第1回目のプチ同窓会 

October 13 [Sun], 2013, 20:34
10月12日 19:00 鳥どり

僕らは第1回目のプチ同窓会を行った。
今回は一人仕事が終わらず、6人での開催。

話した。とにかく、たくさん話した。
喫煙者が多かったり、既婚者が多かったり。
誰それが結婚したとか、誰それは今どこに住んでいるとか。

当時のイメージ通りの部分と、全く知らない部分が混ざった不思議な感覚だった。
そして、たった3時間の会話の中で改めて思った。

学年全体の同窓会を開こう。

それぞれ、仕事も家庭もある。
学年全体でやるとなれば、それなりに労力もいる。
でも、やりたい。そう思った。

同窓会への活動開始 

October 12 [Sat], 2013, 16:28
思い立ったら吉日。
そうは言いながらも、仕事の忙しさに追われ、なかなか動けずにいた。

仕事が一段落したタイミングで、僕は2人の同級生に声をかけた。
地元で仕事をしていて顔が広い同級生と、仕事柄イベントの企画や運営を経験している同級生だ。
彼らなら、言いたい事も言い合えるし、何よりも中学時代に一緒に学級委員をやっていたので適任だと思った。

彼らは、同窓会の開催に賛同してくれた。
そこで、一度集まり話をした。

2013年8月25日、曇り。
ココス日吉店。

彼らと話していると夢が広がった。
あんな事をしよう、こんな事をしよう。

同窓会の幹事を代行してくれるサービスもたくさんあるけど、僕らは3人が中心となって開く事にした。
そこでいくつかの事を決めた。

・本開催は仮に2014年6月にする事。
・全員参加は難しいが、全員に声は掛ける事。
・声掛けなどの協力者を募る為、短いスパンでプチ同窓会をする事。
・第一回目のプチ同窓会は10月12日(今日!)に開く事。

個人のつながりやFacebookを使って誘った。
僕らを入れて7人だけど、初回にしてはいい方だと思う。

このブログが成功記になるか、失敗記になるかは分からないけれど、続けていこうと思う。

僕が同窓会のブログを書こうと思った訳 

October 10 [Thu], 2013, 23:12
僕は、伊坂幸太郎の小説が好きだ。
その彼の小説「モダンタイムス」に、こんな一節がある。

========================================
人生は要約できねえんだよ。
人ってのは毎日毎日、必死に生きてるわけだ。
つまらない仕事をしたり、誰かと言い合いしたり。
そういう取るに足りない出来事の積み重ねで、生活が、人生が、出来上がってる。だろ。
ただな、もしそいつの一生を要約するとしたら、そういった日々の変わらない日常は省かれる。
結婚だとか離婚だとか、出産だとか転職だとか、そういったトピックは残るにしても、日々の生活は削られる。
地味で、くだらないからだ。
でもって「だれそれ氏はこれこれこういう人生を送った」なんて要約される。
でもな、本当にそいつにとって大事なのは、要約して消えた日々の出来事だよ。
それこそが人生ってわけだ。
========================================

もし、このまま順調に進んで来年同窓会を開けたとする。
すると、僕も含めて企画を手伝ってくれた人や、参加してくれた同級生たちの記憶の中に「同窓会があった」というトピックが残る。
でも、それまでの苦労や葛藤は、地味でくだらないものとなってしまう気がする。

だから、僕は同窓会が終わるまで、ブログを書こうと思った。

本当に大事な、要約して消える出来事を、大切に残しておくことにした。

僕が同窓会を開こうと思った訳 

October 10 [Thu], 2013, 10:14
「あなたの青春時代はいつですか?」

ある時、質問された事があった。
僕は迷わず答えた。

「中学時代です。」

特に大きなトピックがあった訳ではない。
それでも、小さなトピックの一つ一つの積み重ねが、僕の「青春時代」を作っていた。


本気になる事がカッコ悪い。
今で言う厨二病になりながらも、いざ行事となると熱くなっていた。
今考えればくだらない事で真剣に悩んでいた。

あの歳、あの場所、あの空気。
過ぎ去った青春時代には、戻れない。

それでも、「あの同級生」とは会う事が出来る。
それならば、会いたいと思った。

同窓会を開くタイミングは、今まで何回もあったと思う。
でも、その時は「やりたいな」「誰か企画してくれないかな」と考えてただけで、何かアクションを起こした訳ではなかった。

それは多分と言うより絶対、言い出したら幹事をしなければいけないし、幹事は大変だから動かなかったのだと思う。
そして、恐らく「やりたいな」「誰か企画してくれないかな」と考えている人も多くいるんじゃないかと思う。

だから、僕は同窓会を開こうと思った。

言い出すからには、しっかり幹事をやろうと思う。
中学時代から倍の年月が経ち、来年いつの間にか僕たちは三十路となるんだから。
一つの節目を迎える訳だから。
学年全体の同窓会を、幹事として作り上げようと思う。

約360人の38期生の全員は集まらないと思う。
100人かもしれないし、50人かもしれない。
ひょっとしたら、5・6人かもしれない。

ただ、全員に対して案内が届くようにしたい。と考えています。


2013年夏、僕は同窓会を開こうと思った。
P R
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:メガネ
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1984年12月14日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
最新コメント