子育てしてます。 

2012年04月29日(日) 14時56分
ずいぶん日にちが空いてしまいましたが…

GWに入り、特に出かける予定がないので、とてもゆったりした時間を過ごしております。

さて、近況と言えば、先月出産をして、ただいま育児奮闘中です。

1ヶ月検診も無事に終えて、子どもとの生活にもやっとこ慣れてきたところです。

息子は、とても成長が良く、そこは私に似ています。
顔は旦那に似ているとみんな言います。
私もそう思います。
夜、寝顔を比較するとほんとにそっくりです。

最近の関心事が育児に集中しているので、世の中の動きにすっかり疎くなってます。
気がついたら、冬が終わってて、桜も散ってて、もうGWなの!?…みたいな感じです。
でも、最近やっと外出もできるようになったので、少しずつ、外の世界に目を向けようと思います。

最初の頃は、赤ちゃんの扱い方が分からなかったり、授乳がうまくできなかったり、慢性的な寝不足に参ったり、赤ちゃんの様子に一喜一憂したりして、とてもナーバスになってしまいましたが、(今も若干ナーバスですが…)
周りのサポートもあり、何とか、楽しみながら子育てをしています。

それにしても、ほんと、自分の子どもって理屈抜きにかわいいものなんですね。
私、母性がそんなに強い方ではないと思うのですが、息子はかわいくって仕方ありません。

これからも、息子の成長を楽しみながら子育てできるといいな、と思います。

oya cafeに行きました。 

2011年12月15日(木) 14時43分
師走というと忙しい季節ですが、今年の私は、割とゆったりした生活を送らせてもらっています。

で、昨日は仕事帰りに、難民支援協会というNPOが主催した「oya cafe」というイベントに行ってきました。

oyaとは、クルドやトルコの女性が作る伝統的なレース編みのことだそうで、日本へ逃れてきたクルド難民の女性たちが作ったoyaを通して、難民について考えるというイベントでした。

私は、oyaについても難民についても全く知識がなかったのですが、いろいろ教えてもらって、oyaのネックレスも購入しました。

とても繊細なレース編みで、とってもきれいです。

(たぶん)蝶々の模様です。


私はピアスをしていないので買いませんでしたが、ピアスもいっぱいあって、値段もお手頃でした。
興味のある方は、支援の意味も込めてぜひ。

長良川おんぱくに行きました。 

2011年10月17日(月) 22時01分
久しぶりの日記になってしまいましたが、なんとか元気に生きています。

先週、東海地方に行く用事があったので、その道すがら、岐阜市の長良川温泉で開催されている長良川おんぱくというイベントに行ってきました。

ちなみに、おんぱくの「おん」は温泉の「おん」です。

このイベントは、10月中、1ヶ月間開催されていて、岐阜市を中心としたイベントが全部で100個企画されていて、事前に申込みをして、そのイベントに参加するというものです。

私はその中の純喫茶めぐりというイベントに参加してきました。

岐阜市は、喫茶店に使う金額が全国イチの街なんだそうです。そんな岐阜には、ほんとに喫茶店が多かったです。

今回の純喫茶巡りで行った喫茶店は、どれもシブいたたずまいで、ちょっと入るのに勇気がいるけど、なんだか落ち着くお店ばかりでした。

ちなみに東海地方の喫茶店といえば「モーニング」です。
今回、モーニング初体験をしました。

コーヒーを頼むとこんなものが付いてくる訳です。


これは1件目の喫茶店キリマンジャロで食べたモーニング。


これは2件目の喫茶店蘭豆蘭で食べたモーニング。

朝、コーヒーを頼むともれなく、食事が付いてくるという、驚きのシステム。
東京にも欲しいです、ほんとに。

このイベントに参加して、都内のシブい喫茶店に目が行くようになってしまいました。
今度、勇気をふりしぼって入ってみようと思います。

このほかにも岐阜観光をしたのですが、見所は結構あるんだけど、極度に観光地化されてない感じが逆に良かった気がします。

温泉は、赤褐色のお湯で、露天風呂から長良川が眺められていい雰囲気でした。

今回泊めさせていただいた知人の家は、古い町家で、これがまた風情がありました。
ちょっと寒かったけど(笑)

また行ってみたいなぁ。


(鏡岩水源地のポンプ室。昭和5年建築。今は資料館になっています。)

瀬戸内旅行(3) 

2011年05月22日(日) 11時30分
鞆の浦は、大学時代、授業で取り上げられることも多く、前から行ってみたいと思っていた街だったので、
やっと行く事ができてうれしい限りでした。

尾道を出発したのが、夕方すぎだったので、鞆の浦についた頃には、あたりは真っ暗でした。
海って、ほんとに暗いんですね。

宿は、NPOが運営している、「御舟宿いろは」というところに泊まりました。

鞆の浦は、坂本龍馬が乗船していた「いろは丸」が紀州藩の船と衝突した場所として有名で、
この宿は、龍馬たちが紀州藩との交渉を行った場所である旧魚屋萬蔵宅を、NPOが宿として再生したものだそう。



部屋が3つしかない小さな宿でしたが、アットホームな感じでとてもいい雰囲気でした。
東京から演奏にきていた琴奏者の方が宿にいて、演奏してくれたり、
ヴィオリラという大正琴みたいな楽器を弾かせてもらったりして、なかなか楽しい夜を過ごしました。

ちなみに、この宿を運営しているNPOは、街の空家の再生プロジェクトを手がけていて、街には、このプロジェクトによって再生したお店がいくつもありました。

鞆の浦は、波止、焚場、雁木、船番所、常夜灯が揃う、珍しい港なのだそう。

街は歩いて回るのがちょうどいいくらいの規模の、おだやかな雰囲気の街でした。

下の写真は、高台にある医王寺から鞆港を見たところ。


この港を横断するバイパスの計画があり、いろいろな代替案なども出て、未だ決着がついていない状態にあります。

まちづくりを勉強していた立場からすると、やはり町並みの保存を望みますが、
実際、今回の旅行中にも、街で車が渋滞している場面に何度も出くわしました。
道幅が狭いところが多く、車両がすれ違うのが大変だからのようです。

生活している人からすると、この交通状況は不便に思うのでしょう。

ただ、ヨーロッパの古都なんか、みんな同じような状況だと思うのです。
彼らは、この問題をどのように考え、どうやって解決しているのかなぁ、と興味が湧きました。

余談ですが、鞆の浦を舞台にしていると言われているのが、崖の上のポニョです。
宮崎駿監督が滞在したという家の近くに行ってみたのですが、
言われてみれば、こんな感じかなぁ、と思いました。

(旅行記おわり)

瀬戸内旅行(2) 

2011年05月15日(日) 23時39分
尾道は坂の街です。

海沿いに電車が走っていて、その背後、北側に急な傾斜地が続いています。

だから、町はこんな坂道がいっぱい。
火事とかあったらどうするんだろ。


山頂に千光寺という寺があって、その周りが公園になっています。
そこまでロープウェイがあるので、行きはロープウェイで行って、歩きで下りました。

山頂からの眺め。


尾道は前回の朝ドラの舞台となってたのですが、実際は舞台の半分は大阪だし、主人公は尾道の中心部ではなく、水道を挟んで南側の向島の出身の設定だったので、そこまでゆかりのロケ地は見つけられなかったのです。

第一話でトランペットを投げる場所くらいかな。

それよりも、旅行に行く前に、大林宣彦監督の「時をかける少女」と「ふたり」を予習していったのですが、
そのロケ地を見つけた時はかなり興奮しました。

そもそも、泊まった宿もロケに使われた場所だったし。

尾道は倉敷とは違って、人が住んでる気配がしました。
でも、朽ち果てた家なんかもそこかしこにあったし、商店街もシャッターおりてるとこも多かった気がする。

それでも、朝ドラ効果か、観光客はたくさんいました。
新しそうなお店もちらほらあったし、朝ドラが終わっても元気な町でいて欲しいな、と思いました。

余談ですが、尾道ラーメンを食したのですが、行列ですごく待ったので、疲れた記憶しかない…

(その3へつづく)

瀬戸内旅行(1) 

2011年05月15日(日) 22時02分
G.W.に倉敷〜尾道〜鞆の浦へ旅行へ行ってきました。

まず、倉敷駅に降り立ったのですが、駅の周りは普通の地方都市でちょっと拍子抜けしました。

駅から15分くらい歩いたところに、美観地区がありました。
美観地区内は見事な町並みが形成されていて、良くも悪くも映画のセットのようでした。

地区の中心を流れる倉敷川の周りに蔵や商家が建てられ、町が形成されていったそうです。



地区の中心に大きくそびえるのが大原美術館で、地元の実業家が建てた美術館です。
美術館の向かい側にあるのが、有隣荘という昭和初期に建てられた大原家の別宅で、この家の瓦が緑とオレンジが混ざったような本当にきれいな色をしてました。



しかし、地区を出ると急に現代に引き戻されたような感覚になりました。


さて、倉敷を出て、次に向かったのは尾道。

前から気にはなってたけど、この前の朝ドラの舞台になっていたこともあり、私の中の尾道熱が高まって
今回やっと行くことができました。

(その2へつづく)

新年度になりました。 

2011年04月03日(日) 20時34分
最近は、節目にしか日記を更新しなくなってしまっていますが、
それだけ、日々、それなりに忙しく、それなりに健康に過ごしているということかもしれません。

東京に住む私は、この地震で大きな影響は受けませんでしたが、

•(前の日に早く寝たので)朝早く目覚める。
•節電のため、残業は極力しない。
•夜のイベントもないため、まっすぐ家に帰る。
•家で夕飯を作って食べる。
•寒いから布団に入り、さっさと寝る。

の繰り返しにより、とてもシンプルな生活をしております。

年始に目標を3つ掲げたのですが、
目標を達成するための時間はふんだんにあるはずなのに、テニスしか達成できていません。
やはり強制されないと持続しない性格なのでしょうか。

もう少し暖かくなったら、すぐ布団に入るのをやめて、自分のことをする時間を増やせるようにしたいと思います。

今年、というか当面3ヶ月の目標 

2011年01月13日(木) 21時22分
私は、年明けとか、年度始めとか、いわゆる「始まり」というものが好きで、

新しいペンとかノートとか無駄に卸してみたり、
年間目標とか書いてみたり。

意味なく清々しい気分になってしまうのです。

で、さっそく、
・テニススクールに通い始めました。
・楽器の練習再開しました。
・語学の勉強始めました。

なんてアクティブなんだ。

まずは、3ヶ月続けられるよう、頑張ります。
やる気が持続するよう、敢えて日記に記しました。

今年の総括と来年に向けて。 

2010年12月29日(水) 10時25分
今年もあっという間に終わりですね。

今年の1月の日記に、街角リポーターに今年の抱負を聞かれた、という話を書いたのですが、
無事にこの抱負を達成することができました。

やったねー。

ちなみに抱負の内容はというと、某国家試験に合格することでした。

今年は、特に試験が終わる10月まで、試験勉強以外の思い出がほとんどありません。
来年は何をしようか今からわくわくしてます。

そんな考えを巡らせている今日この頃ですが
週末から急性胃腸炎になり、2日間寝込みました。
いやー、つらかったー(泣)

やっと体調も回復してきましたが、
おかげで今年の年末年始は、暴飲暴食だけは避けられそうです。

皆様、よいお年を。

ポルトガル再訪(3) 

2010年12月09日(木) 22時17分
リスボン旅行もすっかり鮮度がなくなってしまったので、
リスボン滞在の2日間について、自分の記録として、以下箇条書きにて。

・ファドのライブハウスに行ったら、店の看板娘が歌いだし、店のおばちゃんも歌いだし、最終的には厨房のおばちゃんが歌いだした。

・アルファマで、世界ふれあいまち歩きごっこをした。

・NATOの首脳会議が開催されていて、交通機関が麻痺。オバマをうらめしく思う。

・昔住んでいたアパートの場所が分からず四苦八苦。何とか見つけるが、人は忘れる生き物だと実感した。

・やっぱりベレンのエッグタルトはうまかった。

また行くのはいつになるかは分からないけど、やっぱりまた行きたい街です。
次行くときはもっとゆっくりしたいです。

(おわり)

(下は、ジェロニモス修道院。いつ見ても美しい。)
2012年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像3105
» 長良川おんぱくに行きました。 (2011年10月20日)
アイコン画像むらたか
» 長良川おんぱくに行きました。 (2011年10月17日)
アイコン画像たな
» 瀬戸内旅行(2) (2011年05月17日)
アイコン画像3105
» 瀬戸内旅行(2) (2011年05月17日)
アイコン画像toshi@ニース(の近く)
» 瀬戸内旅行(2) (2011年05月16日)
アイコン画像3105
» 今年の総括と来年に向けて。 (2010年12月31日)
アイコン画像hana
» 今年の総括と来年に向けて。 (2010年12月29日)
アイコン画像3105
» ポルトガル再訪(2) (2010年12月06日)
アイコン画像いち
» ポルトガル再訪(2) (2010年12月02日)
アイコン画像3105
» 久々の千葉 (2010年11月08日)
Yapme!一覧
読者になる