DAVID 

July 16 [Thu], 2009, 2:19
もしも今、私が死んでしまったら、
私はあなたにもう一度だけでいいから、逢いたい涙を流したり、
心が締め付けられたり、苦しくなったりするのだろうか。


もしも今、私が死んでしまって、
1番逢いたい人にひと言、言葉を伝えられるのだとしたら、
私は、何を伝えるだろう。


あなたから、こぼれてくるたくさんのものが、
私を幸福な気持ちで包み込んでくれたり、
少し難しいよ。。って思えるようなチャレンジ置いていったり、
解き放たれた笑顔を見て、
わたしもそんな風に、笑って居たいと思ったこと。


伝えたいことはたくさんあるのに、
「ねぇ。」って、話しかけられずに、
中学生のような恋のように、


もどかしくて、
不思議で、
ちょっと甘酸っぱくて、


でも、現実、ちょっとオトナな分、
頑張って、冷静でいようとしたり、
いろんな気持ちを打ち消してみたり、


恋の味を感じることが怖くなってたり、
なんて臆病で、
なんて子供じみた私なのだろうと弱くなったり、

たくさんの感情を味わって、
私は、いつも忙しかった。


私にとってあなたは、唯一無二の存在で、
あなたは気付いていないだろうけれど、
あなたは多くの人に愛されていて、
誰かの好意に気付くたびに、
私は、なんとも言えない気持ちになった。


あなたが私に与えた、想いの味は、
私という人間を丸裸にして、光と闇を照らしていた。


残された時間は少ないのに、
このままじゃ、私何も伝えられない。
何から伝えればいいのか、わからない。


もしも、私が死んでしまって、
その知らせがあなたにも届いたとき、

あなたは何を思ってくれるのかな。

私が死んでしまっても、
その姿で、その姿勢で、その全てで、
すぐに逢えるよ。大丈夫だよ。
嘘でもいいから笑ってくれたら、嬉しいな。


残された時間で何が出来るかな。
私があなたに伝えられることってあるのかな。


もしも、私からも何かがこぼれているのだとしたら、
あたたかい光であって欲しい。

ふとした瞬間だけでも良いから。
あなたにあたたかい気持ちが届いていたら嬉しい。



P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:314soul
読者になる
2009年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる