



3年前
夢見ていたのは、
いつか恋人として愛される事でした。

今は、
こんな風に穏やかに繋がる関係が
とても心地いい。

本当にこの恋は濃いものでした。
人生を変える恋でした。
他の人を愛しても
きっともう強く想う事は出来ないけど
先生の事がいつまでも好きです。

どうかこれからも綺麗な思い出が残っていますように。

テストおわり。

March 08 [Thu], 2012, 23:50
平日はほとんど顔を出せない千波です。

今日化学のテストが帰ってきました。学年一番にはなれなかったけどまずまずの結果だと思います。塾に行ってないにもかかわらずそれなりの点数をとったって褒めてほしいな!←

まあ先生のクラスじゃないので、その結果が先生の耳に届いてるのか分からないのですが。
また会えた時に報告してみようかな。「ちゃんと理解できました!」って。
でもそれで「そうですか」と軽く往なされたらさみしいや。


今週は全く先生に会ってません。明日も卒業式だから難しいだろうな。
先輩が卒業する。
先生に懐いてたあの先輩はどうされるんだろうか。


Rainy Blue

March 04 [Sun], 2012, 17:35
ブログ村に登録してみました。いざ参加してみるとどきどきしますね。


今月下旬は先生の誕生日です。
毎年祝いたいなと思ってはいるのですが、なんせ春休みなのでなかなか会えない。
しかも今年はその日、絶対に学校に行けない。部活の行事がその日に重なり、学校から遠く300km離れた場所に行くことになっています。私が遠くに行くってなんやねん。

そもそも3月から部活に参加出来なくなるので残念な限りです。話せる機会が一番多いのは部活なのに……

来年こそ先生の授業に当たりたいな。
今年一年違う先生の授業を受けて分かったのは、やはりクラスが違うと色々と不自由があるという事。質問に行きづらいですね。それでも構わずに行ってましたけど、迷惑をかけてるんじゃないかと思います。



期限付きの恋って分かっていても辛いね。
慣れはしてもそのもどかしさは無くならない。
叶わない事が前提だもん。
叶いそうで叶わない距離?多分それは私の錯覚。
相手の反応、世間の目、二人の間柄、一般論。色々なものに囲まれて邪魔されて、淘汰されていく想いなんだろうか。

客観視していると私の想いが間違ってるんじゃないかと思えてくれるよ。
両想いになりたい。恋人になりたい。
でも先生を追い詰めたくない。困らせたくない。
私は生徒だものね。貴男が辛いと言うその気持ちを受け止めてあげたいけど、生徒相手じゃ愚痴れないもんね。

私の高校生活を全て捧げても構わないよ。別の人と過ごす青春なんていらない。
でもこの恋に未来はない。
未来を望んじゃダメですか?
先生の心に私の存在は響いてますか?

ステップ

January 28 [Sat], 2012, 1:46
日付が替わっちゃってるや。

昨日の放課後、研究発表のレジュメを仕上げてました。部活の。
実は私は部活の研究には参加してません。先生の斡旋で別所で研究してました。

……部活でどんな研究してたかさっぱり分からない\(^o^)/\(^o^)/

いや、何をしているかはレジュメの下書きを見れば分かるんですけど、データ解析に携わってなかったから考察のしようがないんです。何故私に頼んだ。
※頼んだのは別の顧問です。



部室で作業していたのですがその隣に顧問の準備室があるんですね。私が作業していたら顧問に電話が。
顧問「もしもーし。……えーそうですねー。今隣で千波さんがレジュメ直してくれてるんでけど、それ終わったら行きますねー」
誰と話してるんだろ。わざわざ私の名前を出すってことは私と関わりのある先生なのかなあ…っと思っていたところ。

するとほどなく先生が来た!顧問と話してたのは先生だったらしい。
そして私の隣に来てくれた。
「今レジュメ書いてるんですよー(笑)今日提出締切なのに間に合うんですかね」
『あーよくあるよくある』
なんて他愛のない話をして。
私がPCつつきながら、その横で先生が見守ってくれてるとすごく心が落ち着く。

またPCに集中してたらどこかへ去って行ったんだけど、どうやら隣の顧問の元を訪れたわけじゃないようです。準備室のドアが開いていたから、先生たちが話したら私に聞こえる。けどそんな様子は感じられなかった。
つまり私の為だけに会いに来てくれたの?そう解釈してもいいの?

些細なことだけどすごく嬉しかったなぁ。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:千波
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
市井に暮らす大学生。
学校の先生が好きでした。

懐かしい思い出に
今も浸りたいようです。
2014年02月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
最新コメント
アイコン画像あや
» テストおわり。 (2012年03月12日)
アイコン画像千波
» Rainy Blue (2012年03月09日)
アイコン画像あや
» Rainy Blue (2012年03月07日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

にほんブログ村 恋愛ブログ 教師と生徒の恋愛へ
にほんブログ村
http://yaplog.jp/3cache-cache20/index1_0.rdf