お休みのご挨拶 

June 22 [Sun], 2008, 11:31
すっかり‘放置状態’となってしまったこのブログですが。。。

GWからは、恒例の帰省(夫の実家)をしたり、娘が転職したり、福井の店舗の改装工事があったりetc・・・と
相変わらず落ち着きの無い毎日を送っています。

さて、開業とほぼ同時にこのブログを始めていつの間にか3年と4カ月が経過しました。

この間たくさんの出会いがあり、幾人かの方とは直接お会いさせて頂くことも出来ました。

みなさんとは、趣味のお話で盛り上がったり、働く女性としての生き方や社会の出来事を考えたりと、たくさんの刺激と喜びを頂きました。

また、同業種・異業種問わず仕事上でもお教え頂くことが多く、その点でも大変お世話になりました。

今までここで出会った全てのみなさんに、心から御礼申し上げます。
本当にありがとうございました

一人で仕事をしている身としては、性別や年代・地域を超えて交流出来るこの場所は大変貴重な楽しみの場なのですが。。。
最近は仕事も転換期に来ているのか公私共に忙しくて、なかなか日記の更新が出来ないでいます

当初は『出来る時に更新したら良いかな?』と思っていましたが、私の性格上この‘放置状態’と言うのが気になって仕方がありません。

それと、この日常の出来事を書く‘つれづれ日記’の形式は一旦終了して、新たな内容で再スタートしようかな?という思いもあります。

それも、ブログと言うツールを使うのか別の物にするのかなどは思案中でまったく未定なんですが、決まった時はまた改めてご挨拶させて頂きますね。

それまでは充電中と言うことで、ここはお休みとさせて頂きます。

でも、みなさんとの思い出が詰まったこの場所は消したく無いですし、時々気が向いたら何か書き込みするかもしれません。
みなさんの所にも、‘おつぼね’として覗かせて頂きます。

なので、暫くはこのままにさせて下さいね。
メールフォームも設置したままですので、もし気が向かれたらご一報下さい。

あっ、そうそう。

以前からお会いしたいと思いながら、なかなかご対面が果たせずに居る方々。
私は、諦めてませんよ〜。
結構執念深い性格ですからね。

いつかきっと・・・

あなたの元へ現れます

娘との旅行 

May 01 [Thu], 2008, 13:00
暦通りにお仕事のみなさん、ご苦労様です
既に連休中の方は、有意義なお休みを過ごされてますでしょうか?

4月の中旬のことですが、結婚前の思い出にと、突然思い立って娘と二人で一泊二日の温泉旅行に行ってきました
(突然の思い付きは、よくある事で

4月16日の朝、またもや出発時点から雲行きが妖しかったんです

「せめて今日の夕方までは・・・」と祈りながら出発したのですが。
京都南ICから名神吹田を経て近畿道に入った頃から、大粒のが。。。
そのうち雨脚が次第に強くなって、バケツをひっくり返したような土砂降りに
気分はかなりブルーです

それでも、目的地の白浜温泉へ着いた頃はまだ低気圧が追いついて来てなかったのか、も小康状態。
今のうちに海辺の景勝地を見ようということで、三段壁〜千畳敷〜円月島というコースを駆け足で回りました。








でも、せっかくの綺麗な景色もお天気が悪いとも一つスッキリしないんですよね
この辺りは、私は以前にも行った事のある所なのですが、娘は初めてなのでちょっと残念でした。 
 


その内、次第に風も強くなって来た為、観光は早々に切り上げてホテルへチェックイン。

早速に浸かって一息
それからはカラオケ
そして夕食
またまた
お部屋でごろごろ
またまた(雨に打たれながら、露天風呂入ってましたよ)

と、今回も『入らな損』とばかりに温泉に浸かってました

そして二日目の朝は・・・
お天気は、やっぱり

ここのホテルは12時チェックアウトで朝食も11時までOKなので、ゆっくりと朝寝・朝風呂を楽しんでいたところ。 。。

お客さんから「明日の3時までに書類を作成して届けて欲しい」と仕事のが・・・
さらに娘までもが、「風邪ひいたみたいで、熱っぽい」と・・・

この時の私の心境はこんな感じでしたよ→

でも、『まぁお天気も悪いことやし、今日のところはすっぱりと諦めて帰えろ』と決断。
12時までお部屋でゆっくりと過ごした後は、一路京都へ戻ることにしました。

娘には途中の薬局で薬を買って飲ませたものの、運転を交代するのは無理な様子だったので帰路は一人で運転する羽目に

元来ドライブ好きな私ですが、最近は長距離の運転がだんだんシンドクなって来てるんですよね。
やっぱり〇〇だからかな〜?

今回は、いや今回も、ですね。
今回も に祟られた旅行でしたが、娘の結婚前の良い思い出にはなったかな?
回数5回で、新記録も達成したことですし

次回は、またお仕事頑張って自分へのご褒美に‘おひとり様温泉旅行’に行こうと思ってます
さて、今度は何処へ行こうかな〜

近況報告・・・その2 

April 19 [Sat], 2008, 12:21
また少し日が空きましたが、前回に続いてこの間の出来事報告第2弾を。

と言ってももう1ヶ月程前のことなのですが。。。

昨年の今ごろの日記で、私の親友が他界したお話をさせて頂いてましたが、覚えていて下さってるでしょうか?
あれから丸1年がたちました。

そして、親友が勤務していた中学校の卒業式が3月18日にあり、彼女の教え子だった生徒さんたちが新たな世界へと巣立って行ったわけですが。

校長先生や同僚の教職員の方々のお計らいで、その卒業式に、彼女の息子さんと一緒に出席させて頂くことが出来たんです。

私も忙しい時期だったのでゆっくりと泊まりがけという訳には行かず、早朝の新幹線で京都を出発し、浜松駅に迎えに来てくれていた息子さんと共に学校へ直行。

教頭先生のご案内で体育館に設営された卒業式会場に足を踏み入れた途端、そこで不思議な現象が。。。
親友が私の中に入り込んで来たような感覚になってしまったんですよ。

私自身は初めて訪れた学校ですし当然教職の経験など無いのに、生徒さんたちと過ごした日々が私の脳裏に次から次へと浮かんで来たんです。

未だ式も始まっていないのに、既に目がうるうるでした

私たちの席も教職員席のすぐ横にご用意頂いて、同僚の先生方の暖かいお心遣いに深く感謝です

そして、卒業式は、来賓挨拶や卒業証書授与・校長先生の祝辞・在校生送辞と粛々と行われて行き、卒業生答辞も終わりに差し掛かった頃。

卒業生代表の生徒さんから
『楽しい学校生活がずっと続くものと思って疑わなかった私たちに、ある日突然〇〇先生との永遠のお別れという悲しい出来事がありました』
という言葉が・・・

生徒さんたちにとっても、彼女の死は凄くショックな出来事だったんですね。
もうこの時点では、それまで必死に堪えていたを止めることが出来なかったです 。

式次第が終了後は、卒業生全員がステージ前に並んで保護者や教職員・地域代表の皆さんに対面して、感謝の言葉と歌の合唱を贈る場面に変わったのですが。

その際もまた、校長先生のご配慮で最前列中央の席を私たちにお譲り頂き、卒業生の皆さん全員と対面する位置を賜りました。

さらに感謝の言葉の中でも、生徒さんたちが「〇〇先生」「〇〇先生」と口ぐちに彼女の遺影に呼びかけて下さって・・・(もうが止まらない)

3年生を担当された先生方に贈る御礼の花束も、彼女の分もちゃんと用意して下さってました。

後で先生方に伺ったところ、当日私たちが式に参列することは生徒さんたちにはお知らせされてなかったのに、生徒さんたちが自ら考えてして下さったと言うことです。

一旦教室に引き上げて先生や級友たちとお別れをした生徒さんたちが、再び吹奏楽の演奏に送られて校庭に出て来られた後も、みなさん、代わる代わる彼女の遺影と記念写真を撮って下さったりして・・・

改めて、彼女が生徒さんにも保護者の方々にも同僚の先生方にも人望の厚い教師であったことを実感致しました。
それ故、志半ばで旅立たねばならなかった彼女の無念を思うと、病魔への怒りと悔しさがこみ上げて来ます。

また、この日は、息子さんにも一生忘れられない日となったと思います。
学校を後にする際『あんたは、〇〇の息子に生まれて本当に良かったね』と言ったら、彼も涙でグシャグシャになった顔に満面の笑みを浮かべて頷いてました 。

午後からは、彼女の実家で待ってて下さったご両親に卒業式の模様を報告し、食事会の後、ご両親・息子さんと共に墓前へお参り。
無事代役を果たしたことを報告して、みなさんから頂いたお花を届けて来ました。

ご両親は、私の労を労い過分なもてなしをして下さいましたが。
今回は、彼女のお陰でこんなにも感動的な体験が出来たわけですから、私の方が感謝してもしきれないくらいです。

1年前には、勝手に先に逝ってしまった彼女を恨み嘆き悲しんだものですが、この1年間に、彼女のお陰で得た物もたくさんありました。
たぶん普通に生活していたらなかなか経験できないであろう貴重な経験もさせて貰えました。

最後の最後は、私の両親のお墓へお参りして、この日1日の出来事と娘の結婚が決まったことを報告して帰路につきました。

慌ただしい1日でしたが、また一つ私の人生のアルバムに大切なページが加わりました 。

PS : 写真を掲載した方がもっとその場の感動をお伝えしやすいとは思う
     のですが、未成年の方がたくさん写ってますし、何処の学校なのかが
     特定出来てしまった場合は関係者の方にご迷惑をお掛けすることに
     なりますので、この場への掲載は控えさせて頂きますね。

久しぶりに近況報告を 

April 01 [Tue], 2008, 14:47
いつの間にか月日が流れて、世の中はすっかりの季節になりましたね。

2月に壊れたMYも、下旬には新しいが手元に届いていたのですが。。。

ブログをご無沙汰していた間は、なんか訳の分からない忙しさでして

と言うと、「この時期はお仕事が忙しのね」とか「それは何よりね」と言って下さる方が多いかと思いますが。。。

実は、仕事よりもプライベートの用事が山盛りで状態でした

まず1番大きな出来事は。

この度、娘の結婚が決まりました
(突然の事ではありますが、未だおばあちゃんになる訳ではありません)

実は、学生時代からお付き合いしていた彼氏君と1年前の今頃、卒業を目前にして一旦破局していたのですが。。。
昨年の秋頃から復活の兆しがあり。
年末年始を挟んで、一気に元に戻り。
そして、あれよあれよ言う間に話が進んで。
彼氏君サイドから、私たち親に正式なお申し込みがあり。
目出度く、お話が相調いました次第です

今のところ、挙式の日程は年内を目途に、ということしか決まってはいないのですが、先に入籍・同居ということになったので、やたらと気分が忙しない日々です。

引っ越し準備の為、家の中はぐちゃぐちゃで片付かないし。。。
今月は先方の親御さんをご招待しなくてはならないし。。。
結納の相談もしなくてはならないし。。。
夫は、寂しがるばかりで役に立たないし。。。

こういう時って、母親だけがやたらと大変なように思うのは、私だけでしょうかね?

ただ娘たちの場合は、引っ越しをすると言っても新居はなんと我が家の隣

一人娘なので、大変理想的な場所に新居を構えてくれたのは嬉しい限りですよ。
(私が画策しただけのことですが)

なので、嫁に出すと言っても全然寂しい訳では無いのに、夫は感傷に浸ってばかりで困ったものです
私は、「早く出てってくれ〜」と叫びたい気持ちですが(笑)

この辺は、父親と母親では随分違いますね。

ということで、これからも暫くはまだ落ち着かない日々が続く模様ですが、気持ち的には少し余裕が出来ましたので、またボチボチとブログも更新して行こうと思ってます。

まだまだご報告したいことがあるんですが、とりあえず今日のところはこのへんで

お暇な時は、また覗いて下さいね。

Myパソコンが・・・ 

February 05 [Tue], 2008, 13:52
日が立つのは早いですね〜

つい先日新しい年が明けたと思っていたのに、いつの間にか節分も過ぎてしまって、暦の上ではもう春ですよ。

私は、ここのところまたブログの更新が疎かになっております。

実は、先月末に山陰地方のへ旅行していたのですが。

帰宅してから写真を取り込もうとしたところ・・・

PCが立ち上がらない〜〜〜

しかも変なうなり声まで発していて

どうやら、ハードディスクがご臨終のようでした

このブログを始めた時に買っただったのですが、修理をしても高くつくのでこの際思い切って新しいのに買い替える予定で、ただ今物色中です。

ただ、バックアップを取っていなかったデータがあって・・・

「それだけも何とか復旧して〜〜お願い〜〜」と業者さんに泣きついています。

さて、どうなることやら。。。

と言うことで、また暫くはマメに更新が出来そうにありませんが、ご容赦下さいませ

素敵な出会い 

January 24 [Thu], 2008, 13:20
昨日は、午後から素敵な方とお会いしてました

と言っても、若くて可愛いお兄ちゃんでも、渋くて素敵なおじさまでもありませんよ。
今日お会いしてたのは、‘着物コーディネーター’さん(って言うのかな?)です。

この方は、娘が未だ小学校へ行っていた頃の同級生のお母さん。
私が最近凄く着物に興味が出てきたので、いろいろ教えて頂くことになったんです。

そして、昨日は初めて彼女のご自宅兼工房へ寄せて頂いてたんですよ。

二人とも話し好きなので、まぁとにかくしゃべることしゃべること。

本題の着物の話しはもちろんですが。
出身が同じ静岡県の近くの街という親近感もあって、盛り上がる盛り上がる。

お仕事柄普段でもずっと和服で通されてる方なので、一見おしとやかに思うんですが、実に多趣味で活発な方なんですよ。
音楽から演劇・陶芸と、趣味も共通するものが多いので話のネタはつきません。
最近は、篠笛も習われているとか。
別の知人に誘われて、年末私が出演した演奏会も聴きに来てくれてました。

また、ご自分で事業をされてる方なので、その点でも大変勉強になるお話しも伺えましたよ。

本業の着物のお話しについては。。。
『着物は自分で着るのも大変だけれど、TPOに合わせたお約束事も難しくて、覚えるのが大変です。
お値段も高価なものが多いから、みなさんどんどん敬遠してしまうんですね。
着物が、極一部の裕福な方だけの物であったり、成人式や結婚式などの特別な時だけの物になってしまってるのは、とても残念 。
昔からの本筋を生かしながらも、現代に合った着物の着方を普及して行きたいんです。』

とおっしゃってられました。

なので、既存の着物をコーディネートするのは勿論ですが、着物でも家事がしやすいようなエプロンとか、に乗れる‘もんぺ’風のはき物、作務衣などもデザインされています。

私も、今回は、先日買った着物に合わせる小物(帯揚げ・帯締め・草履・バッグ・ショール)を選んで頂いたのですが。
バックとショールは普段使っている洋装用でOKとのこと。
帯揚げ・帯締めは若い頃に買った物なので、市販の化学染料で簡単に染め変える方法を教えて貰いました。
亡き母が着ていた着物や帯も、「羽織や小物にリフォームして使い続ける事が、いい供養になるんですよ。」とアドバイスして頂きました。

昨日、この方のお話しを伺って気付いたのは。。。
〇初心者が着物を身近な物にするには、まずは、お金を掛けないこと。
〇手持ちの物を組み合わせて、足りない物だけを買い足す。
〇そうして、普段でも気軽に着ることでだんだん知識が増え、小物で雰囲気を変えるセンスが磨かれて行く。
という事ですね。

着物は洋服に比べたら自分の個性を出しやすいですし、年齢に見合ったお洒落が楽しめるなーと思います。
特に、40代という年齢は、洋服を選ぶにしても、ミセス用売り場のばば臭い物は買いたくない。
かと言って、若者用の服で‘痛い若作り’はしたくないな〜と思うので(特に仕事用は)おしゃれが難しい年代のように思うんですよ。

私は普段から‘輝いていたい’とは思っても‘若く見せたい’とは思っていないので、着物でのおしゃれは結構自分のスタンスに合っているかもしれません。

もう一つ、この彼女が最近愛用しているのが、出身地の遠州地方で作られている「遠州もめん」なんです。
大島紬や久留米絣ほど高級ではありませんが、渋くて暖かい風合いの織物です。
お値段も高級品に比べたら、凄く手頃です。

「遠州にもこんなに良い織物があったのね〜」と二人で感心してました。

京都の友禅や西陣も素晴しい工芸品ですが、なかなか普段着にはし難い物ですからね。
出身地で織られた生地を、さりげなく普段着として着ている彼女の感性がますます好きになりましたよ。

と言うことで、素敵な方との楽しい一時でした。

こちらのブログも是非ご覧下さいね  『きものっこ日和』 

聞かれたことありますか? 

January 22 [Tue], 2008, 11:45
ここ数日、寒〜い日が続いてますね。
みなさん、お風邪などひかれてないですか?
特に、今は入試シーズン真っ只中。
受験生本人はモチロンですが、ご家族も風邪をうつしたりしないように体調管理には充分気を付けて下さいね。

さて、昨年末に日記に書いてました合唱団の演奏会ですが。
先日そのDVDが手元に届き来ました

当然の事ながら、自分がステージに立ってるとバックの照明や舞台装置の変化が見えないですし、出番の無い時でも裏方として動いていたので、実際の全体像はあまり分かってなかったんですよ。

なので、改めて録画を見ながら「へ〜、こんなに綺麗だったんだー」とか「私って、やっぱりやわ〜」などと想いを巡らしながら、感動も新たに一人で楽しんでおりました

昔は(30〜40年前ね)、簡単に撮影出来るビデオやDVDなんてものが無かったですから、いつも「一度、幽体離脱して見てみた〜い」と思ってましたが。。。
今は簡単に撮影出来るし、録画も見られるし、記念に保存することも出来ます。
便利な世の中になったもんですね〜。

ところで、話しは全然ぶっ飛びますが。。。
私は、いつもデスクワークの時はラジオでFM局(αステーション)を聴いてるんですね。
そこで、昨年末あたりからやたらと多く流れる曲があるんです。
たぶん日に2〜3回は流れてると思うんですよ。
いやもっとかな?

で、最初は「ノリが良くて楽しい曲だな〜」ぐらいに思って口ずさんでいたんですが、次第にその曲が気になって気になって・・・

ただ、仕事中のことでラジオに神経を集中してる訳ではありませんから、歌ってるアーティストも曲名もなかなか聞き取れない・・・

先日やっと聞き取れたのが
「PASSION☆TONIGHT 〜むらさきに揺れて〜」
という曲名です。

たぶん関西圏の方はご存知かと思いますが、このアマゾンでも楽天でも売ってないんですよ。

そうなると、さらに調べたくなるのが私の性分。
(気になる事を放置出来ない性質なんです)

で、あちこち渡り歩いて分かったのは。。。
「リリィ喜代口 & ホセ雅口」という人達が唄ってるという事と。
(私的には「誰 それ?」って感じですが)
このは、「JEUGIA」の独占販売になってるという事です。

男女のデュエットソングで覚え易い歌ですから、カラオケにはもってこいの曲なんですが、果たして、この曲は全国的に知られてるんでしょうか?

みなさんの所でも、流れていますか?

それにしても、毎日繰り返し聞かされる効果っていうのは、凄いもんなんですね〜。
すっかり洗脳されてます

あの日から13年 

January 17 [Thu], 2008, 23:12
今日は1月17日。
そう、あの阪神淡路大震災がおきた日ですね。
今日も、あの日と同じように小雪が舞う寒い日になりました。

あれから13年が立ちましたが、今でも強い揺れを受けた衝撃とテレビに映し出された神戸を始めとする周辺の街の映像は脳裏に焼きついてます。

以前の日記にも書いた事がありますが。。。
まだ夢うつつの早朝に、それまで経験した事が無い大きな揺れで飛び起きました。

「これはただ事ではない!」と思ったので、職場(当時は会社員でした)からの緊急呼び出しを覚悟して出勤の身支度に掛りました。

幸い我が家もその周辺も大きな被害が無かったとは言うものの、当時は夫が単身赴任中で小学校4年生の娘と二人の生活だったんです。
余震が納まらない中で娘一人を家に置いて出るのが心配で、辛くて、でも仕事も疎かに出来なくて・・・かなり苦しい葛藤でした。

私たちの仕事は、災害救助隊や消防士の方々のように命を掛けてする訳ではありませんが、それでもライフラインがストップした場合の初期対応をする仕事です。
緊急時には、自分の家をほってでも出社しなくてはいけない事もあります。

あまり知られてないかもしれませんが。。。
直接災害現場で救助や消火活動に当たる人達の他にも、学校の先生や公務員・病院職員・ライフラインに拘わるあらゆる業種の人達が自分の生活そっちのけで働いてたんですね。

また、戦後初めての大きな都市災害であった事から、被害が甚大であった神戸周辺に殆どの物資や人手が集中してしまい、周辺の市町村ではスーパーに行っても食品が無いとか、ストップしたライフラインの復旧も人出が無くて後回しという事態も起きてました。

この日が来ると、このようにいつも同じことを思い出します。
これからも、毎年この日記で書くかもしれません。

ただ、阪神淡路大震災以後は各自治体での防災対策や法的整備もなされて来ましたが、私たち一人一人の意識も、月日の流れと共に風化してしまわないようにしたいですね。

そして、犠牲になった6000人を超すたくさんの命を無駄にしない為にも、改めてご冥福をお祈りすると共に、あの経験を忘れない決意を新たにしたいと思います。

今年も、こちらをお願いします 

初芝居 

January 13 [Sun], 2008, 14:20
先日、南座で今年初のお芝居を観て来たました
演目は「三人吉三巴白浪」という歌舞伎の世話物なんですが、ご存知ですか?

題名をご存知無い方でも
「月も朧に白魚の・・・・・・こいつぁ春から 縁起がいいわえ」
という名台詞はどこかで聞いた事がおありではないですかね。

‘和尚吉三’‘お坊吉三’‘お嬢吉三’の3人の吉三という盗賊が活躍する白浪物(盗賊を扱った歌舞伎狂言)です。

廻り舞台、セリ、本花道、仮花道(通常は設置されてなくて、今回は特別)という舞台機構を充分に駆使したとても見応えがある舞台でしたよ

昔から「初芝居を観ると1年無病息災」と言われていたらしいので、数年前までは福井の義母を招待して、毎年観に行ってたんですが、最近は義母も一人では京都へ来なくなってしまったので、私も少し足が遠のいていたんですね。

ところが、今年は所属団体の貸切公演があって、通常14,000円の特等席を半額の7,000円で購入出来たので、娘と一緒に行って来ました

で、この日は「十日えびす」だったので、その後は‘えべっさん’へお参りに。
‘えべっさん’は、兵庫県の西宮神社や大阪の今宮戎神社が有名ですが、京都のゑびす神社も結構な人出なんですよ。

特に大祭の1月10日は一番賑わいますからね。
本殿の前は長蛇の列で、お賽銭箱へ辿り着くまでが大変
場所が祇園の辺りなので、周辺の道路もかなり混雑してました。

最後は、夕食替わりに「壱銭洋食」(四条縄手上ルにあります)を買って帰って参りました〜

今年も年明け早々サボり気味ですが、相変わらずお仕事ネタでなくてお楽しみネタの日記です

今年も、こちらをお願いします 

おめでとうございます 

January 05 [Sat], 2008, 23:45
新年 あけましておめでとうございます

年始のご挨拶が遅くなりまたが、昨日無事に京都へ戻って参りました
みなさんは、どんなお正月を過ごされたでしょうか?

でも、年末年始でも休めない方もいらっしゃるんですよね。
お仕事の方、お疲れ様でした。

福井へ向けて出発した30日は、道中(名神〜北陸道)まったく渋滞も無く快適なだったのですが、福井へ着いた途端にが。。。
今回も、私のお土産は‘悪天候’でした

で、それからは毎日

それでも、幹線道路はちゃんと毎日除雪車が綺麗にを退けてくれますし、融雪装置もありますから走行に支障は無いんですよ。
それに、地元の人達はちゃんと冬タイヤに替えてますから、みんなスイスイ走ってます。

でも我が家の車は、チェーンを搭載してはいるものの夏タイヤのまま

チェーンを付けなければ家から出る事は出来ないけれど、広い通りに出てしまえばチェーンが鬱陶しいという状態なので、結局何処へも行かずにただひたすら義母の話し相手して掃除して食べて寝るだけという生活をしていました

まぁ、日頃バタバタと慌しい日々を送っているので良い骨休みにはなりましたが、その分ストレスは溜まりましたよ

そして、京都へ帰る日になってようやくが顔を出してくれたので、帰路もや渋滞の影響なく無事に我が家へ帰って参りました

まだお休みという方もいらっしゃいますし、昨日が仕事始めという方もいらっしゃると思いますが、私は本格的に動くのは7日からかな?と思ってます。
(一人で仕事してるので、この辺はかなりいい加減です)

ここ暫くはなかなかみなさんのところへ訪問できませんでしたが、これからもマイペースでボチボチと更新して参りますので、今年もどうぞ宜しくお願い致します


最近よく忘れますが、こちらもお願いします 
yaplog!PR
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:おつぼね
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1959年11月11日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:京都府
  • アイコン画像 職業:自営業
  • アイコン画像 趣味:
    ・温泉-一人旅が好きです。
    ・読書-推理小説に凝ってます。
読者になる
<保有資格>
宅地建物取引主任者
賃貸住宅管理士
不動産賃貸管理士
損害保険特級資格
二級建築士
二級土木施工管理士
2008年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
BlogList
http://yaplog.jp/3103mama/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる