さらば箱舟

January 13 [Fri], 2006, 23:38

昼寝のつもりが、8時間も寝てしまいました(汗)
寝すぎってくらい寝てるのに眠気が取れないんですよね・・・。
休みの日は色々したい事も多いのに、眠気に勝てず無駄な1日を過ごしている気がします。
これなら飲みに行った方がまだマシだったかもしれないよ!!





『さらば箱舟』

あらすじ
『いとこ同士のスエと捨吉は、村のタブーを犯して結婚する。そのタブーとは、いとこ同士のSEXは豚の尻尾が生えた子供を作ってしまうというものだった。やがて封建的な村の中で、スエと捨吉は村八分同然の扱いを受け、忌み嫌われるようになるが…。』(「DVDirect」より)


寺山作品、第2弾です!!
今回は寺山修司の遺作となった『さらば箱舟』を鑑賞しました。
この作品も土俗的な雰囲気が非常に色濃く出ており、全編通してカルト映画的な印象を受けましたね。
寺山作品の集大成とも言える本作品では、「時間」というテーマをメインに、封建的な村落共同体が文明の波をかぶって近代化へと脱皮していく過程が描かれてありました。




映画の随所に見られる“時計”のエピソードが印象的でした。
たった一つの時計をみんなで見ていた時代から、一人ひとりが時計を持つ時代へと移り変わっていく様が、なんとも物悲しかったです。
近代化・個人主義へと移行していき、村人達はどんどん隣町(都会)へと移り住んでいくのでした。


この作品には、10代の頃の三上博史や高橋ひとみが出演しております。
三上博史さんは、昔からホント男前だったんですねぇ〜。
ちょい役でしたが、ファンの人は必見ですよ!!(笑)
最後にスエが放ったセリフが強烈でした。
『隣町なんてウソ。みんな消えてしまう。100年経ったらその意味分かる。』



『さらば箱舟』
1982年  日本映画  127分
●監督・・・寺山修司
●脚本・・・寺山修司 岸田理生
●出演・・・山崎努 小川真由美 原田芳雄 三上博史 石橋蓮司 ほか

評価は★★★(3点) 高橋ひとみは寺山修司の秘蔵っ子だったそうです!!

  • URL:http://yaplog.jp/39smash/archive/298
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
マイコ
SUさんへ

はじめまして、こんにちは
コメントありがとうございました。

寺山監督ファンって結構多いですよね。
確かに、彼の映像センスは素晴らしかったと思います。

「感性で感じる」
まったくその通りですよね。
意味不明なシーンも多いんですけど、それが気にならないほどパワフルな力が画面から感じ取れます。

もっと彼の他の作品も観てみたかったですね。
私的には「田園に死す」が一番好きでした。
分かりやすかったし、伝えたかった事が一番伝わってきたように思います。
February 05 [Mon], 2007, 10:38
SU
最近DVDを購入して見ました。とても面白かった。寺山は前から言っていたように、筋書きはどうでもよく、ただ感性で映画を感じればよいと思います。小川真由美さんの演技がすばらしい。映画の中の演技ではなく、本当の実在人物にしか思えない。時間、空間を超越したストーリーは、いかにも寺山らしい。彼にとって、もっと色々な映画を作る作る時間があればよかったのでが、しかし、おそらく死を意識していた寺山は、この作品にすべての情熱を注いだのであろう。まさに「天才」寺山の芸術、という感じがしました。皆さんも是非見て欲しい。
February 04 [Sun], 2007, 13:53
マイコ
でぼらさんへ

こんばんは
こちらこそ、トラックバック&コメントありがとうございました。

寺山作品は、まだ2作しか観たことがないので、もっと他の作品も観てみたいなぁと思っております。

次は、『書を捨てよ、町へ出よう』かな。
舞台も観てみたかったなぁ・・・。
January 21 [Sat], 2006, 21:18
こんにちは。TBありがとうございます。私もTBさせてくださいませ。寺山の芝居もどんどんDVDになってくれるといいですね。
January 20 [Fri], 2006, 10:57
マイコ
rippletonefrenchさんへ

おはようございます

男前な少年が出てると思って、よく見たら三上さんでした。
テロップにも名前がありました。

高橋ひとみさんも出てるし(しかも胸まで見せてる!!)、すごいビックリしちゃいましたよ〜
秘蔵っ子だし(笑)

寺山作品は解釈するのが非常に難しいです・・・。
意味の分からないシーンも多いし

でも、圧倒的映像美と色彩の豊かさはホントに圧巻されますよね

寺山修司展覧会とかあったんですか!!

福岡では絶対に開かれないでしょうな(笑)
January 18 [Wed], 2006, 10:00
マイコ
しんさんへ

おはようございます
コメントありがとうございました。

そうですね〜。
『書を捨てよ町へ出よう』も近々観てみたいと思っております。

あと、『式日』もね!!(笑)
January 18 [Wed], 2006, 9:53
rippletonefrench
マイコ様

これも観たような気が…(笑)

三上博史が出演していて驚いた覚えがあるから、
きっと観ました(笑)

なんせもう東京中の映画館をはしごしてましたからね。
『寺山修司祭り』で(笑)

もう寺山作品は能書きどうのより、
『観るべし!観るべし!』みたいな(笑)

村八分ってすごいテーマですよね。
寺山にしか撮れない!

あっそういえば『寺山修司展覧会』にも行ったことあるです(笑)
天井桟敷のポスターとかあってステキでした。
横尾忠則も最高でしたよね、あの頃。
January 16 [Mon], 2006, 21:56
しん
あとは、「書を捨てよ町へ出よう」でしょうか。
January 15 [Sun], 2006, 23:45